携帯に便利な紅茶屋さん

 暑い暑い夏。ちょっと外へ出ると汗だーらだらの喉カーラカラな毎日。でも、台湾にはちょっと歩けばお茶スタンドがあるし、お値段もコンビニで買うペットボトルよりも安いので、汗をかいたらこまめに水分補給!これ大事!台湾のお茶スタンドでは注文したらすぐに作ってくれて、冷たいお茶だとお湯で淹れてから氷でぎゅっと冷やしてくれて、こんなに手間がかかってるのに1杯(500ccくらいある)100円前後。安いのだと1杯20元(60円くらい)だなんて、申し訳ないくらいです。お茶スタンドってほんとに大丈夫なのかナァ。

f0222454_2391078.jpg 先日、たまたま喉が渇いてお茶を買った紅茶専門のIt so teaという名のお茶スタンド。よく前を通っていながら利用したのは初めてだったのですが,、それ以来すっかり気に入ってアイスティが飲みたい時はかなりの頻度で駆け込むようになりました。メニューはそれほど多くなくて、紅茶ばかりで20種類程度なのですが(台湾のお茶スタンドメニューはかなり多いので20種類だと少ない方だと思われます)、何が良いってここ、お茶をペットボトルに入れてくれること(もちろん味も美味しいデス)。普通はf0222454_23115316.jpgプラスチックのカップに入れて、セロファン(?)で密封してくれる(↑こんな感じ)のでセロファンにストローをさして飲むのですが、ペットボトルだとすぐに全部飲めない時にはキャップをすればカバンの奥底に入れられるし非常に便利♪今日はストレートのダージリンとウバのミルクティを頼んでみましたが、ボトルの形が微妙に違ってちょっとカワイイ。2本のボトルをプラスチックの留め金で1つにまとめて渡してくれました。どうやって封をしているのかは見えないのですが、キャップはちゃんとコンビニで売ってるのと同じ風にきっちりと密封されています。

 このお店で私が唯一困っていることは、メニューが全て漢字表記で、英語の紅茶名も書いていないので、毎回店先でメニューとにらめっこ。「大吉嶺」は「ダージリン」とわかるのですが、「爪哇」はたぶん「ウバ」。「斯里蘭卡錫蘭紅茶」は「スリランカ」はなんとかわかったけれど「セイロン」茶だということは今調べてようやく判明。勉強になりまッス。

It so tea   一手私藏世界紅茶
  台中市美村路一段126號  電話:04-23262777
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-05 22:41 | 台湾でティータイム
<< 文化の違い?!なんだろうけどサ 悩ましきアフタヌーンティ >>