シャッター前 de お魚づくしランチ

 今日のお昼ご飯は市場の中の魚屋さんにて。日本統治時代の約90年前にできたという昔ながらの古い建物が並ぶ第二市場に、美味しいお魚が食べられるお店があるとずいぶん前に聞いたことがあったのですが、先日たまたま通りかかった時にこのお店を発見したのです。以前聞いた話では完全予約制で何か月も先にならないと予約がとれないという話だったので諦めていたのですが、先日通りかかった時にお店のおばちゃんが「f0222454_1754352.jpg予約のシステムはやめて並んで待ってもらうことにした」と言っていたので、今日はお友達と開店時間間際に行ってみることに。
 第二市場の中にはご飯を食べられるお店が結構たくさんあるのですが、今日のお目当てのお店である丸一鮮魚行がある細い路地にはほかにもさっと食べてさっと帰るタイプのお店がたくさん並んでいて、お昼時はものすごく賑わっていました。

f0222454_1784448.jpg ここが丸一鮮魚行、またの名を楊媽媽立食というそうで、日本語にすれば楊(ヤン)母ちゃんの立ち食いのお店、といったところでしょうか。お食事は11時からですが、お魚屋さん業は朝の8時からやっているので、f0222454_17122563.jpgガラスのショーケースの中にはお刺身などの美味しそうなものがいっぱい並んでいます。お食事はこのショーケースの前に並べられた5個ほどの丸椅子と、反対側のシャッターの前にテーブル席(こちらも丸椅子)が10席ほどあるだけの狭いスペースでいただきます。運よくすぐに座れた私たちの席も、そのシャッター前でした。

f0222454_17183620.jpg 単品のメニューもありますが、いろいろと面倒そうなので「ひとり△△元で!とお願いするおまかせコースにしました。周りの人を観察していたらたいていみなさんコースにしていたようでした。いくらぐらいが相場かよくわからなかったので「ひとり500元じゃ多い?少ない?」と聞いてみたら大丈夫とのことで500元でお願いしました。まず運ばれてきたわさびには顔が♪


f0222454_17203752.jpgf0222454_17205847.jpg
 そしてお食事スタート。オーダーが終わるとすぐにじゃんじゃん運ばれてきます。まずはう巻き。そしてお稲荷さん&海苔巻き。う巻き、うまかったー。


f0222454_17225991.jpgf0222454_17231565.jpg
 蝦のサラダと、イカのサラダ。蝦の方はマヨネーズが甘いのがちょっと台湾風でしたが、イカの方はちょっと和風なドレッシング。市場にあるお魚屋さんなのでネタは新鮮。


f0222454_1729875.jpg そしてお刺身盛りでコース終了。こんなのスーパーで買ったら1000元はしちゃうヨ。それと写真撮り忘れちゃったのですが、アラ汁もつきます。しかもおかわり無料。このアラ汁、ブリやサケのアラのほかにゴボウやニンジン、厚揚げなどなど本当に具だくさんでこれだけでもご飯1杯食べられます、私。ほかに、単品で握りや軍艦のお寿司を頼んだりもできます。以前、完全予約制だったときのメニューをインターネットで調べて見ると、800元で焼き物やちょっと手の込んだお魚料理が食べられたようですが、簡単なお料理にして回転をよくしたのかもしれませんね。でも1500円ほどでこんなに食べられるなら、十分満足でございます。ちなみに後から隣に来たおばちゃんは「300元で!」と言っていたし、周りを見回すと500元だと結構豪勢な方らしかったです(キョロキョロしすぎ!)。

 すっかり満足して、ショーケースの中をのぞくのをすっかり忘れましたが、今度はお刺身買って帰るのもいいなぁ。どうやら今日いただいたう巻きも売っているらしい。この丸一鮮魚行、日本統治時代に日本人から「美味しいお刺身を食べさせてほしい」との要請をうけてオープンしたお店だとか。お店の名前にもなっている楊さんというちっちいおばちゃん、とってもかわいい人です。日本語もちょっと喋れます。



*丸一鮮魚行(楊媽媽立食)
  台中市三民路二段第二市場內33、34、35號
  電話:04-22222610  営業時間:8~16時(ただしお食事は11~16時)
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-12 17:45 | 台湾そとごはん
<< 認識台灣學習地圖 速い安いウマい!の台湾ごはん >>