心躍るお土産探し

 日本に帰省するときは台湾土産、日本から台湾に戻るときは台湾ではなかなか手に入らない面白いお土産を探すのが、私はとても好きです。日本に帰る機会は限られているので、帰国の際は絶対に美味しいものを食べたい&買いたい。日本の美味しいものへ対する情熱は、海外に出てからの方がむしろ熱くなったかもしれません。

f0222454_237974.jpg 最近ちょっと時間がある時などにパラパラと眺めている愛読書(?)はこれ。「山手線ぐるり おみやげ散歩」と「Tokyo地下鉄ぐるりおみやげ散歩」。おいしいものやちょっとかわいいものを売っているお店が、駅ごとに記載されていて、とても読みやすくてお気に入り(特に「山手線~」の方)。眺めているだけで美味しそうで、思わずにやけていたりしてマス。このところ日本に帰ることが多かったので、用があって東京のとある駅に行かなくてはいけないときなどには、とりあえずこの本を読んでから行ったりしていました。

f0222454_2375587.jpg 私もともと和菓子好きってわけではないのですが、香港や台湾に住むようになってやけにあんこを欲するようになり、最近は帰国の際にどら焼きなどを必ず買っているような気がします。香港も台湾も日本のどら焼き風なものは売っているのですが生地がぱさぱさだったり、あんこが甘すぎたり、なかなか「これは!」という和菓子に出会えないのが現状。このガイド本には和菓子がとてもたくさん載っているのも、お気に入りの理由かも。TORAYA CAFEでしか売っていないこの「あんペースト」、先日ようやくゲットしてきました。TORAYA CAFEのお姉さんの話だとこの「あんペースト」、クリームチーズにf0222454_2382227.jpg合わせるとめちゃウマだとか。大事にしすぎてまだ開封していないんだけど(貧乏性なヤツ)、ものすごい楽しみ♪

 こちらもこの本に載っていて買ってみた銀座菊廼舎の冨貴寄。缶のフタを開けると小さな焼き菓子や落雁、金平糖に砂糖がけしたお豆や落花生などがぎっしり。昔懐かしいおやつですが、手のひらにのるような小さな缶もあって先日お土産にしたらちょっと好評でした。季節が変わると中のお菓子もちょっとだけバージョンチェンジするようで、このときは紅葉の形のお菓子が入っていました。これ、また買いたい1品。

f0222454_23214485.jpg 私同様、おいしいものには興味津々の我がダンナ様。私のこの愛読書を目ざとく見つけて、ときどきパラパラ読んでいる様子。先日東京出張のお土産に買ってきたのはやはりこの本に載っていた新正堂というお店の「切腹最中」ぱっくり割れた皮の間にこれでもかとばかりの量のあんこ。f0222454_23232860.jpgそのネーミングはこの店が忠臣蔵の浅野内匠頭が切腹した屋敷跡にあることに由来しているそうで、「お詫びの時の手土産に」と営業マンの人気を集めているとかいないとか。最中を巻く帯の包装は、討ち入りの際に浪士が身に着けた鉢巻きをイメージてるらしい。しかもこれ、 あんこが濃厚でウマいっ。面白くて美味しい、すばらしいお土産をどうもありがとう。またよろしくお願いします(どさくさまぎれにリクエスト♪)。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-11-02 23:05
<< 筋肉痛必至!天の吊り橋 暑いけど厚着 >>