<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久々カフェごはん

 うちの息子は誰に似たのか、食べることと食べるシチュエーションが本気で嫌いみたいでして。食べるのが好きなお子さんだと、ママとスタバに入って、子供にジュースとマフィンを食べさせて「これ、美味しいネ!」とかなんとか言いながらママはコーヒーでひとやすみ♪とかできるんでしょうけど、絶対ムリ。お店に入った瞬間に「食べさせられるっ!」と身構え、ベビーチェアなんかに座らせようものなら機嫌最悪。ねぇねぇ、たまにはママと一緒にカフェ飯楽しもうよ~。なんでも買ってあげるからサァ(←これ、私のささやかな夢デス)。

f0222454_16334054.jpg 今日はそんな息子を連れて、近所でお昼ご飯を食べることにしました。ダンナ様も一緒なので、最悪順番に食べらる覚悟でGO。息子の唯一好きな(と言っても食べないことも多いけど)フライドポテトがあるという理f0222454_16372436.jpg由だけで、近所のお店に向かっていたところ、うっかり早起きしすぎて眠くなった息子は昼食時なのにバギーでうつらうつら。「それなら!」ということで急遽予定変更。以前通りかかって気になっていたカフェに飛び込んだのでした。うっしっし。
f0222454_16573033.jpg 入り口からはわからなかったけれど中は結構広くて、そして結構な数のお客さんがいました。お店の中には本棚に写真集などの本がたくさんあったり、学校の机と椅子みたいな席もあったり、お花や絵がたくさん飾られていたり、隅っこにはピアノとギターが置いてあったり、なんだかとってもオッシャレーな空間になってマス。ホームページを見てみるとこちらのお店は音楽やアートっぽいイベントの会場になったりしてるみたいですね。
f0222454_16545825.jpgf0222454_16552272.jpgf0222454_16595632.jpg

 入り口の反対側にはテラスに出られる戸があって、外にも席がありました(入り口横にもカウンター席があって、ビールを飲んでいるお客さんもいました)。テラスの席の向こう側には芝生があったりしたので、これなら息子が起きていても芝生に放出しておけば私はコーヒー飲めるかも?!とちょっと思ってみた。テラスには自転車が立てかけてあったり、金木犀の木があってとてもよい香り。そういえばお店の入り口には枇杷の木がありました。

f0222454_1754845.jpg 久々の王道カフェに心躍る母の、今日のお昼ご飯はミルクティとベーグル。そんなウキウキ妻に付き合ってくれたダンナ様のお昼ご飯はサンドウィッチとアイスラテ。こちらのお店はフードメニューはそんなに選択肢がなく、これ以外にf0222454_1761027.jpgはケーキと、時間限定のフレンチトーストがあるくらいでした。でもでも、美味しかった♪サンドウィッチに挟まったオムレツはトロトロだったし、ツナのベーグルには刻み胡桃が挟まっていたり、なかなか手も込んでいましたヨ。お天気もいいし、息子は気持ちよく眠っているし、雰囲気すべてひっくるめて非常に美味しいカフェ飯ランチでございました。ゴチソウサマでした。

 台中の人は、お茶を飲むのが好きです。と言っても香港人のお茶の好きっぷりとちょっと違います。 香港人もお茶が好きで、飲茶の時におじさんが大勢集まっても飲み物はビールでなくて温かいお茶なのが当たり前ですが、台中の場合はみんな「お茶する」のが好きな様子。つまり喫茶店でコーヒーを飲むとか、テラス席でアイスティを飲むとか、ひとやすみしながらティータイムを楽しむということなんです。実際私が見たところ台中には、ステキなレストランよりもステキなカフェの方が俄然多い気がします(台湾だから中国茶♪と思いきや、コーヒー&紅茶を飲めるお店がほとんどです)。バギーを押して街を歩いてみると、テラスでコーヒーを飲めるお店や、隠れ家のようにひっそり営業しているステキ風カフェをあっちこっちで発見し、そのたびに「入ってみてぇ~」と思っている私。あぁ~台中のカフェ、端から全部入ってみたいナァ。

f0222454_0573849.jpg

Forro Cafe   呼嚕咖啡
  台中市精誠三街47號  電話:04-23101661
  営業時間:10~22時、火曜日定休
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-28 23:54 | 台湾でティータイム

イジワルSaraがちょっとさみしくなったワケ

 今月から普通話(北京語)を習い始めました。香港では広東語と英語のチャンポンでも暮らしていくのに問題はありませんでした(そのせいでどちらも上達しなかった私)が、台湾では英語を話す人はあまりいません。特に台中は観光客が多いというわけでもありませんしね。そのかわり昔日本が台湾を統治していた影響で、日本語を話せる人が結構います。そしてそして、たぶんそのせいだと思うのですが、台湾に来て思ったのが「面白日本語を見る機会が少ない」ということ。香港では街を歩けば簡単に「足つマッサージ」などの看板を見つけることができたし、ヘンな日本語の書かれたTシャツを着ている人なんてひとりもいない。ちょっとサミシイ私。

f0222454_2325844.jpg 香港から引っ越す少し前に、通りすがりの30代くらいの男性が背中に「すいませーん!ナンパです」と書いてあるTシャツを着ていました。彼は見たところとても真面目そうで、ナンパもせずにまっすぐ目的地へ向かって歩いていらしたので、私がカメラを探している間にいなくなってしまいました。すごく残念。右の写真は香港で目撃した「模範囚」のTシャツ。香港人だから漢字の意味わかってるんでしょうけど。いつか面白Tシャツ特集をしたいなぁ、と思っていたのに、こんな形で写真放出しちゃってスミマセン。
 ちなみにこっちは香港で買ったf0222454_2394526.jpgf0222454_23121999.jpg変圧器の箱に書かれた日本語。裏側は英語で書いてあったのですが、ほとんど英語の読み方をカタカナにしてるだけじゃん!それにしても、最後の「ゆしゆつしじ」ってなんだろう。「輸出指示」?!あーおもしろい。

f0222454_23195823.jpg 台湾に来てからはこういうのに遭遇することがめっきりなくなってしまい、ちょっとさみしかったワタシ。でも、先日ちょっとヒットしましたヨ!「住宅のご皆様。ドアを破壊する風によって閉めなさい」。ゲラゲラ。なーんだ、それ。丁寧なんだか乱暴なんだか。でもこれは日本語がヘン、というよりは翻訳ソフトで変換してそのまま書いちゃった感じがしますけどね。それでも久々にちょっと笑わせてもらいました。
 台湾の普通話は、大陸に比べると発音も日本語に近い気がするし、台湾語というのもあってそちらは日本語にも似ているそうです。日本統治時代の名残で、未確認ですが「運転手」のことは「ウンちゃん」というらしい。タクシーに乗るたびに「ウンちゃん!」って言ってみようか、いつも迷ってドキドキしている今日この頃の私です。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-27 23:32 | 台湾の常識

台湾の市場

f0222454_21135424.jpg 最近ときどき用もなくフラリと市場へ出かけます。香港ではちょっと裏路地に入るとすぐに青空市場に出会えたのに対して、台中には大きな市場が数ヶ所あるだけでf0222454_1895327.jpg、街中でテントで営業するお店群などに偶然出くわすことはあまりありません(でも調べてみたら結構あるみたい?!それでも香港みたいにあっちこっちにはない気がするナ)。台湾に引っ越してきたとき、散歩しても散歩しても市場がなくて「市場ってどこにあるんだろう?」と思っていたものですが、ちゃんとあります。台中にある市場は大きい!ちゃんと屋根もあります。ここは私がよくフラついている向上市場。入り口と中の道の感じは、ちょっと金沢の近江町市場に似ている気がします。


f0222454_1812377.jpgf0222454_18145669.jpg

 通路はバギーがすれ違えるくらいの幅ですが、バイクも普通に入って来ます。バイクのまま買い物する人もザラ。


 生鮮食品はもちろん、靴や洋服、食器、などなどいろんなお店でいろんなものを売っています。飲食店もありますヨ。「ここは何のお店かな?」と一軒一軒見ているだけで楽しくなります。f0222454_18164873.jpgf0222454_18172488.jpg
f0222454_18231732.jpgf0222454_18235648.jpgf0222454_1825257.jpg


f0222454_18303571.jpg お肉屋さんは香港同様、お肉を上からぶら下げて売っています。香港で聞いた話では「うちの店の肉は捌きたてだから冷蔵庫なんかに入れなくっても新鮮なんだぜっ」ってことをアピールする意味でも、こういう売り方をするのが当たり前だということでした(逆に冷蔵庫に入れて肉を売るなんて、新鮮でないと言っているようなものf0222454_18305662.jpg、なんだそうで)が、ここらへんは台湾でも同じなのでしょうか。でもやっぱりいくら新鮮とは言え、ものすごーく暑い夏場とか、どうなんでしょう。結局香港にいた間はお肉は市場で買えずじまいでした。
 ところで、お肉のぶら下げ方は香港と似ていましたが、この鶏肉のディスプレイ方法は初めて見たぞ!新しい!ここだけではなく、他のお肉屋さんでもチラホラ。これって台湾ならでは?!

f0222454_1835675.jpg こちらの向上市場は朝から午前中を中心に営業しているお店が多いそうで、私もいつもお昼くらいまでの時間に来るのですが、先日うっかり息子が昼寝しすぎてしまい、このままだと夜更かしを免れそうもなかったので寝起きの息子を連れて6時過ぎに散歩に出かけました。向上市場の中のお店はほとんど閉まっていたようですが、f0222454_18402231.jpg市場周辺には屋台の食べ物屋さんがたくさん出ていて、いつもと様子が違う!薄暗くなった商店街に屋台の灯りが煌々とまぶしくて、ちょっとお祭りみたいなことになっていましたヨ。台中の夜市にはまだ行ったことがない(夜市へはおんぶ紐で行こうかナァと思案中デス)のでf0222454_18423622.jpgすが、こんな近所でちょっと夜市気分を味わえちゃうなんて嬉しいナァ。
 麺屋さんだとか揚げ物屋さんだとかいっぱいあって、しかもチラッと見る限り、お値段も安い!ここで調達しちゃったら晩ご飯のおかずに作らなくっていいんじゃないの?!お寿司なんていう屋台もあったり、f0222454_18453757.jpg車輪餅とか福州包とか、まだまだ私の知らないオイシイもの(オイシイであろうもの)たちがいっぱい売られていましたヨ。人気の屋台の前には順番を待つお客さんがたくさん待っていました。あぁ、この屋台、端から全部試してみたいっ!と鼻息を荒くする母なのでした(あいかわらず息子は食べ物にまるっきり興味ナシですが)。
 朝から晩まで楽しめる市場歩き。しばらくは市場ぶらり散歩がやめられなくなりそうだナァ。この向上市場だけでなく、夕方から始まる黄昏市場、香港と同じく花市場や翡翠市場もあるそうです。どれもこれも楽しみです。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-24 19:04 | 台湾街歩き

3年7ヶ月ぶり!

f0222454_17383637.jpg 実は私、今日ついに布団を干しました!!!実に3年7ヶ月ぶり!「台湾のマンションは屋上が物干しスペースになっていることが多いよ」と以前お友達に聞いていたのですが、なかなか行く機会もなく3ヶ月が経過。つい先日行ってみたら、まぁ♪広くてキレイ!そして、なんとステキな物干し竿まであるではないのっ!無類の「布団干し好き」の私が放っておくはずもなく、f0222454_17473098.jpg今日ははりきって布団を担いで屋上へGO!別のマンションに住むお友達の話では「お天気の良い日は物干しスペースの争奪戦だから早起きしなくてはいけない!」ということだったのですが、私のマンションではあまり利用する人がいないのか、ほとんど貸し切り状態。ブラボー!!!めずらしく風邪で発熱中の息子もちょっと遊ばせてみました。ここならお友達に感染させる心配がいらないからネ(でもところどころ針金が出ていたりして、あんまりオススメの遊び場所ではありませんでしたケド)。

f0222454_17481561.jpg 香港では比較的新しいマンションや、超高級マンションではベランダがあるところもありましたが、たいていの場合はベランダなし。そして50階建て以上のところも多いので、危ないから(たぶん)窓も格子がついていてガラガラと広く開けることができないタイプのところが多いのです。だから香港にいた3年4ヶ月間、布団はおろか洗濯物も外に干すことはできなかった私。「布団干し大好き」の肩書きが完全に廃れていたのでした。台湾に来てからは一応ベランダがあるので洗濯物はそこに干せるのですが、日当たりが悪くほとんど乾かず。結局生渇きで乾燥機の力を借りています(それでも万年部屋干しに比べたらアリガタヤアリガタヤ)。あぁ、でもこの屋上さえあれば。うっしっし。今夜はお日様の匂いのするお布団で眠れると思うと、なんとも幸せだナァ。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-21 23:31 | 台湾で暮らす

台中散歩は茨の道?!

 散歩好きの私と息子。台中に来てからもバギーであっちこっち歩いているうちに、結構テリトリーが広がってきて片道1時間くらいのところにも歩いて行っちゃうこともあったりします(それなのになぜ痩せない?)。暑くなって来ると散歩に出ることもなくなってしまいますから、散歩シーズンもあと少しで終わってしまうんデス。

f0222454_15522914.jpg
 台中の街はたいていこんな風に、通りに面したお店は奥まっていて、お店の前は屋根がずっとつながっていることが多いので最初は「日差しも雨もしのげるし、散歩にはもってこい♪」と思ったのですが、


f0222454_1554532.jpg


 アーケードに待ちうけていたのは段差の嵐!





f0222454_15544927.jpg バリアフリーとは程遠かった、台中の散歩道。まぁ、このくらいの段差であればバギーごと持ち上げて昇り降りするのは屁の河童のワタクシですが、息子が寝ているときはなるべく起こしたくないのよネ。

 そして無事段差を超えたと思ったら、次に行く手を阻むのは・・・


f0222454_1622666.jpg



 駐車中の車と、



f0222454_163479.jpg


 バイク達!




f0222454_1662232.jpg それから、このアーケードを歩いていると突然オープンテラスのカフェになってしまうこともあって、「あ、みんなお茶してるとこスイマセンねぇ、バギーでちょいと失礼しますヨ」みたいなことになったりします。聞くところによるとこのアーケードのような部分は私有地なのだそうで。ワタクシのような者が「どうせ作るんだったら段差なしで同じ高さにすりゃいいのに!」とか「けっ!こんな奥まで車停めないでよ!」などと文句を言う権利はなさそうです。歩かせてもらっているだけでありがたいと思わなくっちゃいけないんだネ!


f0222454_16955.jpg
 さらにさらに行く手を阻むのは、路上駐車の車たち!台中の路上駐車はすごいです。曲がり角だろうが信号があろうが容赦ないッス。歩道の入り口に車が停まってて、中に入れなかったり外に出られなくなったりすることもザラ。


f0222454_1617951.jpg

 公園の入り口は、ちゃんとバリアフリーになっている部分(鉄の棒の間をバギーや自転車で通るらしい)があるのですが、ここに駐車しちゃうと台無しなんですけど・・・。ここはたいていいつも車が停まってます。ちなみに曲がり角なんですけどね。ここまですごいと「もしかして台湾には駐車違反ってないのかな?って思っちゃいますが、ときどきレッカー車が出動するらしい、と聞きました。今度現場をおさえたいナァ。

f0222454_16211938.jpg そんなワケで。ゴキゲンにアーケードを歩いていても突然行き止まりになってしまうと今来た道を引き返さなくてはならないし(しかもそんなときに限って結構戻らないといけなかったりする)、せっかく歩道があっても車があって中に入れなかったりして、結局最初から車道を歩いた方が早いという結論に達した我らが親子。すぐ横をバイクや車がビュンビュン通る散歩道に息子も最初は目を白黒させていましたが、親子ともどもだいぶ慣れてきました。

 あ、でも先日台北に行ったら、たいていの通りにはちゃんと歩道がありました。やっぱ、都会だネ。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-17 17:11 | 台湾街歩き

台湾暮らし、始めました。

f0222454_18111879.jpg 台湾に暮らし始めてあっという間に2ヵ月半経ってしまいました。2ヵ月半の間には新しい発見が続々ありましたが、引越し荷物があっという間に届いたり、日本から両親が来たり、旧正月があったりとちょっとバタバタでなかなかブログ開設できずにおりました。新しい国に来た最初の最初の「ビックリ」や「オイシイ」こそ、後で読んでみると面白いものなので、早く記録を始めたいナァと思ってたんだけどナァ・・・(キビシイ理想と現実)。今後もさらにマイペースでアップすることになると思われますが、細く長く続けてゆきたいナァ、と思っておりマス(←これ、目標!)。

 私の新しい住まいは台湾は台中市。2ヵ月半前の記憶が新しいうちに、私が香港から台中に引っ越してきて最初の最初にビックリしたこと、意外だったことのベスト5を記録しておきたいと思います(台北だと少し違うのかもしれませんのでご了承くださいませ)。

1 街の色が地味!
f0222454_1881797.jpg 11月に新しいマンションを探しにきたときに、台北の空港から台中に向かう車の車窓から外を見ていて「なんか、地味!」って思った私。香港がそんなにカラフルだったとは思わないんですが、たぶん建物の色のせいではないかと。ほとんどがグレーか茶色。なーんか地味な感じするんだよネ。そして街の灯りが明るい(明るすぎる?)香港から来ているせいか、なんか暗い。無駄な電気はあんまりついてないです(省エネではあるんだけど、マンションの郵便受けのところとかもうちょっと明るくしてくれるとありがたいデス、はい)。

2 街の人々の声がデカくない!
  これって、日本だと当たり前のことなんですが。香港では外を歩けばデッカイ声で話している人がいっぱいいるのが普通(『そーんな大声じゃなくっても聞こえるってば!』とつっこみたくなることもしばしば)だったんで、台湾に来てから外やお店で普通のトーンで話しているのを見て「おぉ!」とちょっと感動しちゃった私。そういえ香港にいるとき日本から遊びに来たお友達が「ほんとに街中の人が口げんかしてるみたいだ!」って言っていたっけ。
 さらに、台湾の街では香港ほど携帯で話している人が多くないです。香港で乗り物なんかに乗っていると、乗客の半数以上が電話中ってこともめずらしくなかったんで。


3 ステキ系カフェや喫茶店がかなり多い!f0222454_1885839.jpg
 正確な数はわかりませんが、私が見たところ台中にはレストランよりも喫茶店みたいなカフェみたいな、お茶を飲むお店の方が多い気がします。台湾だから中国茶の飲めるお店、ってわけではなくて、そして香港みたいな茶餐廳(大衆食堂のようなファミレスのようなもの)みたいなのでもなくて、たいていはコーヒー&サンドウィッチなどの軽食のお店で、テラス席があったりお店のインテリアがかわいかったりしてステキ風カフェが多いのね。香港には探さないとなかったからネ、こういうお店。コーヒー好きの私には非常に嬉しかったりします(でも息子連れだとなかなか入れなかったりします)。

4 日本人がいっぱい住んでいる!
 台中に引越しが決まったとき、失礼ながら「そげなところに日本人なんて住んでるんですか?」なんて思っていたんですが。予想以上にいっぱい住んでいらっしゃいましたヨ。まぁ香港に比べたら数は少ないとは思うんですけど、たまたま私の住んでいるところは特に日本人の多いところだったようで、最近は外に出れば必ず顔見知りの人に会う感じです。香港だとホンハムとかに住んでるとこういう感じなのかも。日本から香港に引っ越したときには子供がいなかったので最初はなかなかお友達ができませんでしたが、台湾に来てからは子供つながりで(子供をダシにして)結構すぐにお友達もできて一安心。

5 結構頻繁に地震がある!
 台湾と言えば「地震と台風が多い」とは思っていましたが、台中に来て2ヵ月半の間にもう数回「おっ!これはっ!」という地震がありました。香港では地震がなかったので、地震ライフ(?)は久々のワタクシ。必要以上にビビリすぎかもしれませんがね。引越し翌日にいきなり結構な揺れを観測した(Sara調べ)ときにはかなり怖かった。ちなみに聞いた話ですが地震のない香港では50階建てのマンションでも耐震性はまったく考えて建てられていないとか(香港も台風は結構来るので耐風性はあるとかいう話。ホント?!)。それでも思ってもみない場所で地震が起こる!ってこともよくあるので私は「地震が起きたときが死ぬときだ」と思って36階に住んでいたのでした。台湾の建物は香港ほど高くないですが、耐震基準がどうなっているのか気になるところデス。

f0222454_18112769.jpg 感想というよりは、なんか台湾と香港の比較文化論みたいになっちゃいましたが、「中国であって中国でない」という意味では共通している香港と台湾、しかも地理的にもとても近いのに、ぜーんぜん違うんだナァ。そして日々続々と新しい発見があり、新しい暮らしを結構楽しんでいる私です。自称散歩マニアのワタクシ。暑い季節になる前に、バギーでいろいろ散策しておかなくっては!最近は珍珠奶茶(ブラックタピオカ入りミルクティ)片手にバギーで息子とあっちフラフラこっちフラフラの毎日です。
[PR]
by sara-taiwan | 2010-03-05 09:30