カテゴリ:台湾の不思議( 9 )

冷えは足元から?!ではないらしい

f0222454_17372459.jpgf0222454_1738516.jpgf0222454_1738588.jpg 日本に比べたら文字通り生暖かいですが、私の住むここ台中も最近は冬らしい日も増え、クリスマスムードも多少高まってたような・・・。我らが家族の台中暮らしも先日まる3年を迎えたのですが、この3年で台中はどんどん変わり、今も新しいビルの建築ラッシュが続いています。引っ越してきた当初はクリスマスと言ってもたまにお店にちょっと大きめのツリーがあったりしたくらいだったのですが、最近はデパート前などに大がかりなツリーができたりもしています。いやいや、台中も都会になってきたなぁ。街がどんどん大きく育っていく過程を見られるというのもなかなか面白くて貴重な体験ですナァ。

f0222454_17454316.jpg 冷えてきたといえども気温は20℃くらいあったりする台中ですが、以前少し書いたとおり台湾の人たちはとても厚着。12月ともなればどんなに暑くてもダウンが当たり前という感じです(私はと言えばこの3年でダウンを着たのは日本に帰国するときくらいなんですけど)。ところが。彼らの足元を見ると、ちょっとびっくり!ということが結構ある。たとえばこちらのカップル、写真だとわかりづらいですが彼女はブーツなのf0222454_17473758.jpgなのに、彼氏はビーチサンダル!もちろん着てるのはダウンでしたヨ(隠し撮りしてゴメンなさい)。
 そして時間をおかずにやってきた別のカップル、同じく彼女はブーツですが彼氏はツッカケ風のお履き物(ゴミ捨て場までちょっと履いていくような、アレです)。彼氏はやっぱりダウン着用。念のために言い訳(?)しておきますが、決してオッサンでもない普通の青年でゴザイマシタ。

 お風呂上りも必ず靴下を履く私は「この気温でダウン着てるくらいだったら靴下くらい履けば?!」と思わずにはいられませんが、結構いるんだナ、このコーディネートの人。日本では「冷えは足元から」などと申しますが、台湾ではそうではないようで。ダウン&素足でオシャレして、元気に冬を乗り切るのが台湾流?!
[PR]
by sara-taiwan | 2012-12-25 23:32 | 台湾の不思議

ただ今工事中

 マンションの電気工事の間ずっと置かれてたこの手作りマネキン、かなり怖い。誰も近づかないっていう意味では効果大かも。でも少し怖すぎない?
f0222454_1295926.jpg

[PR]
by sara-taiwan | 2012-11-28 23:08 | 台湾の不思議

暑いけど厚着

 夏からずっと日本と台湾を行ったり来たりしていましたが、ようやく自宅に落ち着きました。先週台中に戻ってきた時には少し秋めいていたのですが、ここ数日また暑くなってきて時々クーラーつけちゃったり。まだ衣替えには早そうな陽気です。

f0222454_1333831.jpg 台湾は日本に比べてかなり暑い場所なのですが、お店に秋物(っていうか冬物!)の洋服が並び始めるのは台湾のほうが格段に早いのダ!8月末にユニクロに行ったら、店中すっかりダウンだらけになっていてビックリ。10月に入ってからどこもかしこも冬物ばかり。手袋だって売ってます。バイクに乗る人が多いことを考えると多少厚着なのはわからないでもないですが、20度以上あるのにダウンって!よく全身あせもだらけにならないなぁと、半袖でも汗だくの私はひそかに心配しています(余計なお世話!)。香港の人も10月にもなればダウンとか毛皮を着てたりしてて最初びっくりしたのですが、どうやら暦の上で秋になったらちゃんとしっかり厚着する人ほどおしゃれな人と位置づけされるようでしたヨ。台湾もそうなのかしら。

 生まれてからずっと南国で育っている我が息子、寒さにはめっきり弱いのですが、暑いときはやっぱり暑いらしく毎日汗びっしょりになって帰ってきます。日本では「子供は風の子」などと言って(古い?!昭和だけかしらん)、子供は1枚薄着がよい、なんて言われますが、香港や台湾では「子供は1枚多く着せろ」というのが定説らしい。朝息子が幼稚園バスに乗るとき、すでに乗っているほかの台湾人のお子さんたちはびっくりするほど厚着。うちの息子は半袖なのに、「スキーでも行くの?」みたいな格好のお友達がいることも少なくありません。最近は朝晩だけ少し涼しかったりするので、「念のため」にバッグに長袖のジャンバーなんかを入れておくと、超暑い日でもちゃんと息子に着せてくれて、おまけにチャックは首まできっちり閉めて帰ってきます。もちろん彼は汗びっしょりで髪は洗い髪みたいになってますけど。毎年もうちょっと涼しくなってくると先生から「そろそろ長袖を着せてください」などと連絡があるのですが、どう考えても息子汗びっしょりなのでしつこく半袖を着せてる我が家。先生からは「寒くても長袖を着せてもらえないかわいそうな生徒」と思われているのではないかと、毎年ちょっとドキドキしている母でした。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-10-26 13:40 | 台湾の不思議

文化の違い?!なんだろうけどサ

f0222454_13108.jpg 道を歩いていたら、固いコンクリートの上でおじさんが寝ていました。道の反対側には草刈道具放置。どうやらお昼寝中のようです。聞いた話ですが台湾では幼稚園はもちろん小学校から高校まで、昼食後にお昼寝の時間が設けられているらしい(学校ではお布団をしいて寝るのではなく、机に突っ伏したりして寝るらしい)。学生さんだけでなく、台湾人の社会人にとっても、この昼寝の習慣はめずらしいことでf0222454_1321469.jpgはないらしい。会社ではさすがに時間が設けられてるわけではないでしょうけど、自主的に(?)昼寝をしていても別にいいらしい。先日店舗の内装工事をしている現場を通りかかったとき、作業しているお兄さんが5人くらいが見事に全員、まだ作り途中の棚の下や床の上で寝ていたのでちょっとびっくりしたけど「あぁ、今お昼寝なのね」と納得。たいていのことにびっくりしなくなったのは、先日海外暮らし7年目に入ったせいか。それとも単なる年の功か。

 デパート内を犬を連れて歩く人を見たときにも最初は「台湾って、それでもいいのー?!」とびっくりしたものですが、私が美容院に行くとたまに遭遇する女性はシャンプーのとき仰向けに倒されてても、愛犬のマルチーズを自分の膝の上にのせたままですし、「いいんだ、いいんだ。台湾だからっ!」と黙認(もちろん注意する気はさらさらないけどネ!)ところが、そんな私でも今日は久々にビックリするような事件に遭遇しちゃいましたヨ。場所はデパート内のティールーム。私たちがお茶を飲んでいるとき、お店に入ってきたお客さんの女性が手に持f0222454_13155019.jpgっていたのは・・・鳥かごに入ったオウム3名様っ!しかも鳥かごはお出かけ用なのか、ちょっとコンパクト&お洒落なリボン付き(お出かけ用の鳥かごがある時点でおかしいだろっ!と突っ込みたい)。まさかまさかと思っているうちに、ウェイトレスさんがその女性&小鳥ご一行様を私たちの隣の席に案内してしまいました。さらに「まさか・・・」は続きます。鳥かご、席まで持ってきたけれど、当然床とか窓辺とかにおいてくれるよね、と神に祈るような気持ちだった私たちの期待を裏切って、テーブルの上に置いちゃったよ!この人はっ!(さすがに近すぎて写真がこれ1枚しか撮れずよく見えない) その後、お店で頼んだサンドウィッチかなにかをお店のスプーンで小鳥様に与えてるし、しかもウェイトレスさんはそれを見て「かわいいですね」みたいなことを女性と話してるし・・・ありえない、ありえなすぎるっ!一緒にいたお友達(中国語がご堪能)がたまりかねて、ウェイトレスさんにこっそり「ちょっとどうにかならないものか」と言ってくれたのですが、お店の人たちが裏で話し合った結果、小鳥様の飼い主様にはなにも告げることなく、私たちが今より狭い別の席に移動する、という形になりました。お店の方はいやな顔ひとつせずに対応してはくれましたけど、これじゃまるで、「日本人の奥さんってば細かいナァ。いやなら席を移ってね」の図。ちなみにその後、私たちが座っていた席に後から来るお客さんを観察していたのですが、小鳥様に誰一人驚くことはなかった・・・。これって普通?!普通なんだよな、台湾では。きっと。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-16 12:58 | 台湾の不思議

エリエーマ

f0222454_954450.jpg



 ダンナ様がガソリンスタンドでもらってきたというボックスティッシュ。久々に「山田くぅ~ん、座布団一枚!」と叫びたくなるヒットでした。その名も・・・


 裏面ももちろんこんなです。台湾でも香港でも、「日本製」であることは品質が良いことの証だと思われているので、オール日本語のこんな表示はいかにも日本でも売っているように思われるのでしょうかネ。ご丁寧にリサイクルの「紙」「プラ」マークまで書いてあります。台湾でもゴミは分別必須ですが、当然こんなマークは誰にも通じませんヨ。使用後はカンタソに折りたためるとのことなので、ちゃんとたたんで紙類に分別して捨てよーっと!f0222454_1054754.jpgf0222454_956265.jpg
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-19 23:51 | 台湾の不思議

台湾の人びと

 友人にも2人ほど経験があるようなのですが、私も通りすがりの見知らぬ台湾人に「その服どこで買ったの?」と聞かれたことがあります。しかも2回も。台湾ではそんなにめずらしい事じゃないのかしら。日本では「あの人の着てるの、素敵だナァ」と思うことはあっても「すみません、その服どちらで買われたのですか?」と聞くことはほぼないでしょう。私が思うに台湾の人は、あまり深読みをしないのだなぁという気がします。疑問に思ったら初対面でもハイ!質問!困っている人がいれば助けるのがあたりまえ。台湾の人は電車やバスで席を譲るのも日本よりもとてもスムーズにしている感じがします。香港の人もこの点ではとても似ていて、昔0歳児だった息子を連れてスーパーへ行くと必ず誰かに「この子、寒いんじゃない?もっと着せなきゃ!」とアドバイスされていたものです(ありがとう、と笑顔で答えつつ、いやいや背中汗びっしょりだし。お構いなく。と心の中でつぶやいていました腹黒いアタシ)。マイナスの意味で台湾人が深く考えない点といえば、車の運転!空いてれば停める、赤でも人がいなければ渡っちゃう、みたいな。国民性って本当におもしろいなぁと思います。

 で、今日ちょっとショックな出来事が。市場で大学生くらいの3人連れに道を聞かれたときのこと。私に聞いたって結局目的地の名前すら聞き取ってあげられなかったのですが、私が日本人だとわかると「どうしてここに住んでるの?」とか「何年住んでるの?」とか「中国語勉強してるの?」とか、すっかり話し込むことになってしまったのです(台湾の、特に若い人は日本にとても興味があるので、『私日本人だからわかりません、すみません』と言って立ち去ろうとするとかえって話が長くなることがよくあるのです)。そしてひとりの女の子が「あなたの顔、結構シミがあるけど、いい病院知ってるよ。そこに行った方がいいよ!」と教えてくれたのです!!!この1年くらいで急にシミが出てきたような気がするナァとは自分でもちょっとf0222454_12553939.jpg気になってはいたけれど・・・そんなにダメー?!台湾の紫外線は日本の4倍と聞きますし、いやいや、やっぱり年齢には逆らえないということか?!と内心深く傷ついていた私をよそに彼女は「私の妹もここに1週間に1回通ってとってもよくなったよ」と教えてくれ、カバンからメモとペンを出して病院の電話番号と自分の電話番号まで書いて私に渡してくれて、バイバーイと別れたのでした(本当は『電話持ってる?』と聞かれたんだけど、ないと嘘をつきました。親切にしてくれたのに本当にごめんなさい。もうしません)。台湾の人って本当に素直に親切なのです。そうは分かっていますが、でもやっぱりちょっとへこんだ今日のアタシ。

 もともと台湾や香港の女性は紫外線を極度に怖がるようです。香港に住んでいるときに聞いた話ですが「香港では美人の条件は顔の造りよりも肌がきれいなことが重要」だそうで(もちろん美しいお顔立ちであればベターなわけですけど)。いろいろ調べてみたら「台湾女性は 相手の顔に悪いほくろがあると、執拗に『ほくろを取らないの?』聞き、シミやそばかすが目立てば『シミ取れば?』と聞いてくるほど美白に熱心」という記載を見つけ、ちょっとだけほっとしました。とは言え、郷に入っては郷に従え。台湾に住んでいるからにはもうちょっと美白に気をつけないとネ。でもやっぱり私は、どんなに人の肌が気になっても、どんなに良い病院を知っていても、人にアドバイスできない日本人です。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-03-26 23:52 | 台湾の不思議

スナック菓子5連発

f0222454_00777.jpg


 「のりぱてとちつぷす」  おしい!






f0222454_0159100.jpg


 「甘いかりかり」  ナイスネーミング?!






f0222454_034397.jpg

 「はちみつたまねきけき」

 たぶん「はちみつたまねぎケーキ」だと思われますが、どんな味だろう?!




f0222454_065250.jpg

 「ぴざづやがいものぽゐ」

 「披薩」は「ピザ」だから一応わからなくはないけど、なんだか雲行きが怪しくなってきたなぁ。



f0222454_0112914.jpg

 「ほつとちれぽていろうゐ」

 わからなくはないが・・・ギリギリです。台湾では香港に比べるとこういうの少ないですが、久々のヒット作にお菓子売り場でニンマリ私でした。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-10-20 00:14 | 台湾の不思議

台湾でも、たまにあります

 台湾はその昔日本に統治されていたせいもあり、日本語を話せる人が結構います。そのせいもあるのでしょう、香港でよく目にしたヘンテコな日本語は、台湾ではそれほど多く遭遇することがなく、イヂワルSaraとしましては、ちょっとさみしい気もしていました。

 そんな台中で、久々にこんなお寿司屋さんの看板を見つけました。実は結構前から気になっていたんだけど、ここっていつもお店の人が立っていて、なかなか写真を撮るチャンスがなかったんだよナ。
f0222454_14331777.jpg

 ちょっと見づらいですが、お店の名前の隣には「握つてました」、
そして最後に「すし&刺身でした」と書いてあります。なぜ、過去形?!
[PR]
by sara-taiwan | 2011-04-19 14:35 | 台湾の不思議

昭和の香りを感じるとき

f0222454_8375547.jpg 台湾の街並みは日本にとてもよく似ていて、あんまり「外国に来た」という感じがしません。裏通りなんかは本当に日本とそっくりだったりしますし。街角の小児科前には待っている子供のために、よくこういう乗り物が設置してあります。そういえば私の子供の頃、商店街なんかにこういうのあったナァ。最近の日本には、もうないのかしら。


f0222454_17262987.jpg


 微妙な表情の子供の絵が描かれていたり(運転手は我が息子)、


f0222454_17292457.jpg


 ニセモノっぽいキャラクターが描かれていたり。



f0222454_17302298.jpg

 お馬さんの表情も、どこかさみしげ。ちょっと寂れた感じが昭和っぽい味を出していて、なんとなく懐かしい感じがする私です。ちなみにうちの息子、お金を入れて動かすと怖がる(小心者!)ので、いつもタダ乗りしてます。



f0222454_1736821.jpg ちなみに、台中の街ではなんとなく小児科の診療所が多い気がします。当然診療所の場合は中国語ができないと行かれないのですが、日本語が通じるところも何軒かあるようです。先日息子が熱を出したときには、f0222454_17371883.jpg日本語通訳のいる総合病院まで行くのが面倒だったので、日本語の通じる近所の診療所へ連れて行きました。先生の問診は日本語でオッケーでしたし、問診票も日本語で書かれていましたヨ(ただし、書かれている日本語のたどたどしさににんまりするイジワルSaraでした)。日本ではプライバシーの問題などから、最近は病院の診察室と待合室の間にはきちんと扉があることがほとんどですが、台湾の病院では診療をしている人の後ろの丸椅子で次の人が待っていたりすることも多い。これまた私の子供の頃の診療所の風景と、とてもよく似ている気がします。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-06-15 17:50 | 台湾の不思議