カテゴリ:台湾のフルーツ( 9 )

甘い、ジューシー、パイナップル♪

 いちご狩りにでかけたのはつい1か月前のことですが、その後まもなくいちごシーズンは終わり、ただ今フルーツ売り場も様変わり。待望の愛文マンゴー(アップルマンゴー)も出始めました。フルーツの美味しい季節の到来です。

 マンゴーはまだ出始めでハズレもあるのですが、近頃はパイナップルがウマいっ!私、もともとフルーツを食べなくても生きていけるタイプの人間だったのですが、白状すると「フルーツって美味しいんだ!」と気づいたのは、実は台湾に住まうようになってから。パイナップルなんて、缶詰のイメージしかなかったので、わざわざ買ってまで食べる気もなかったのですが、台湾のパイナップル食べてからは価値観がガラッと変わりました。甘くて瑞々しくて、今となっては缶詰のパイナップルなんて食べられないかもしれません。昔ケーキ作りを習っていた先生(元パティシエ)が、「100円のシュークリームを美味しいと思えなくなってしまったことが不幸だ」とおっしゃていましたが、台湾の安くて美味しいフルーツを食べてしまったら、ゆくゆく日本に帰った時、どうしましょう。親に似ずフルーツ好きの息子(彼はフルーツで生きていると言っても過言ではないほどフルーツが好き)、近頃は1日3回パイナップルやマンゴーを山盛り食べていますが、そんな贅沢は今だけなのだゾ、と教えてあげたい。

f0222454_12443747.jpg 台中では、旬のフルーツなどを積んで産地から売りに来ているトラックのお店(?)に遭遇することがあります。今日はパイナップルを山積みにしたトラックに偶然出会いました。我が家の冷蔵庫にはすでにパイナップルはあったけど、おじさんのトラックに積まれたパイナップルがあまりにも大きくて立派だったので素通りできませんでした。「1つちょうだい」と言うとおじさんが山からひとつ選び取って、トラックの後ろの台に乗せたまな板とやけに立派な包丁であっという間に切って、ビニールf0222454_12463653.jpg袋に入れてくれます(使い込まれたまな板は、衛生的に大丈夫だろうか・・・とか細かいことは見て見ぬふり)。お値段は重さで決まります。今日買ったのは1個93元(約270円)。おじさんは「これは△〇パイナップルだよ」とパイナップルの種類を教えてくれたのですが、聞き取れず。ジュースがいっぱいで甘かった~。今度シャーベットにするっていうのも美味しそうだなぁ。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-18 23:31 | 台湾のフルーツ

百香果

f0222454_225089.jpg 近頃じゃ日本にいてもいろいろなフルーツを食べることができるので、ご存知の方も多いかも?こちらのフルーツ、なんだかわかりますか。中国語では百香果と書きますが、これ、パッションフルーツです。「百香果」ってとても香りがよさそうで良い名前、と思ったら英語名の「passion fruit」の音の当て字だそうです。「百香果」は強いてカタカナにするならば「バイシャングォ」。「パッション」が「バイシャン」になるワケだな、きっと。

f0222454_22121495.jpg 私も今回調べてみるまで知らなかったのですが、パッションフルーツのパッションって「情熱」という意味ではないのだそうですネ!本当の意味は「キリストの受難」なのだそうで、パッションフルーツの花の形がキリストが十字架にかけられた姿に似ていることから名づけられたんだってサ(へーぇ、勉強になります)。ちなみにパッションフルーツの和名は「クダモノトケイソウ」なのだそうですが、日本人の目にはお花がキリストの十字架ではなく、時計に似てるように見えたのでしょう。興味があったら画像を調べてみてください(画像の引用とかができないパソコン音痴なワタシ)。

f0222454_22182631.jpg まん丸のパッションフルーツの分厚い皮をナイフで半分に切ると、こんな風。種を包んだゼリー状の果実(言いたくないけどカエルの卵にちょっと似ている)と果汁が入っているので、それを種ごとスプーンですくって食べます。種のプチプチした食感を楽しむのも良いですが、のど越しを楽しむために敢えて噛まずに飲み込む人もいるんだそうです。f0222454_22262174.jpgオレンジ色の濃い果汁は甘くて酸っぱくてGOOD♪まさに「南国の味」がしますデス。皮がしわしわになるくらいまで待つと甘みが増し、冷やして食べると美味しいデス。

 今回、お値段ちょっとお高めのスーパーで1個20元(約60円)で衝動買い。久しぶりに食べたらやっぱり美味しかった!市場に行ったらもっともっと安く買えるので、近々パッションフルーツをガッツ買いするつもりのアタシです(日本で買ったら高そうだナ)。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-07-24 22:37 | 台湾のフルーツ

茘枝の旬がやってきた!

f0222454_1735531.jpg 5月の終わりに市場を通ったとき、今年初めて茘枝(ライチ)を見かけたと思ったら、6月に入って急に旬を迎えました。ただいまその値段はどんどん下がってきてます。f0222454_1782717.jpg去年は「こんなにどこでも売っているからまだまだ楽しめる。うっしっし」と思っていたら、ある日突然どこでもライチを売らなくなって、さみしくシーズンを終えたので、今年は「お!ライチが切れてる。市場に買いに行かなくちゃ!」とヘビースモーカーがタバコを買いに行く感覚でライチを買っているワタクシでございます。ライチは食べ過ぎると鼻血が出るといわれる果物ですが、出るなら出ろ、鼻血。っていうか、いくつくらいだと「食べ過ぎ」になるんでしょうか。

f0222454_17121743.jpg 台湾ではライチは枝つきのまま売っています。こんな風に紐で束ねて店先に並んでいることが多いです。今日黄昏市場で買ったこの束は130元(約390円)でした。結構量があったので、すぐに食べる数日分以外は枝を落として冷凍庫へ。冷凍して食べるとシャーベットみたいで美味しいし、アイスティに浮かべてもGOOD!そしてなによりライチシーズンが終わって「しょぼーん」な日々がやってきても「あ!冷凍庫にライチ入ってるぅ♪」ってなことになりますから、2度も3度も楽しめます(→貧乏性な人)。

f0222454_17191351.jpg
 そうは言っても、ライチはフレッシュなうちに食べるのがいちばん!日本にいたらぜったいにできない贅沢ですもの。怪獣の皮膚みたいに(見たことないけど)ゴワゴワの皮を剥くと、白い半透明のぷりっとした果肉。したたる果汁をじゅるじゅるしながらひとつ、またひとつと食べていると、いくつ食べたか定かではなくなるのが常。やっぱりライチde 鼻血デビューの日も近いか?!

※そういえば、と思って去年書いたライチの記事を読み返してみたら、ほとんど同じ・・・。この1年で全然成長してないってことでしょうか。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-06-14 23:58 | 台湾のフルーツ

マンゴーその後

 あれ以来またあの場所を通りました。マンゴー、ずいぶん重くなってきたみたい。マンゴーは熟すにつれて茎と実の間が紐のようになってどんどん下に垂れ下がってきます(それ故、思わずもぎ取りたくなります)。
f0222454_2336812.jpg

 このおうちの人は、赤の他人の私がこんなにこの木に夢中になってるなんて気づく由もないでしょう。そういえば今週市場に行ったら、ライチが出ていました!ライチシーズンもついにやってきそうです。あぁ嬉しいな。わくわく。考えただけで鼻血が出そうだわ(ライチは食べ過ぎると鼻血が出ると言われる果物です)。
f0222454_2340223.jpg



f0222454_23474243.jpg さて、今日はめずらしく我が家の暴れん坊が発熱で幼稚園をお休み。クリニックからの帰り道にワンタン麺をテイクアウトして、家でふたりで食べました。テイクアウト文化が非常に発達している台湾では、日本でカップラーメンを買うような値段でこういう麺やご飯がお持ち帰りできます。スープ麺はスープと麺を別々にビニールに(!)入れてくれていることが多いので多少の時間なら麺が伸びません(台湾ではビニール袋への信頼度がかなり高いです)。紙製のカップもつけf0222454_23494318.jpgてくれているので、帰ったらスープと麺を一緒にするだけですぐにイッタダキマース!(ビニールの入ったアッツアツのスープをカップにうつすのって結構難しいのよね。ヤケドに注意!)今日のワンタン麺はちょっとあっさり味でしたが、ワンタンは大きくてプリプリで美味しかったです。ワンタン麺の中のワンタンと言えば香港では中身はぷりぷりのエビであるのが常ですが、台湾では豚肉のことが多いです。ちなみに「ワンタン」は香港では「雲呑」、台湾では「餛飩」です。

 あいかわらず小食の我が息子は、ちょっとかわったものにトライしてみようというガッツはなく、3歳にしておにぎりも食べられず、夕飯がフルーツだけのこともザラだったりします。でも今日のワンタン麺は結構食べてましたよ。実は幼稚園ではなんでもよく食べる、という先生の話(ほんまかいな)。母の味ではなく、台湾風の味付けの方が好きなのかもしれません。なんだかなぁ・・・。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-05-24 23:31 | 台湾のフルーツ

もうすぐ旬!

 買い物の帰り道、よそのおうちの庭の木になにか実が生ってるのを発見。
f0222454_17262324.jpg

 あれは私の大好きなマンゴーさんではありませぬか。最近市場ではたまに土マンゴーという小ぶりの種類のマンゴーが売られているのを見かけるようになりましたが、本格的なマンゴーの季節はもう少し先。あぁ、たのしみだな。それにしたって自分の家の庭でマンゴーが採れたら、すっごく嬉しいかも。植えたい・・・。
f0222454_17293175.jpg



f0222454_17324577.jpg ちなみに同じ並びの別のお宅のお庭には、桑の実がたわわに実っていました(度重なる無断撮影、心よりお詫び申し上げたい)。おじさんが脚立に登って、ちょっとかわいいカゴを肩からななめ掛けにしてひとつずつ丁寧に摘み取っていました(すっごく微笑ましい光景だったけど、さすがにこれは撮影できず)。フルーツ天国台湾は、まもなく美味しい季節がやってきます♪
[PR]
by sara-taiwan | 2011-05-06 17:39 | 台湾のフルーツ

鳳梨釋迦(パイナップルシャカトウ)

f0222454_11111931.jpg 秋ぐらいから市場やスーパーで見られるようになったこの果物。お釈迦様の頭のように見えることから「釋迦頭」と呼ばれるようになったとか。以前主人の母が南国を旅したときに食したそうで「スゴイ美味しかったー!」と絶賛していたので、一度は食べてみようと思っていたところ、先日お友達が「シャカトウの中でもひときわ大きな『パイナップシャカトウ(鳳梨釋f0222454_11135631.jpg迦)』という種類のものを買ってみたらめちゃくちゃ美味しかったと聞いて、ついに私も買ってみました。普通のシャカトウはりんごくらいの大きさなのですが、鳳梨釋迦(鳳梨=パイナップルのこと)はホントに大きい。アンデスメロンとか小玉スイカくらい?の大きさがあります。

f0222454_1115334.jpg 売られているシャカトウは硬くてきれいな緑色ですが、これだと食べるには早過ぎるそうです。全体がやわらかくなってブツブツのところが黒くなると食べ頃。我が家でも買ってから3日くらいは待ちました。昨年主人の母が台湾を訪れたときに、到着前に買っておけばよかったものの忘れてしまい、市場で探し回って売り場から下げられていた捨てられる寸前の熟れ熟れシャカトウをひとつだけ、ようやくゲットしたものです。旅行などで台湾に来てシャカトウを食べたいと思ったら、到着してすぐに購入しておく方がいいかもネ!
f0222454_11292873.jpg 調べてみると「ブツブツのところをとってそこについている果肉を食べる」などと書いてありましたが、豪快に2つ割りにしてスプーンで食べました。切ってみると果肉はミルク色で、ところどころに黒くて大きな種があります。味は・・・やわらかくてねっとりした果肉は、とにかくすごーく甘い!!!シャカトウの英語名は「sugar apple」だそうですが、この甘さでは納得デス。トロトロで甘くてかなり濃厚な味わいのシャカトウ、食後にさっぱり的なフルーツではありません。美味しかったんだけれども個人的には甘すぎて、ちょっと後半しんどかった(今度からは少しずつ食べたいと思います)。ひょっとしたら少し熟れ過ぎだったのかもしれません。

 その後ちょっと調べてみたのですが、この鳳梨釋迦は「アテモヤ」という新品種なのだそうです。ブラジルで「アテ」というシャカトウと、シャカトウと同属の「チェリモヤ」というフルーツを交配してできたのが鳳梨釋迦。普通のシャカトウは甘みだけが強いのに対し、鳳梨釋迦は甘みと酸味の両方を兼ね備えているのだそうな。

 さらにさらにこの「チェリモヤ」という果物について調べてみると、マンゴー、マンゴスチンと並ぶ「世界三大美果」のひとつで「森のアイスクリーム」なんて呼ばれることもあるそうです。「トム・ソーヤの冒険」の著者、マーク・トウェインが「delicious itself」と絶賛した果物なんですって!たまには果物についていろいろ調べてみるのも、楽しいナ。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-02-17 23:38 | 台湾のフルーツ

茘枝シーズン

f0222454_18363310.jpg 台湾ではライチ(茘枝)が旬を迎えています。最近はお友達や、ダンナ様の会社の方たちから、ライチをいただくことが非常に多い我が家。台湾に暮らしていると、果物や野菜は旬を迎えるにつれわかりやすく値段が下がっていくので、香港にいるときよりも季節を感じやすくなりました。我がダンナ様の通勤途中、道端でライチを売っているところがあるそうなのですが、最初1斤(約600グラム)で100元(約300円)だった値段がどんどん下がって、最近は8斤100元くらいまで下がっているらしい。300円で4.8kgなんて、もう「持ってけ泥棒」価格って感じですネェ。それにしたって4.8kgのライチと言えば、抱えるほどの量だと思われ(いつも思うんだけど、1斤の値段を下げていけばいいのに・・・)。でもライチは「食べ過ぎると鼻血が出る」と台湾でも香港でも聞くので、安いからといってたくさん食べるのもいけないらしい。うっかり4.8kgなんて買っちゃた日にゃ、鼻血必至。悩ましいところです。
f0222454_18262883.jpg 香港ではライチは実の部分だけを切り落として売っていることがほとんどでしたが、台湾では枝についたまま、束にして売っていることが多いです。皮は恐竜の皮膚みたいに(見たことないけどサ)ゴワゴワしているのに、皮を剥くとプリッと瑞々しい、白い半透明な果肉。暑い夏に爽やかな甘み。ジューシーで非常に美味でゴザイマス。聞きかじりですが、ライチのシーズンはすごーく短いので、f0222454_18413969.jpg冷凍保存して長く楽しもうとする台湾人も多いらしい。日本では冷凍で売っていたライチを凍ったままシャリシャリ食べたことがあって、シャーベットみたいで美味しかったっけ。私は、凍らせたライチを氷代わりにアイスティに入れるのも好き。楊貴妃が愛したと言う「貴妃紅茶(香港では茘枝紅茶という名前でした)」に入れると、ライチの香り倍増で爽やか~。しばし暑さを忘れます♪
[PR]
by sara-taiwan | 2010-07-01 23:25 | 台湾のフルーツ

マンゴー!芒果!MANGO!

f0222454_1638040.jpg
 台湾は今、マンゴーの季節真っ盛りです!マンゴー好きにはたまらんのぉ~。香港にいたときにはスーパーなどで売られていたのはフィリピンマンゴーが主流でしたが、台湾では逆にフィリピンマンゴーを見かけることは少ないです。台湾では輸入物でなく台湾産ですからねっ!スバラシイっ!香港ではそのかわりインドのアルフォンソマンゴーが手に入ったりして、それはそれで魅力でしたけどネ!

f0222454_16412678.jpg
 香港に住んでいた頃、近所のスーパーにすごーくときどきアップルマンゴーを売っていて、入荷するとあっという間に売f0222454_16424142.jpgり切れていたのですが、台湾ではたっくさん売っています。漢字では「愛文芒果」と書きます。サイズは少し大きくてソフトボールくらい。皮は黄色ではなくオレンジから赤に近い色をしています。実はオレンジ色で非常~に美味しゅうございます。台湾のマンゴーの中では私、これがいちばん好きです。


f0222454_16465140.jpg 台湾産のマンゴーにはまだまだ種類があります。こっちの小さいのは土マンゴーというそうで、なんと皮は黄緑色f0222454_164935100.jpgなのですが中はちゃんと熟しています。切ってみるときれいなオレンジ色。他のマンゴーに比べると繊維質が多いようで、おまけにサイズも小さいから、ひし形にカットしようとするとぐちゃぐちゃになります(あ、私だけ?)。これは周りの皮を剥いて、かぶりつくのがいちばんかもしれません。愛文マンゴーに比べると少し酸味があります。

f0222454_16542974.jpgf0222454_1659505.jpg こっちはまだ試していない金煌マンゴー。片手で持つのがちょっと大変なくらい大きくて、皮はフィリピンマンゴーのような黄色。これ、香港にいるときに食べたことがあるような気がしますが、そのときはちょっと大味な感じがしたんだよナ。今度これも買って食べてみなくっちゃ(ただし結構重いので、抱っこ紐のときはムリだナ)。

f0222454_1771812.jpgf0222454_1793170.jpg ちなみにこの写真、近所のお家のお庭にあったマンゴーの木。わかりにくいけどマンゴーがいっぱいなっているんですヨ。一般家庭にマンゴーの木があることがなんかすごいぞ、台湾。

 マンゴーの季節は10月頃までという話。あぁ~幸せだナァ。そろそろライチもシーズン突入のフルーツ天国台湾です。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-05-28 23:30 | 台湾のフルーツ

今、パイナップルが熱い!

f0222454_16263899.jpg 「台湾はフルーツが美味しい」とよく聞きます。香港にいるときもいろいろな国のフルーツを買うことができましたが、引越し前の最後の1ヶ月だけお世話になっていた普通話の先生(大連出身)は「香港で売ってるのは全部美味しくないでしょー!台湾のフルーツは美味しいのヨ」と言っていましたっけ。私はフルーツがなくてもそんなに困らない人なのですが(父とかは食後にフルーツは必要不可欠でしたけど)、f0222454_0124130.jpg食の細い息子を持ってからはフルーツを結構買うようになりました。台湾に引っ越してきたのが12月だったので売っているのはイチゴが中心で、それほど種類も多くありませんでしたが、最近になってスーパーや市場には枇杷やパパイヤ、スイカ、メロン、スターフルーツなどなどなど。そろそろマンゴーも出始めまたし、本当にいろいろなフルーツが並ぶようになりました。しかもほぼすべて国産(台湾産)!自給力のない香港ではありえない。スバラスィ~!

f0222454_16301441.jpg そんな台湾で、今いちばん私の心を射止めているのはパイナップル♡パイナップルなんて今まで自分で買おうと思ったことがなかったのですが、こんなに美味しいものだったとは知らなかったぁ~。恐れ入ったぞ、パイナップル。そして今まで見くびっていてゴメン!f0222454_16363533.jpg台湾のパイナップルはとにかくジューシィ~!そして甘ぁい~♪こんなの食べちゃうと、もう缶詰のパインなんて食べられなくなっちゃうなぁ・・・。最近はパイナップルをきらせてしまうと「はっ!パイナップル買いに行かなくちゃっ!」と買い物へ出かけるワタクシなのです。f0222454_16412429.jpg
 ちなみに台湾では、スーパーでも市場でもパイナップルはもちろん丸ごと1個でも買えますが、こんなふうに皮をむいた状態(芯はついたまま)で売っていることが多いです。なんか、ちょっとステキな透かし彫りのオブジェみたい。この売り方は台湾に来て初めて見ましたヨ。市場などではこの形のままビニールに入れて金魚すくいのビニールのように紐でつるすスタイルで売っています。あぁ、明日もパインを買いに行かなくちゃ~。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-04-15 23:18 | 台湾のフルーツ