母とシャンプーな日々

 日本から3年ぶりに母が来台。メインの目的が孫(私の息子)の発表会&誕生日なので、特別観光らしいことはしていないのですが、最近はあっちのお店、こっちのお店でシャンプーしまくっています。日本と比べると自宅のお風呂はちょっと入りづらいですし、人数も多くてお風呂の時間は若干ドタバタしますしネ。台湾には美容院がたくさんあって、日本と違いシャンプーだけ、というのも全然オッケー。それどころか「オシャレな人は自分でシャンプーしない。毎回美容院でする」という話まであるくらい。旅行ガイドにも「台湾でシャンプーしてみよう!」という記事がよく載っていたりします。かく言う私、台湾生活は3年半近くになるのですが、シャンプーだけで美容院に行った経験なし。母の訪問に便乗してシャンプーデビューしてみました。

f0222454_233416.jpg 私は普段は日本人がやっている美容院にお世話になっているので、台湾らしい美容院は今回が初めて。このお店では鏡の前に座ると全席にテレビ完備。なかなか居心地がよろしゅうございます。(あ、テレビの横に置いてある汚らしいビニールは私と母がここに来る前に市場で買った食品などです。お見苦しくてすみませぬ)。
f0222454_2374243.jpg 日本でシャンプーするときは、まずは横になって髪を濡らしてから寝たままシャンプーというのが一般的ですが、台湾式のシャンプーというのは椅子に座ったまま乾いた髪に直接シャンプー投入!肩に垂れてこないのか心配になりますが、意外や意外、大丈夫なのです。台湾にはこの台湾式シャンプーはもちろん「日式(=日本式)」をうたって最初に髪を濡らすスタイルのシャンプーをするお店も多いです。台湾式の場合でも、最後流す時には倒れるシートに移動して洗い流すのですが、香港同様台湾の美容院ではほぼ100%、リクライニングシートはありませんので、寝る時も起きる時も自分の腹筋が頼りです(ヒジで起き上がればいいのですが、つい腹筋で上がろうとする私)。
 台湾の美容院でシャンプーするとマッサージがついていることもほとんど。頭や肩を結構念入りに揉んでくれるお店もありますが、マッサージないのかな?と思ったら、なんと最後流す時の椅子がブルブル震えるお店もあったりでちょっとウケタ。お値段は200元前後が相場ですが、激安だと100元(約300円)っていうところもあります。どのお店でも最後はちゃんとドライ&セットしてくれて、お願いすればちょっとカールさせてくれたりするのもすごい上手。250元だったちょっとおしゃれ目なお店では、マッサージはなかったけど髪が艶々になってなかなか良ろしいでないの。
 台湾 de シャンプー、お店によってサービスもお値段もちょっとずつ違って、なかなか面白いナ。普段は息子の耳のウラまで熱心に洗う母ですが、自分のリンスの流し残しをお風呂後に発見することもあるアタクシ(キチャナイなぁ)。40分時間が空いたらシャンプーしてリフレッシュ!っていうのもたまにはイイね!
[PR]
by sara-taiwan | 2013-05-17 23:52 | 台湾でキレイになる
<< 今年のケーキ 老闆はフランス人! >>