カテゴリ:台湾でティータイム( 15 )

今年のケーキ

 あっという間に息子が5歳になりました。今年のケーキはずいぶん前から決めていたAngry Birds。昨年、一昨年同様Bienというお店にお願いしましたが、これはなかなかの出来っ!わがままなお願いにも快く対応してくださってありがとうございました。 
 あ、余談ですがこのBienの台中大遠百(遠東デパート)の地下にある支店には、我が息子の3歳のバースデーケーキの写真が見本として掲示してあります。無断で。
f0222454_2165388.jpg



*Patisserie Bien
  台中市公益路163-1號  電話:04-23014567
[PR]
by sara-taiwan | 2013-05-22 23:18 | 台湾でティータイム

美しいお茶請け

f0222454_1218187.jpg 天燈祭は日曜の夜だったので昨夜は台北泊。我がダンナ様がめずらしく翌日の今日はお休みをとったので台北をブラブラしながら帰りました。お昼ご飯は以前に行った小慢という茶藝館に行きたかったのですが、月曜定休のため、徳也茶喫というこちらも茶藝館に行ってみましたよ。雰囲気は小慢よりもカジュアルで、お昼時なのもあってかビジネスマンが多かったです。日本のガイド本にもよく載っているので、日本人のお客さんも多そうです。

f0222454_12261223.jpg 茶藝館だけどビジネスランチセットがあります。メインは数種類から選べましたが、私は烏龍東坡(豚のウーロン茶煮)。野菜の煮込みなどの小鉢(でも山盛り)数品と果物とゼリーまでついて220元(約660円)。お腹いっぱいになったけど、こちらのお店、お茶請けのお菓子のメニューが豊富でどれも魅惑的。せっかくきたからオーダーしちゃうもんね。

f0222454_12285696.jpg
 こちら、荷花酥(90元)。パイ生地になつめ餡が入ったサクサクのお菓子。温かいうちにいただくので、バターの風味がしてちょっと洋風、でも中国茶によく合うお菓子です。見た目も美しくて素敵です。

f0222454_12313195.jpg
 桂花涼糕(90元)。 金木犀の香りのする金柑餡の入ったお餅。大福みたいに柔らかくて優しい味です。金木犀の香りが爽やかぁ~。この店の人気メニューだそうです。

 他にも食べてみたいお菓子が目白押しだったのですが、お腹がギブアップ。今度はお食事じゃなくお茶の時間に訪れたいお店でした。

*徳也茶喫
台北市鎭江街3-1 電話02-23968036
営業時間: 11〜22時
[PR]
by sara-taiwan | 2013-02-25 23:08 | 台湾でティータイム

豆花

 台湾には、豆花というデザートがあります。香港では豆腐花という名前で呼ばれていましたが、どちらもほぼ同じアジアンスイーツ。わかりやすく言うと豆腐の上にいろいろトッピングした甘いデザートです(豆腐よりはやわらかいようですが、味はほぼ豆腐です)。香港ではマンゴーなどのフルーツのソースなどがかかっているものも結構あったのですが、台湾では小豆や緑豆などの甘いものがかかっているのが主流。香港に住んでいる時は、豆腐に甘いシロップなどをかけていただくのに超違和感があって、内心「鰹節と醤油がほしい・・・」などと思っていた私。でも、このところ豆花を食べる機会が続いて、今さらながら豆花の魅力にはまってマス。
f0222454_15544217.jpg これはお店でいただいた温かい豆花。紅豆(小豆)や粉圓(タピオカ)、芋圓(芋だんご)、薏仁(はとむぎ)、緑豆、花生(ピーナッツ)など、トッピングはお好みでいろいろ選べます。私はタピオカ好きなので紅豆と粉圓は外せません。私としては日本ではお汁粉みたいな位置づけのデザートな気がしていますが、台湾ではこれ、ラーメンのどんぶりのような器で1人前。おやつにしてはかなりお腹いっぱいになります。間違いなくダイエットにはよさそうです。
f0222454_16183441.jpg もちろんお持ち帰りでもOK。近所を歩いているだけでも、豆花を売っている小さなお店はすぐに見つかるほどなので、ときどきふらりと立ち寄っておやつに持って帰ったりします。今日は冷たい豆花を食後にさっぱりと。はとむぎを入れてもらうとものすごいお腹がいっぱいになるので、食後にいただくときには薏仁はトッピングしないのがワタシ流。お好みで生姜汁をかけてくれます寒い日にはとても体があったまるんだナ。お店によっては生姜汁を加えるとかなりビリビリくるところもあります。

 豆腐を甘くしてデザートになっていることも、さらにそれに生姜をかけるのも、日本人にはちょっと馴染みがなくて面白いです。余談ですが息子の通う幼稚園の午後のおやつのメニューも麺やお粥の日があったりするようですし、台湾ではミニトマトと言えばフルーツにカテゴライズされていますし、日本の「おやつ」と台湾や香港の「おやつ」の定義は明らかに違うと感じる今日このごろ。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-01-14 23:51 | 台湾でティータイム

携帯に便利な紅茶屋さん

 暑い暑い夏。ちょっと外へ出ると汗だーらだらの喉カーラカラな毎日。でも、台湾にはちょっと歩けばお茶スタンドがあるし、お値段もコンビニで買うペットボトルよりも安いので、汗をかいたらこまめに水分補給!これ大事!台湾のお茶スタンドでは注文したらすぐに作ってくれて、冷たいお茶だとお湯で淹れてから氷でぎゅっと冷やしてくれて、こんなに手間がかかってるのに1杯(500ccくらいある)100円前後。安いのだと1杯20元(60円くらい)だなんて、申し訳ないくらいです。お茶スタンドってほんとに大丈夫なのかナァ。

f0222454_2391078.jpg 先日、たまたま喉が渇いてお茶を買った紅茶専門のIt so teaという名のお茶スタンド。よく前を通っていながら利用したのは初めてだったのですが,、それ以来すっかり気に入ってアイスティが飲みたい時はかなりの頻度で駆け込むようになりました。メニューはそれほど多くなくて、紅茶ばかりで20種類程度なのですが(台湾のお茶スタンドメニューはかなり多いので20種類だと少ない方だと思われます)、何が良いってここ、お茶をペットボトルに入れてくれること(もちろん味も美味しいデス)。普通はf0222454_23115316.jpgプラスチックのカップに入れて、セロファン(?)で密封してくれる(↑こんな感じ)のでセロファンにストローをさして飲むのですが、ペットボトルだとすぐに全部飲めない時にはキャップをすればカバンの奥底に入れられるし非常に便利♪今日はストレートのダージリンとウバのミルクティを頼んでみましたが、ボトルの形が微妙に違ってちょっとカワイイ。2本のボトルをプラスチックの留め金で1つにまとめて渡してくれました。どうやって封をしているのかは見えないのですが、キャップはちゃんとコンビニで売ってるのと同じ風にきっちりと密封されています。

 このお店で私が唯一困っていることは、メニューが全て漢字表記で、英語の紅茶名も書いていないので、毎回店先でメニューとにらめっこ。「大吉嶺」は「ダージリン」とわかるのですが、「爪哇」はたぶん「ウバ」。「斯里蘭卡錫蘭紅茶」は「スリランカ」はなんとかわかったけれど「セイロン」茶だということは今調べてようやく判明。勉強になりまッス。

It so tea   一手私藏世界紅茶
  台中市美村路一段126號  電話:04-23262777
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-05 22:41 | 台湾でティータイム

悩ましきアフタヌーンティ

f0222454_15323357.jpg にぎやかな中港路沿いに、いつのまにできたのか古典玫瑰園の支店がOPEN。先日お友達と下午茶しに行ってきましたヨ。(下午茶=アフタヌーンティ。中国語では下午は午後の意味です)ずいぶん前に藝術街にある古典玫瑰園に行ったことがあってそのときはどうやら「子連れお断り」とのことだったのですが、台中の支店はお子様もOK。ただこのお店、3階建てになっていてエレベータがないのでお子様連れのお友達はバギーをお店のお姉さんに運んでいただきました。縦に長いお店で1階は茶葉やティーカップなどのショップ、2階と3階がf0222454_15354329.jpgティールームになっていました。平日はそれほどこんでいないらしく、私たちの案内された3階には結局最後まで他にお客さんが来ず貸切状態でした。苦労して登った甲斐があったゼ。
 紅茶のラインナップはほんとにいろいろあって、ものすごーく迷っちゃう♪ そしてちょっと記憶が定かではないのですが、たしかプチアフタヌーンティセットっぽいものを頼んだような気がするんですけど、ものすごいちゃんとした量の3段トレーが登場。やっぱりここは、お昼ご飯抜きで来ないといけません。


f0222454_15431100.jpg

 最上段には、カップケーキ、マンゴー(?)ムース、チーズケーキにマカロン。




f0222454_15445240.jpg

 中段には結構なヴォリュームのクレームブリュレとスコーン、クッキーなどの焼き菓子がいくつか。




f0222454_15472423.jpg

 アフタヌーンティの下段はしょっぱ系のラインナップ。ミニバーガーにサンドウィッチ。





 アフタヌーンティってお昼食べちゃうと食べ切れないし、アフタヌーンティの後は夕飯が食べられないのが困り物(別に誰も困っちゃいないけど)。この日も当然夕飯抜きになりました。こちらのお店、お食事メニューもいろいろありますが、窓の外には中港路をバスや車がいっぱい走っている上子供もOKとなれば、今度ぜひともうちの息子も連れてきてあげましょう。


古典玫瑰園  台中市西區中港路一段321號  電話:04-2319-1798
[PR]
by sara-taiwan | 2012-07-25 23:14 | 台湾でティータイム

毎日珈琲

f0222454_12363012.jpg 先日お友達とお茶したカフェに、ちょっとステキなものを見つけて、いつか息子を連れて行ってあげようと思っていた母。今日公園帰りにちょっとお茶しに寄ってみました。その名はDaily Café。中国語では「毎日珈琲」。ホントその通りなんだけど、なんかオモシロイぞ、毎日珈琲って。健康的な感じすらしてくるナァ。さて、そんなことはさておき。このお店、入り口は広くありませんが、奥にながーいお店で、f0222454_12385022.jpg入り口周辺にはテーブル席、奥には結構くつろげるソファの席があります。お店じゃなくて普通のお家にお邪魔しているみたい。子供用の椅子にぬいぐるみが座っていたりもします。
 おトイレは離れにあるので、いちばん奥のドアから外に出なくてはならなりません。トイレのある裏庭も結構広くて、テーブルと椅子が置いてあります(ただここ、ものすごーく蚊が多かったので長居には向きません)。そこで見つけたのが・・・

f0222454_12411727.jpg じゃかじゃん、これです。メリーゴーランド~(定員3名)!こんなカフェの裏の裏にこんなものがあるなんて思いもしないくらいなので、お店サイドもまさか本当に乗る人はいないだろうと思っていたのか、電源が落ちていたのですが、お姉f0222454_12444198.jpgさんが「すぐに電源入れますね」とお兄さん(たぶん店長)を呼びに行き、息子大満足。しばらく回っていなかったようで、走り始めたら上にたまった雨水がいっぱい降ってきましたけどネ。雨水がたまる前にまたちょくちょく乗りに来ちゃいましょう。

 カフェなのでお食事メニューは軽食程度のものですが、こんなかわいいカフェに似つかわしくないたぶん店長のお兄さん(失礼!)の作るワッフルはアールグレイ風味で美味。サンドイッチも結構ヴォリュームがありました。居心地の良いカフェ+子供も退屈しない仕掛けで、これはリピート間違いない。次はお友達と一緒に来ると息子も盛り上がることでしょう。お店のスタッフも皆さん親切でした。f0222454_12502873.jpgf0222454_12514658.jpgf0222454_12524229.jpg


*Daily Café   毎日珈琲
  住所:台中市西區精誠五街1F  電話:04-2327-0966
  営業時間:11:00~ 23:00(無休)
[PR]
by sara-taiwan | 2012-06-23 23:31 | 台湾でティータイム

ブランジェリー de お昼ご飯

 私の場合海外に住んでいると言ってもお箸の国、漢字を使う国にしか住んでいないので、根本からひっくり返されるほどびっくりすることや、どうしても手に入らないものってそれほどないような気がします。ただ、パンについてはやっぱり日本が美味いっ。台湾でも香港でも美味しいパンにめぐり合うことはとても難しいのです(それでも台湾は香港に比べると美味しいデス。香港では本当にパンは美味しくなかったナァ)。日本のコンビニのパンですらメチャウマに感じますもの!メチャウマでなくてもいいから、普通に美味しいパン、もっとできないものかしらねぇ。
f0222454_16505657.jpg この1年ほどの間に台中は新しいお店が続々オープンして食事や買い物にどんどん便利になってきたのですが、先月2日にはフランスの老舗ブランジェリーであるPAULがオープン(イメージで言うと『パン屋』ではなく『ブランジェリー』ですわよね)。日本人の奥様方の間f0222454_165642100.jpgでも噂になっていたほどですが、今日はそのPAULでお昼ご飯を食べてまいりました(お店で偶然日本人のお友達にも会っちゃったし)。人気のお店なのでこむかと思いましたが、平日のランチタイムは空席もちらほらあるくらい。むしろお茶の時間くらいからの方が、お客さんがたくさん入ってきていたような気がします。ランチセットにはまずスープ。今日はミネストローネでした。上にのってるバゲットがやっぱり美味。

 30分近くメニューを熟読した結果、私はサーモンとベシャメルソースのクレープにしました。どれも美味しそうで捨てがたかったので、未練がましくお友達オーダーのキッシュと細切りポテトをバターで焼いたガレットも写真撮らせてもらったサ。見た目は余裕で完食できそうだと思ったけれど、食べてみると結構なヴォリューム。やわらかクレープの中には肉厚サーモン。美味しゅうございました。次回はガレットも美味しそうだナァ(実は私、無類のじゃがいも好き)。
f0222454_16584283.jpgf0222454_16592040.jpgf0222454_16594784.jpg

f0222454_178387.jpg ランチセットには飲み物もつきます。お店のインテリアもフランスのカフェ風で、台湾じゃないみたいです。ショーケースに並ぶケーキたちはとっても魅力的でした(写真撮り忘れちゃったけど)が、お店ではカフェオレのみで我慢。と言っても、この日ランチ後に合流したお友達のために と言い訳して 、エクレアを買って帰り、2時間後くらいにはもちろん自分たちもちゃっかり食べました。エクレアはちょいと甘すぎた気もしますが、満足満足。次はやっぱりミルフィーユだなっ。



PAUL 台中店
  台中市港中路二段111號 新光三越2階  電話:04-2255-6270
  営業時間: 11:00~21:30  (休日前)11:00~22:00
[PR]
by sara-taiwan | 2012-04-26 23:36 | 台湾でティータイム

match cafe

f0222454_1549032.jpg 台湾ではコンビニにATMがあるので、24時間お金が下ろせるのですが、未記帳分がたまるとある日突然コンビニではお金が下ろせなくなるのが困り物。たいていそういうときに限って急いで現金が必要になったりするんだよナ(ひょっとしたら画面に予告が出てたりするのかもしれませんが、私にはワカリマセン)。我が家のメインバンクは台中に支店が少ないので、家からは徒歩20分ほどの場所にある支店に時々行って記帳する必要があります。ちょっとメンドクサイです。


f0222454_23455917.jpgf0222454_23493567.jpg 今日は銀行に行ったついでに、以前から入ってみたかったカフェに入店。ワッフルも美味しそうだったけど、なぜかとってもコーヒーフロートが飲みたくなったのでスモf0222454_2352372.jpgf0222454_2352521.jpgークサーモンのベーグルとともに(甘×甘になっちゃうからね)。いつも使っているカメラが電池切れで、台湾の携帯電話で初めて撮影してみたらちょっと暗かったのが残念。真ん中がキッチンになっている静かな店内には、色も形もさまざまな椅子があったり、ちょっとおしゃれ系の雑誌もたくさん置いてあり、居心地良すぎ。

 お店の雰囲気に似合わず、お客さんはなぜかおじさん率が高かったけど、パソコン持って行ったらかなり長居したに違いないです。ちょっとシャイなお兄さんが持ってきてくれたコーヒーフロート、おいしかったぁ。ベーグルももっちりほかほか♪あたたかいコーヒーが美味しい季節になったら通ってしまいそうだ~。

match cafe   黙契珈琲
  台中市中港路ニ段60-3號   電話:04-23134597
  営業時間:8~23時
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-26 23:44 | 台湾でティータイム

至福の1杯

f0222454_0334273.jpg 毎日毎日干からびそうになってしまいそうな日差しと暑さ。ちょっとそこまで買い物に行っただけで、本当に汗だくになってしまいます。最近の私が、買い物帰りについつい買ってしまうもの・・・それは、マンゴースムージーです♪マンゴーかき氷同様、今か今かとずっと待ち望んでいた季節がやってきました。スムージーはマンゴー以外にもいろんなフレーバーのものがありますが、やっぱりマンゴーのが一番好き♪

f0222454_0403536.jpg いろいろ飲み歩いた結果、私の今のところのナンバーワンスムージーは大苑子というお店の「愛文芒果冰沙」。お値段60元(約180円)。台湾ではマンゴーにもいくつか種類があるのですが、日本ではアップルマンゴーの名前で知られる愛文芒果を使って作ったスムージー(=冰沙)です。他のお店にもマンゴースムージーを売るお店は多いですが、f0222454_0481564.jpgマンゴーシロップを使っていることも多い。ここのお店のは細かく切ったマンゴーの果肉が、ストローを通って口に入ってきます。注文するとカウンターの後ろでマンゴーの皮をむき始めるのが見えるので、本当に作りたてのおいしさ。これ、24時間点滴したいくらい好きです(あ、点滴だと味がわからないか・・・?!)。お店ではコップの口をシーラーで密封してくれるから、普段はストローをさして飲むので中身が見えないのですが、開けたらこんな感じ。砕いた氷が細かくて、とっても滑らかなのど越しです。外で飲むと夏の暑さでどんどんとけて、普通のマンゴージュースになっちゃうので、きゅきゅーっと飲み干して頭にキーンとくるのもまたよろし。

f0222454_0563883.jpg そういえば台湾の飲料事情について書いたことがなかったかも。台湾の街角にはテイクアウト用のお茶を売るお茶スタンドのようなお店がとーってもたくさんあります。1ブロック歩けば1軒はあるかも、と言っても過言じゃありません。テイクアウト専門ですが、店先に簡単なテーブルと椅子を置いてあるところも結構ありますf0222454_0571245.jpg。温かい飲み物も売っていますが、冷たいお茶の方が断然売れてるようで、夏になってからは町行く人はほとんど片手にお茶スタンドのコップを持って歩き飲みしています。香港では中医学的に体を冷やすのは良くないということで、冷たいお茶を飲む習慣がほとんどなかったので、台湾のこのお茶事情(?)には最初衝撃を受けた私。中国語の先生に聞いてみると「たしかに体を冷やすのは絶対にいけない。でも・・・暑いから!」f0222454_131729.jpgと言っていました。そこらへんも、さすが台湾!ちなみに我が家が台湾に引っ越してくる直前の1年半前、この手の台湾式お茶スタンドがチラホラ流行り始めていたのですが、現在も香港在住のお友達の話によると、その後もちょっとずつお茶スタンドが増えているとか。体を冷やすと良くないとはいえ、香港も暑いからねぇ。

f0222454_1124989.jpg 中国茶で有名な台湾なので、お茶スタンドで売っているのも烏龍茶的なお茶ばかりなのかと思いきや、種類はとっても豊富。台湾名物珍珠?茶(タピオカ入りのミルクティ)はもちろん、フルーツティーみたいなものはお茶というよりもジュースみたいだし。お店によってスムージーがあったりコーヒー類もあったり、ちょっとずつお店に個性があるので、フルーツっぽいものがいいときはあそこのお店、美味しいアイスコーヒーが飲みたいときはあっちのお店、と使い分けるようにしている私です。お値段は一番安いもので20元(約60円)くらいですから、コンビニでお水を買うより安い。アイスティなんかはちゃんとお湯で抽出して氷に注いで作っf0222454_115671.jpgてくれたりと手間もかかっているのに。そしてなんと近所のお店であれば、2、3杯買えば家に配達までしてくれるのデス!これで儲けになるのかなぁといつも疑問に思ってるんですけど、大丈夫なんでしょう。きっと。
 お茶スタンドではカウンター越しに注文を告げた際、お店の人に必ず砂糖の量と氷の量を聞かれます。糖度はたいていどのお店でも5段階くらいになっていて、こちらのお店でも「全糖=標準、少糖=80%、半糖=50%、微糖=30%、無糖=ノンシュガー」になってます。f0222454_122893.jpg氷に関しても同じで、正常冰から去冰までを選択できます。細かいことは気にしない台湾の人たちですが、砂糖と氷の量にはちょっとこだわりがあるようです。コップの口は専用のシーラーで密封してくれるので、子供に飲ませるときも便利。オーダーしてから数分で、あっという間にできあがります。
 いろいろ飲み比べて1年半、このところの私は貴妃紅茶を無糖、少冰で飲むのが常。楊貴妃の愛したライチの風味の紅茶で、さっぱり美味しいデス♪
[PR]
by sara-taiwan | 2011-07-08 17:38 | 台湾でティータイム

揚げたてドーナツ!

f0222454_23385985.jpg 市場にりんごを買いに行ったとき、屋台のドーナツ屋さんを発見。厳密に言うとドーナツ屋さんではなく、揚げパン屋さん?!紅豆(アズキ)だとか花生(ピーナッツ)だとか書かれた看板をかかげている小さな屋台。ガラスの向こう側では、おばちゃんが大きな鍋のたっぷりの油でドーナツやパンをどんどん揚げていました。

f0222454_23451119.jpg ドーナツといえば、小食でお菓子もあまり食べない息子の数少ない好物なので、幼稚園帰りのおやつに買っておいてあげようではないかっ。おっと、でももちろんこの私も息子のために毒見をしておかなきゃネってことで、おばちゃんに「ドーナツふたつっ!」とオーダー。おばちゃんは今揚げたばかりのドーナツにお砂糖をたっぷりまぶして、ひとつずつ紙の袋に入れて渡してくれました。お値段は1つ15元(約45円)。財布を片手にドーナツを受け取ろうとしたら優しいおばちゃんは「受け取るのはゆっくりでいいから、先に財布をカバンにしまいなさい」と言ってくれましたヨ。

f0222454_23562751.jpg 揚げたてアツアツのドーナツを受け取って、子供みたいにワクワクした母。これはやっぱり揚げたてのうちに食べなきゃおばちゃんに失礼ですから(?)、帰る道々イッタダッキマース(出た!saraブログ恒例の歯型公開!お見苦しい点をお詫びします)。実は結構油っぽいのではないかと疑っていたのですが、まったくそんなことはなく、外はカリッ、中はフワッ。甘くてあったかくて、なんとも幸せな数分間。そういえば私が子供の頃、母がときどき揚げてくれたドーナツのことを思い出しました。どこか懐かしい感じのコックさんの絵が書かれた紙袋には「THANK YOU」と書かれていましたが、いえいえ、こちらこそサンキュー!ヤバいな、これクセになりそうだゾ。

 息子が帰ってきたときにはもう冷めてしまっていたのですが、息子もあっという間に完食でした。でも母が食べたときの方が絶対美味かったんだナァ~。密かに「勝った」と思った母でした。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-04-07 23:34 | 台湾でティータイム