カジュアルフレンチ@台中

f0222454_17133257.jpg 今日は家族で外ランチ。以前お友達と行ってみたら移転改装中だったフレンチのお店へ。台中は香港とは違って、外国料理のお店はあまりないのではないか、と思っていたのですが、イタリアンやフレンチ、スペイン料理などのお店が意外と多い。そして結構イケテルと思う私(特にイタリアンは絶対台湾の方が美味しい)。新装開店したばかりのこちらのお店、中はちょっとステキ風でしたが息子連れだったのでテラスの席へ。まぁ、テラスと言っても前は台湾のごくフツーな道路なので、あんまりステキではないのですが(暑いし)。それでも息子はテラス中をバギーを押して遊べたので、ご満悦のご様子。そうそう、このテラス席(とあえて言います)からちらりと見えた、厨房の中のシェフは西洋人。で、ショップカードを見ると「法國五星厨師」と書いてありますから、彼は間違いなくフランス人のようですヨ。

 ランチセットなどはなかったのですが、ほとんどのお料理がセットになっていました。写真左はセットのサラダ。ガーリックトーストは別にオーダーしました。息子のためのフレンチフライも忘れずに。f0222454_16142895.jpgf0222454_16342416.jpgf0222454_16345547.jpg


f0222454_16361660.jpg 私のメイン料理はきのことトリュフのリゾット(左側)、ダンナ様はチキンのクリーム煮(右側)のようなお料理(スミマセン、うろ覚えです)をオーダー。リゾットはできたてに違いないのになぜか若干ぬるかったのがf0222454_16364784.jpg残念でしたが、お味の方はとても美味しかったデス。添えられていた野菜も非常に美味しかったのですが、特にセミドライトマト!自家製だと思われますがとっても美味でゴザイマス。台湾のミニトマトはすごーく甘いので、ドライトマトにするとこんなに美味しいのか。今度やってみたい(でもこれ作るの、すごーく時間かかるのよねー)。

f0222454_1659177.jpg どちらのセットもお値段は300元前後(約900円前後)だったので、まさかデザートはつかないだろうと帰り支度を始めていた私たち(メニューちゃんと読めよ!)でしたが、なんとセットについていましたヨ。ウェイトレスさんがやってきて「デザートは◎×▲か☆□△どちらになさいます?」ようなことを中国語で聞かれたのですが、f0222454_1734937.jpg肝心の内容の部分はさっぱりわからないかわいそうな食いしん坊夫婦。なけなしの中国語で「1つずつ」と言ってみると、フルーツ入りのワインゼリー(?)とクレームブリュレが1つずつ運ばれて来ました。ブリュレの方は舌触りが滑らかではないのでいまひとつではありましたが、1000円しないでこのランチ内容なら安いかも。そういえば香港では高くて美味しいフレンチはあったけど(行ったことなかったけど)、お手軽な値段で楽しめる美味しいカジュアルフレンチのお店ってあまりなかったような。こちらのお店、ちょっとお高めの2人用セットなんかもありましたが、お値段は比較的安かった気がします。また行ってみたいお店です。今度はテラス席ではなく、店内の様子も見てみたいナ。



f0222454_1711157.jpg


*GULU's House French Cuisine   咕嚕好吃
  台中市精明一街48號  電話:04-2327-1393
  営業時間:11:30~22時(水曜定休)
[PR]
by sara-taiwan | 2010-06-05 23:13 | 台湾そとごはん
<< はじめての歯科検診 レストランの中にすべりだい!? >>