奇数月のお楽しみ♪

 ゴールデンウィーク(と言っても台湾にはまったく関係ないけれど)に日本に帰っていたりしていたら、あっという間に5月も半ば。日本は爽やかな春だったのに、台中に戻ってきたらすっかり真夏。プールはオープンしているし、毎日30℃のかんかん照りでゴザイマス。それでも香港に比べると台中は格段に湿度が低いので、ちょっとだけ過ごしやすいかも?!と思ったりもします。

f0222454_8544834.jpg 4月も終わったので、2ヶ月分のレシートをまとめてみました。あ、ワタクシ家計簿とかつけられるマメな主婦ではないですし、家計のためにこんなことしてるんじゃありませんのヨ。私が台湾に暮らすことになったばかりの頃、台湾でもらうレシートがほとんど全部同じサイズだなぁ、となんとなく思っていたのですが、サイズどころか用紙も同じだった!なんと台湾のこの「統一發票」、f0222454_9672.jpg上部に抽選番号が振ってあり、2ヶ月に1度行われる抽選で当選した場合には宝くじのように現金をゲットできるシステムなのダ。市場など一部のお店ではもらえないのですが、百貨店やスーパー、コンビニや結構小さな商店までたいていのお店でこの統一發票をもらえます。ちなみに特等が200万元(約600万円)、末等でも200元(約600円)という、主婦にはちょっと嬉しい賞金設定。偶数月末〆で翌月25日に抽選が行われ、当選番号は台湾の財務部のホームページでも発表され、換金は郵便局でできるそうです。

f0222454_9125126.jpg お店などではレジの横にたいていこういう箱が設置してあって、統一發票が不要な人はここに入れるようになっています(マンションの受付のところにも設置してあったりします)。この箱に入れられた統一發票が当選した場合には当選金が寄付されることになっています。国をあげてのこの抽選制度の整備っぷり!スゴイなぁ、台湾!

 実は私、引っ越してきたばかりの頃はこのようなシステムになっていることをまったく知らず、ダンナ様に「台湾ではレシートにくじがついていて、この箱に入れて寄付するのだ!」と教えられたので、毎回レジ横のこの箱にレシートを入れて帰っていたのですが、お友達がこの2ヶ月に1度の抽選を楽しみにしているという話を聞いてビックリ!!!それからはしっかりレシートを貯め、ダンナ様のコンビニのレシートも拾って集めている今日この頃。ちなみにワタクシ、前回は200元をゲット。それにしても2ヶ月でこんなに買い物したと思うとちょっと反省。でも当選確率が高くなるもんねっ!とちょっと期待が膨らみます。レシートは偶数月の月末締め、抽選は翌奇数月の25日に行われます。5月25日が楽しみだワ。

 ちなみに面倒なことがお嫌いな我がダンナ様は「僕はそんなはした金いらん。もし当たったら全部saraにくれてやるっ!」と言っていました。その言葉をお忘れなく(でも最後に「あ、でもちょっとだけオゴって!とも言ってましたけど)。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-05-10 23:55 | 台湾の常識
<< 小籠包お持ち帰り専門店 今夜は麻醤麺 >>