台湾の人びと

 友人にも2人ほど経験があるようなのですが、私も通りすがりの見知らぬ台湾人に「その服どこで買ったの?」と聞かれたことがあります。しかも2回も。台湾ではそんなにめずらしい事じゃないのかしら。日本では「あの人の着てるの、素敵だナァ」と思うことはあっても「すみません、その服どちらで買われたのですか?」と聞くことはほぼないでしょう。私が思うに台湾の人は、あまり深読みをしないのだなぁという気がします。疑問に思ったら初対面でもハイ!質問!困っている人がいれば助けるのがあたりまえ。台湾の人は電車やバスで席を譲るのも日本よりもとてもスムーズにしている感じがします。香港の人もこの点ではとても似ていて、昔0歳児だった息子を連れてスーパーへ行くと必ず誰かに「この子、寒いんじゃない?もっと着せなきゃ!」とアドバイスされていたものです(ありがとう、と笑顔で答えつつ、いやいや背中汗びっしょりだし。お構いなく。と心の中でつぶやいていました腹黒いアタシ)。マイナスの意味で台湾人が深く考えない点といえば、車の運転!空いてれば停める、赤でも人がいなければ渡っちゃう、みたいな。国民性って本当におもしろいなぁと思います。

 で、今日ちょっとショックな出来事が。市場で大学生くらいの3人連れに道を聞かれたときのこと。私に聞いたって結局目的地の名前すら聞き取ってあげられなかったのですが、私が日本人だとわかると「どうしてここに住んでるの?」とか「何年住んでるの?」とか「中国語勉強してるの?」とか、すっかり話し込むことになってしまったのです(台湾の、特に若い人は日本にとても興味があるので、『私日本人だからわかりません、すみません』と言って立ち去ろうとするとかえって話が長くなることがよくあるのです)。そしてひとりの女の子が「あなたの顔、結構シミがあるけど、いい病院知ってるよ。そこに行った方がいいよ!」と教えてくれたのです!!!この1年くらいで急にシミが出てきたような気がするナァとは自分でもちょっとf0222454_12553939.jpg気になってはいたけれど・・・そんなにダメー?!台湾の紫外線は日本の4倍と聞きますし、いやいや、やっぱり年齢には逆らえないということか?!と内心深く傷ついていた私をよそに彼女は「私の妹もここに1週間に1回通ってとってもよくなったよ」と教えてくれ、カバンからメモとペンを出して病院の電話番号と自分の電話番号まで書いて私に渡してくれて、バイバーイと別れたのでした(本当は『電話持ってる?』と聞かれたんだけど、ないと嘘をつきました。親切にしてくれたのに本当にごめんなさい。もうしません)。台湾の人って本当に素直に親切なのです。そうは分かっていますが、でもやっぱりちょっとへこんだ今日のアタシ。

 もともと台湾や香港の女性は紫外線を極度に怖がるようです。香港に住んでいるときに聞いた話ですが「香港では美人の条件は顔の造りよりも肌がきれいなことが重要」だそうで(もちろん美しいお顔立ちであればベターなわけですけど)。いろいろ調べてみたら「台湾女性は 相手の顔に悪いほくろがあると、執拗に『ほくろを取らないの?』聞き、シミやそばかすが目立てば『シミ取れば?』と聞いてくるほど美白に熱心」という記載を見つけ、ちょっとだけほっとしました。とは言え、郷に入っては郷に従え。台湾に住んでいるからにはもうちょっと美白に気をつけないとネ。でもやっぱり私は、どんなに人の肌が気になっても、どんなに良い病院を知っていても、人にアドバイスできない日本人です。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-03-26 23:52 | 台湾の不思議
<< アッパレ日本の春! テーブルひとつあれば >>