<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

match cafe

f0222454_1549032.jpg 台湾ではコンビニにATMがあるので、24時間お金が下ろせるのですが、未記帳分がたまるとある日突然コンビニではお金が下ろせなくなるのが困り物。たいていそういうときに限って急いで現金が必要になったりするんだよナ(ひょっとしたら画面に予告が出てたりするのかもしれませんが、私にはワカリマセン)。我が家のメインバンクは台中に支店が少ないので、家からは徒歩20分ほどの場所にある支店に時々行って記帳する必要があります。ちょっとメンドクサイです。


f0222454_23455917.jpgf0222454_23493567.jpg 今日は銀行に行ったついでに、以前から入ってみたかったカフェに入店。ワッフルも美味しそうだったけど、なぜかとってもコーヒーフロートが飲みたくなったのでスモf0222454_2352372.jpgf0222454_2352521.jpgークサーモンのベーグルとともに(甘×甘になっちゃうからね)。いつも使っているカメラが電池切れで、台湾の携帯電話で初めて撮影してみたらちょっと暗かったのが残念。真ん中がキッチンになっている静かな店内には、色も形もさまざまな椅子があったり、ちょっとおしゃれ系の雑誌もたくさん置いてあり、居心地良すぎ。

 お店の雰囲気に似合わず、お客さんはなぜかおじさん率が高かったけど、パソコン持って行ったらかなり長居したに違いないです。ちょっとシャイなお兄さんが持ってきてくれたコーヒーフロート、おいしかったぁ。ベーグルももっちりほかほか♪あたたかいコーヒーが美味しい季節になったら通ってしまいそうだ~。

match cafe   黙契珈琲
  台中市中港路ニ段60-3號   電話:04-23134597
  営業時間:8~23時
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-26 23:44 | 台湾でティータイム

祝?!海外暮らし5周年

 台湾に暮らして1年8ヶ月。気がつけば、この8月で日本を出てまる5年が経ちました。この5年間、勘と諦めだけで生きてきたような気がします。レストランで適当にオーダーして予想外にご飯ものばっかりでおかずなし、みたいな失敗も数知れず(そういう場合も諦めて、ただ食べるしかない)。香港の人はみんなコーラ好きで、ファストフード店では特に言わない限りセットの飲み物はコーラなので(店員さんから聞かれることもほとんどない)、飲みたくもないコーラを何杯飲んだことだらふ・・・。一方で、この前飛行機に乗ったときにジャパニーズポップスの音楽チャンネルのラインナップを見たら、歌はもちろん歌手の名前が半分以上わからなくなってちょっとショック(大きな声じゃ言えないけど、AKB48って『AKBよんじゅうはち』だとつい最近まで思っちゃってました)。あぁ、私ってなに人?!

f0222454_1148452.jpg 海外暮らしと言っても私の場合はアジア限定ですが、海外に住んでいるといい意味でも悪い意味でもアバウトになります。香港に引っ越した頃には日本とちょっと違うものを目にするたびに「なにこれー!」などとすごーくびっくりしていたものですが、今では多少おかしなものを見ても「ふーんここではそうなんだね」とめったに驚かない(単に私が若さを失っただけ?!)。たとえば市場へ行って・・・

f0222454_11484994.jpg

 うっかり蹴飛ばしそうになった発泡スチロールのケースの中でカニがカサカサ動いてる、なんてことも日常茶飯事。
f0222454_11544032.jpg

 台湾の茄子はとっても長~いのダ。

 驚かなくはなったけど、お肉屋さんはなかなか凄いものがあります。
f0222454_120875.jpgf0222454_1233028.jpgf0222454_1262967.jpg

 f0222454_1284574.jpg

 台湾の市場には、お惣菜のお店もたくさんあります。こちらは煮込み料理屋さん。よく見てみると・・・



f0222454_12105679.jpg


 きれいに並べられているこれは・・・アヒル?!の顔?の煮込み的な・・・?!これってご飯のおかずにするのかな。焼き魚的存在なのだらふか・・・。


f0222454_12264879.jpg 今日は市場を通りかかったらパッションフルーツが売っていたので、買って帰ることに。パッションフルーツは最近、ちょっと(お値段が)高級なスーパーで4個79元(約240円)で売っているので、たいして確かめもせずにおじちゃんの薦める100元分でお願いしてみたヨ。「ほいきた!」とおじちゃんがビニール袋に次々とパッションフルーツを放り込みだし、くれたのがこれ。市場なら安いだろうから10個ぐらいは買えるだろうと思った私が甘かった!家に帰って数えてみたら36個も入ってたヨ。重さは約2キロあったので、たぶん3斤(1斤=約600g)で100元だったと思われます(おじちゃんが『これおまけ』と言って最後に3個くらい追加してたし)。今日の買い物、ついでに買ったつもりのパッションフルーツが一番重くて、帰り道で誰かに会ったらもらってもらおうとキョロキョロしていた私(ご協力いただいたお友達の皆様、その節はありがとうございました)。途中でおじちゃんに「こんなにいらないよ!」と言えばよかったんだけどネ(私って小心者なので)。

 こんなテキトーな感じで、海外生活6年目に突入。これからもガンバリマス?!
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-25 23:31 | 台湾の街並み

台中 途中下車の旅~路線バス編~

 激暑続きの台中。最近は週末に息子とふたりで過ごすことが多いのですが、この暑さでは外遊びは自殺行為に近い。もともと外で遊ぶのが大好きな息子もさすがに「暑い=辛い」ということに気づいたようで、以前は暑いときには避けて通らなくてはいけなかった公園へも「暑いからねー」と言って行こうとしなくなりました。それでもずっと家にいるわけにはいかないのが、男児の母の宿命といふもの。最近は路線バスで終点のバスセンターへ行き、そこからバスを乗り継いでいろいろなところに探検に出かけることが増えました。バスに乗っている間は息子は楽しそうだし、涼しいし、母も地理に詳しくなれるし良いこと尽くめなのデス。

f0222454_16411930.jpg バスでよく通る黎明路と龍門路のあたりに「餐具(=食器)と看板にかかれたお店が数軒あって、かねてよりちょっと気になっていたので、今日はひとりでバスの旅。いつもは降りないバス停で途中下車してみました。

f0222454_16541461.jpg こっちのお店にはプラスチックのお皿やガラス製のものやら、そのほかキッチンツールなどが雑多に売られていました。こういう食器屋さんは時々見かけることがあります。そんなにおしゃれなものは多くないけど、たまーにきらりと光る掘り出し物が見つかったりします。

f0222454_16565393.jpg 一番気になってたのはガラス越しに茶器がならんでいたこのお店。入ってみるとお茶の卸屋さんみたいで、店の片方では女の子たちがお茶の袋詰めをしているところでした。いろんな種類の茶葉が無造作に並んでいf0222454_1725066.jpgて、規模は全然違うけれど深圳の茶葉世界とちょっと雰囲気が似ていました。茶器は端っこの窓際にばらばらと置いてある感じで、こんなところにひょっこり茶器を買いに来る人はいないのだろうなぁと思いつつ、お姉さんに聞いてみたら「買えるよ!」とのこと。お値段を見たらやっぱり激安。ずっと迷っていた客家柄の湯のみもデパートの半分くらいf0222454_17104575.jpgのお値段だったので、もちろん即買いしたのでした。この花柄、客家花布とか台湾花布と呼ばれていて、台湾の客家族の伝統的な柄です。大陸から台湾に渡ってきた客家族が、日本統治時代に日本の布(着物)の影響もうけつつ独自にこの柄を作ったのだそうです。もちろんこれ、香港では見たことなかった。茶器以外にもバッグやクッションカバーなんかにも使われていることがよくあります。

 余談ですが、台湾人から「日本人の奥さんは、なんでそんなに食器が好きなの?」と聞かれたことがなんどもあります。考えてみると台湾では食器に趣向を凝らす、ということがあまりないみたい。先日社員旅行に行ったときも、毎回お食事の時にはプラスチック製のお茶碗に白いご飯を盛ってくれましたが、取り皿はなし。ご飯の上にいろんなおかずを各自とってのせながら食べるスタイルでした(台湾では取り皿を使う、ということがあまりないようです)。ものすごーく高級なお店は別だと思いますが、プラスチックの食器を使うお店だってそんなに珍しくないし。中国茶のメッカだからいろんな茶器や食器をたくさん売っているイメージがあったのですが、ここ台中では素敵な食器を見つけるのは案外難しいのデス。

f0222454_17212283.jpg 買い物に白熱したしお腹もすいてきたところですが、突然現れたかき氷屋さんを素通りするわけにはいかず、空腹ですがマンゴーかき氷でクールダウン。大きな氷をぐるぐる回f0222454_10315979.jpgして作るかき氷機がちょっと懐かしい。ガラスケースの中にはトッピングらしきものがたくさん並んでて、たぶんお好みで調合してくれる感じだったのですが、語学力のない私はごく普通のマンゴーかき氷で十分でゴザイマス。f0222454_10335536.jpgこのお店、大きく「黒砂糖」と看板が出ていて、どうやら黒蜜をかけたかき氷がウリのようです。ってワケで、マンゴーてんこ盛りのかき氷に黒蜜をかけていただきます。お値段は70元(約210円)。かき氷のお店なのに、やってくるお客さんの半分はおじさんだったのは、立地的な問題かナ?「マンゴーかき氷はやっぱり黒蜜じゃなくて練乳の方が好きだナァ」とかなんとか思いながら、おじさんに混じって完食したアタクシ。一気に汗がひきましたよ。

f0222454_10421193.jpg

 川沿いの並木道は、涼しい風が吹いてました。向こうには開発中のビル郡が見えます。

f0222454_10404581.jpg

 通りがかりの玉興宮。立派だねぇ。観光地でもなんでもない道のぶらぶら歩きは、新しい発見の宝庫(ヒマ人のなせる業、とも言う)です。息子との散歩とはまた違う楽しさがあります。夏の間はこういう散歩がなかなかできないんだけどネ。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-17 23:16 | 台湾街歩き

肉汁したたるハンバーガー

 息子がおとなしく食事につきあってくれるようになったのに味を占め、2日連続外ランチの我が家。たまに訪れるバーガーショップです。

f0222454_1742786.jpgf0222454_179263.jpg 私のオーダーしたチーズ&ビーフバーガー(赤ワイン&マッシュルームソース)。写真だとわかりづらいけど、これ結構な大きさです(ポテトは息子に寄付済みにつき、4本しか残っていませんが)。お皿右上にあるレタスとトマトを自分で挟んでいっただっきまーす!

f0222454_17131235.jpg 肉汁がじゅるじゅるのジューシーバーガーなので、ビニール手袋をしていただきます。バンズは軽くてふわふわ。ミディアムレアに焼かれたハンバーグは、本当に肉汁が滴ります。f0222454_17213426.jpgちなみにこちらはダンナ様オーダーのサルサソースのチーズ&ビーフバーガー。メニューは他に数種類で、お値段はシーザーサラダORスープ、飲み物がついて150元(450元)前後。金曜日の夜8時~12時はサルサナイトなのだそうです。


*Shock Kitchen
  台中市華美西街一段57號  電話:04-23268760
  営業時間:火~日曜11時~21時
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-07 23:47 | 台湾そとごはん

人気上昇中?のレストラン

f0222454_17214084.jpg 最近、激務に追われる我が家のダンナ様。今日は久しぶりにお休みだった(ただし在宅で仕事でしたけど)ので、久しぶりに外で休日ランチ。先日お友達と行って美味しかったイタリアンのお店へレッツゴー!このお店、今年の5月にオープンしたばかりだそうですが、先日来たときにもお客さんがいっぱいで、とても人気があるそうです。予約もなかなかとれないそうなので、急に行ってもダメかf0222454_17233518.jpgナァと思って行ってみたところ開店間際の時間だったせいか幸運にもすぐに席につけました。ラッキー♪その後もお客さんがどんどんやってきて、あっという間に満席になってしまいました。天井の高い店内には個室もあり、さらには立派なワインセラーまであります。右の写真、ガラスの向こうにはワインがいっぱい並んでます。私はお酒が飲めないのですが、お酒好きなお友達はこのワインセラーを見て「ここで眠りたい」と言っていましたヨ(私は飲めないけどなぜか酒飲みの友達が多いのよネ)。

f0222454_17272846.jpgf0222454_17282645.jpg カウンター越しに見えるキッチンは活気があります。ピザ釜もフル稼働。釜の隣のオーブンではピザ生地が大量に発酵中。

f0222454_17303312.jpg 食べるのが好きではなかった我が息子。以前は飲食店に入るのも嫌がって外食への道は遠かったのですが、最近になってなぜか急に食べることに興味が出てきたようで、チキンのトマトソースパスタも美味しそうにいただいていました。子供用の椅子も完備、食器も出してくれます。f0222454_1738129.jpgパスタは「ゆで過ぎだよなぁ」と思うことが多い台湾のイタリアンですが(でも、香港はさらに5分くらいゆで過ぎだった気がする)、こちらのお店のパスタはグーです♪それから運ばれてきたリゾットは美味しさのあまり写真撮り忘れる寸前でパチリ。食べかけなのをごまかすために(?)マンゴースムージーとともに。f0222454_1742171.jpgアルコール以外のドリンクも魅力的なラインナップです。ダンナ様はチョコレートなんとかかんとか(うろおぼえな妻)。アイスまでのってるよ・・・ご飯食べながらこれってどうなの?と思いますけど、美味しかったみたいです。f0222454_1744520.jpgここまで食べて、お腹に若干の余裕を感じたのでピザを追加。全部食べたら半端じゃなくお腹いっぱいになりましたが、食べてよかった!生地は薄くて味があり、具とのバランスもGOODです。前に来たときいただいたマルゲリータもかなり美味だった記憶あり。

f0222454_0102071.jpg ショーケースのケーキも美味しそうだったので、食事の前に息子とガラスにへばりついてオーダーまで決めて気合十分だったワタクシですが、満腹でデザート断念(ベツバラを超えた満腹っぷりでした)。次回はぜひデザートまでいただきたいものです。もしくはお食事ではなく、コーヒーとケーキだけ食べに来てもいいお店だナァと思いました。


*PINOCOCO   皮諾可可餐廳
  台中市公益路二段273號   電話:04-22581455
  営業時間:11時半~22時半
[PR]
by sara-taiwan | 2011-08-06 23:02 | 台湾そとごはん