大好きなお店

f0222454_1204157.jpg 中秋節に間に合わなかったけれど、先日お友達と大勢で月餅作りをしました(月餅全部で30個くらい焼きましたが、そういえば写真撮るの忘れちゃった)。それに先駆けて餡子などの材料を買う必要があったので、今回は家からはちょっと遠くの製菓材料店に行ってきました。以前にも何度か行ったことのあるこのお店は、うちの近所の製菓材料店よりもかなり品揃えが豊富で、私はこういうお店にくると「あ、こんなのも置いてる・・・何かに使えるかも!」とか「これを使ってあんなのも作れるんじゃない?!ウッヒョーおいしそー!」などと、ついつい時間を忘れて長居してしまうのデス。本好きの人が本屋さんに何時間でもいられるような感じかナァ。
f0222454_1232536.jpg 1階には食品がずらり。冷凍庫冷蔵庫には餡子やクッキー生地、ジャム類が多数。ここのお店の食品会社で作っている餡子は小豆以外にも梅や抹茶などいろんな種類がありました。今回の月餅用には「和風栗f0222454_1282176.jpg餡」を買ってみましたが、小さく刻んだ栗まで入っていてとても美味しかったです。次回もこの餡子で月餅作りたいナ(月餅ではなくもはや栗饅頭ですが)。台湾らしいものだとパイナップル餡なんかもあるので、これもf0222454_17495956.jpg試してみたい(これは月餅ではなくパイナップルケーキみたいになるかしら)。1階には他にも粉類などの製菓材料がいろいろ。ずっと探していたWilton社のアイシングカラー(液体の食紅みたいなの)もここでやっと見つけました。日本製のものも結構あってくず粉だとか、昔懐かしい箱に入ったゼラチンなんかもあります。

f0222454_1803344.jpg 2階には製菓道具と包装材料が売られています。大きいものだとオーブンや自動泡立て器なんかもあるし、ケーキの型やチョコレートの型などは非常に種類が豊富ですf0222454_1825680.jpg(ただ、クッキーの型に関しては日本の方がおしゃれなのがたくさんある気がします)。ラッピング包材コーナーも充実の品揃えで、中秋節の前には月餅を入れる贈答用の箱などがダンボールに入れてたくさん置かれていましたヨ。焼き菓子などの小さなお菓子を入れるセロハンの袋は、ついつい買いだめる癖があるワタクシ。何を入れるにも使えて便利だし、日本で買うよりもずっとお安く買える気がします。

f0222454_23341148.jpg そして今回いちばんの収穫といえば、私の愛用するバネ製の月餅型。台湾でずっと探していましたが、売っているのを見たのはこのお店が初めて。1種類しかありませんでしたが、模様の部分を3種類に付け替えられる優れもの。さっそく月餅作f0222454_23374138.jpgりに興味があると言っていたお友達に電話し、この型をごっそりお買い上げしてきたワタクシ。台湾で広東式の月餅を自作する人はそんなにいないだろうと思われ、型でかごいっぱいにしている私を見て、レジに並んでいる人たちは「なにこれ?」みたいな表情をしていました。ちなみにこのお店にはバネ式の型の他にも木型も何種類か置いてありました(木型は他の製菓材料店などで何度か見たことがあります)。ただし、このお店のはどれもすごーく立派な木型で、ずっしり重くてお値段も1000元くらいのものばかりでした。

 中国語の授業の前の2時間でさっと行って帰ってくるつもりがついつい長くなりました。製菓材料店って大好きです。


f0222454_2342866.jpg
烘焙厨房
  台中市復興路三段109-5號
  電話:04-22291399
  営業時間:平日8~20時、土日8~5時半
[PR]
by sara-taiwan | 2011-09-23 17:55 | 台湾でお買い物
<< パーキングメーターは人力だった 勝率UPもむなしく・・・ >>