2012年 02月 28日 ( 1 )

淡水街歩き

f0222454_17535130.jpg せっかく北投まで来たので、温泉満喫の翌日は北投駅からさらに北へ6駅、淡水へ行ってみました。あっという間に到着です。淡水線の駅はどこもこんな風な立派な駅舎。ちょっとかっこいい~。淡水はオランダ、イギリスに統治された歴史を持っているため、ヨーロッパ風の建物も点在。また、淡水河の河口に沈む夕陽の美しさはとても有名なんだそうで、「台湾のベネチア」と呼ばれる淡水は、f0222454_17492854.jpg台湾ではちょっと有名なデートスポットなんだって。まぁこの日は雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気で夕陽も拝めず、しかもデートではなく子連れで来たんですけどネ。お天気だったらレンタサイクルして紅毛城や眞理街のあたりまで行ってもいいなぁと思っていたのですが、残念。異国情緒あふれる淡水の風景は、次回まで楽しみにとっておきます。あ、夕陽もね。

 ってことで今回は川沿いをちょっとぶらぶら。キレイに整備された川沿いの遊歩道は広くて心地良いのですが、並ぶお店は台湾のいつもの観光地風景。射的や輪投げ、スマートボール的ゲームのお店、食べ歩きできる台湾夜市的食べ物屋さんなどなど。台湾の観光地ってどこへ行っても同じ風景で、ちょっとつまらないです。むしろ家の近くの裏路地の方が私にとっては面白い散歩かも。

f0222454_17593389.jpg つらつら歩いて船着場に到着。乗り物マニアの息子にとってここが今日のメインイベント!ここでは、淡水河の向こう岸まで渡し舟に乗って渡ることができます。船はじゃんじゃん出ていて、対岸の八里までの所要時間はたったの10分ほど。料金は往復20元(約60円)と相変わらず乗り物代は激安(日本の交通費が高すぎ?!)。


f0222454_23152277.jpgf0222454_2316397.jpg

 八里にもやはり台湾B級グルメの屋台が目白押し。フルーツ、お菓子、お肉、パン、茹でたイカやカニ、なんでもありです。
f0222454_23172877.jpgf0222454_23192920.jpgf0222454_2318349.jpg
f0222454_23235932.jpgf0222454_23242710.jpg 小雨がいつ本降りになるかそわそわしながら、ガイド本に載っていた行列のできるドーナツ屋さんでは行列に参加し、


f0222454_2326891.jpg また船に乗って淡水側に戻って、ここだけは寄ってみたかった合泉生釣具行というお店で買い物して帰りました。このお店は1960年創業の、その名のとおり釣具屋さんなのでf0222454_23342112.jpgすが、竹で編んだかごなどがたくさん売っていました。小さいちょっとしたカゴ類も驚くほど安価で売っていました(実は私、無類のカゴ好き)。釣り用の網で作った手提げバッグは、色や柄がちょっとかわいくてどれが良いか迷っちゃう~(最初から買う気満f0222454_23371765.jpg々)。大小全5サイズあって、一番小さいのは35元(約100円)だったので迷う必要もなく大量購入。子供が持ってちょうどいいサイズだし、メッシュだからプールバッグしたり?使い道考えるのも楽しいネ。台湾はどこへ行っても同じ様なお店が並んでるとがっかりしたけど、このお店では唯一淡水らしいものが買えたかも。
 そういえば台湾へ来て2年。国内旅行にはほとんど行っていないので、これから頑張るぞ。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-28 23:29 | 台湾街歩き