揚げたてドーナツ!

f0222454_23385985.jpg 市場にりんごを買いに行ったとき、屋台のドーナツ屋さんを発見。厳密に言うとドーナツ屋さんではなく、揚げパン屋さん?!紅豆(アズキ)だとか花生(ピーナッツ)だとか書かれた看板をかかげている小さな屋台。ガラスの向こう側では、おばちゃんが大きな鍋のたっぷりの油でドーナツやパンをどんどん揚げていました。

f0222454_23451119.jpg ドーナツといえば、小食でお菓子もあまり食べない息子の数少ない好物なので、幼稚園帰りのおやつに買っておいてあげようではないかっ。おっと、でももちろんこの私も息子のために毒見をしておかなきゃネってことで、おばちゃんに「ドーナツふたつっ!」とオーダー。おばちゃんは今揚げたばかりのドーナツにお砂糖をたっぷりまぶして、ひとつずつ紙の袋に入れて渡してくれました。お値段は1つ15元(約45円)。財布を片手にドーナツを受け取ろうとしたら優しいおばちゃんは「受け取るのはゆっくりでいいから、先に財布をカバンにしまいなさい」と言ってくれましたヨ。

f0222454_23562751.jpg 揚げたてアツアツのドーナツを受け取って、子供みたいにワクワクした母。これはやっぱり揚げたてのうちに食べなきゃおばちゃんに失礼ですから(?)、帰る道々イッタダッキマース(出た!saraブログ恒例の歯型公開!お見苦しい点をお詫びします)。実は結構油っぽいのではないかと疑っていたのですが、まったくそんなことはなく、外はカリッ、中はフワッ。甘くてあったかくて、なんとも幸せな数分間。そういえば私が子供の頃、母がときどき揚げてくれたドーナツのことを思い出しました。どこか懐かしい感じのコックさんの絵が書かれた紙袋には「THANK YOU」と書かれていましたが、いえいえ、こちらこそサンキュー!ヤバいな、これクセになりそうだゾ。

 息子が帰ってきたときにはもう冷めてしまっていたのですが、息子もあっという間に完食でした。でも母が食べたときの方が絶対美味かったんだナァ~。密かに「勝った」と思った母でした。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-04-07 23:34 | 台湾でティータイム
<< たそがれ時のお買い物 のどかな散歩道にて >>