茶藝館ランチ

f0222454_13172435.jpg 最近はお天気が長続きしない台中。今日もときどき小雨の降るお天気だったので、遠出はやめて近くの茶藝館へお昼ご飯を食べに行きました。無為草堂人文茶館というこちらの茶藝館は、台湾のガイド本には必ず載っていると言っていいほど有名なお店です。真ん中に鯉の泳ぐ池があって、2階建てのf0222454_13184022.jpg木造家屋が何棟か建っていて、池を囲むように渡り廊下で繋がっています。入り口は交通量の多い公益路に面していますが、内側に入ると本当に静かでびっくりです。私は台湾に来る前に「台湾に引っ越したら、あっちこっちにステキな茶藝館f0222454_13191652.jpgがあるのかなぁ。うっしっし」と楽しみにしていましたが、意外とそんなに多くなく、ここもそんな貴重な茶藝館のひとつです。私は以前、子供がもっと小さいときに一度来たことがあり、当時はお茶を淹れるためのやかんの火をいたずらしないかと気になって子連れではなかなかキビシイナァと思っていたのですが、今回は鯉に興味津々で大丈夫でした。お店に入ると、鯉の餌ももらえます。

f0222454_13213059.jpgf0222454_13223499.jpg テーブル席もありますが、畳の個室もたくさんあります。ガイド本によると個室は要予約、だそうです。部屋の大きさや雰囲気もちょっとずつ違って面白いです。今度予約してみようかな(それには、語学力が問われます)。

f0222454_13234045.jpg お菓子や點心をつまみながら飲む中国茶は格別ですが、今日はお昼時だったのでランチセットを。茶藝館ですが結構ヴォリュームのあるお食事メニューf0222454_13242010.jpgもありましたよ。私は橙汁客家燻鴨(鴨肉のオレンジ風味?)セットにしました。五穀米とスープ、それから小さな小鉢がいくつかついてたしか180元(540円)。鴨肉は柔らかくてなかなか美味しゅうございました。アラカルトでフライドポテトもあるので、息子もここでお昼ご飯が食べられました。f0222454_13292528.jpg
 お食事の後に、お茶セットが運ばれてきました。今日は杉林渓高山烏龍茶を。お願いすればお店の人が1煎目を淹れてくれますから、中国茶の作法がわからなくても大丈夫。お茶の淹れ方を日本語で書いた紙ももらえますヨ。台湾の烏龍茶は香りたかくて、本当に美味。香港で飲むプーアール茶とはまた違う美味しさがあります。後半は息子も飽きてきて渡り廊下を歩き回って探検していましたが、小心者なのでお湯ややかんには手を出さずに助かりました。
 お茶の量がたくさんあるので、ある程度の人数で来た方がよい茶藝館ですが、ひとりでたまに池の鯉を見てぼーっとしながらお茶を飲んだりしてみたいなぁ。

f0222454_13381744.jpg ところで!午後散歩に行くときに、桜の花を見つけました。ソメイヨシノとは違って、少し濃いピンク色。花の量もそれほど多くありませんが、でもたしかに桜です。いつも通っている道なのに、去年は気づきませんでした。気がつけば日本を離れて早4年半。春には桜が見られるのが当たり前だったなんて、f0222454_13415183.jpgなによりの贅沢だったナァ。台湾は日本に比べると気候は格段に暖かいけれど、市場に並ぶ野菜や果物なんかで結構四季を感じることができる気がします(台湾では夏場はほうれん草は絶対に買えないのデス)。

 今年の冬は例年になく寒かったという台湾にも、春が近づいてきたようです。


*無為草堂人文茶館
  台中市公益路二段106號   電話:04-23296707
  営業時間:10時半~23時半(土曜は25時まで)
[PR]
by sara-taiwan | 2011-02-19 23:13 | 台湾そとごはん
<< 太陽の丘のパイナップルケーキ 鳳梨釋迦(パイナップルシャカトウ) >>