<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

久々スタジアム

f0222454_23283147.jpg 今日は台中洲際棒球場という場所へ、ジュースとお菓子とおにぎり持ってレッツゴー!英語では「台中インターコンチネンタルスタジアム」というらしい。中国語で「棒球」といえば「野球」のこと。そう、今日は野球観戦ですヨ!アジアシリーズ2011の試合を、ここ台中でもやると聞き、さっそくチケット買いにセブンイレブンへ走ったワタクシでした(台湾のコンビニって本当に便利なのデス)。台中に、しかも日本のプロ野球選手が来るなんて、めったにない大イベントですものー!ちなみに「頑張れ!」は中国語で「加油!」。油を加える、って雰囲気分かる感じするよネ。日本加油!

f0222454_23334565.jpg ワタクシ、運動は得意ではないのですが、スポーツ観戦は大好き(プロレスは除外。っていうかプロレスってスポーツと認めてない私)。野球を見るのは結構好きでして、高校の時は母校の応援で夏期講習をサボり、地元横浜スタジアムには会社帰りに寄り道し、シウマイ弁当を食べながらナイター観戦したりもしていたのです(球場では必ず崎陽軒のシウマイ弁当を食べたくなってしまうのがハマっ子といふもの)。そういえば野球場って何年ぶりだろう?球場に行くとなんだかワクワク楽しい気持ちになるんだナ。台湾の球場ってどんなかなぁと思っていましたが、この台中洲際棒球場、2006年にできたというだけあってとてもキレイ。お弁当やコーラの売り子さんが席をまわってくるというシステムではないようですが、球場の周りには屋台で揚げ物やフルーツなどが売られていました。

f0222454_14304334.jpg さて、内野席のチケットを持っていた我らが一家。久々の球場にやや興奮気味で、一番前に着席。ネット越しの上に高さがないので、全体を見渡すことが全然できないのですが、試合を見守っている控え投手たちが座っているの真後ろなので、彼らの噛んでるガムの種類も見えたし、時には会話の内容までばっちり聞こえてしまうという我らのポジショニング。ソフトバンクのファンでもない上、パリーグの試合はほとんど見たことがないのに、なんたるミーハーっぷり。

f0222454_1440148.jpg ちなみに背番号41番の陽(ヤン)投手は台湾出身の選手だそうで、台湾人の観客がカメラを持って続々写真を撮りに来ていました。陽投手は台湾の少数民族アミ族出身なんだって。へーぇ。ちなみにこの写真に写っているのは、40番 藤岡投手、17番 大場投手、20番は巽投手だそうです(もちろん帰ってきてから選手名鑑で調べたんだけどネ)。

 肝心の試合ですが、9対0の快勝。もっとも息子の眠気が限界のため、試合終了を待たずに帰宅しちゃったんですけどね。渋滞で試合開始にも間に合わなかったので、秋山監督は拝見できなかったのが心残りではありますが、週末の野球観戦はなかなか楽しかったです。機会があれば、台湾のプロ野球も見に球場に行こうかな。ナイターもいいナァ。
[PR]
by sara-taiwan | 2011-11-26 23:56 | 台湾で遊ぶ

玄関開けたら日本の飲み屋風

 父母に似ず食がほそーい我が息子。3歳にしてようやくおにぎりの美味しさを知った様子(つい最近まではおにぎりを見せるだけでも眉間にシワを寄せていたのデス)。おかげでおにぎりさえ持っていけばわりとどこのお店にも食事にでかけられるようになりました。めでたい。息子が生まれるまでは西に美味しいレストランがあると聞けば西へ、東に素敵なケーキ屋さんがあると聞けば東へと、食べることに関してだけはフットワークの軽かった我らが食いしん坊一家(というか夫婦)だったものです。ここへ来てようやくそのフットワークの良さを再び発揮できるようになってきましたヨ。この3年半のブランクを取り戻さなくてはっ!

f0222454_23521559.jpg というわけで今夜は焼き鳥屋さんへ行ってまいりました。マンションの1階に入っているこのお店、外から見た限りでは今風のスタイリッシュ系焼き鳥バーみたいなのかナァと思いましたが、入ってびっくり。カf0222454_23524728.jpgウンター席のほかに小さめのテーブルがいくつかの並べられ、壁には木製のメニュー札がかかってるこの小さなお店は、日本のサラリーマンが仕事帰りにふらりと立ち寄るような一杯飲み屋の様相さながら。オモシロイ。こんな場所が近所にあったなんて。カウンターの向こうの大きなセイロの中に茶碗蒸しが蒸されているのが、唯一日本にはないスタイルだったけど。子供用の椅子なんてあるような雰囲気でもなく、今日は息子も大人と一緒にカウンターに座ってお食事スタート。

f0222454_2359395.jpgf0222454_001882.jpg 注文はアラカルトでももちろんOKですが、面倒なのでコースにしました(焼いてくれるお兄さんは日本語できませんでしたし)。まずは青菜のおひたしと冷奴からスタート。おひたしはお通しにしては結構な量。胡麻ダレがかかって美味しい。シンプルイズベスト。

 お店が暗くて写真の写りが非常に悪く(しかも一部は食べかけで失礼!)、あんまり美味しそうに見えませんが、美味しかったヨ!焼きたてをお兄さんがカウンター越しにお皿に置いてくれます。f0222454_1575821.jpgf0222454_1583743.jpgf0222454_15101293.jpgf0222454_15104228.jpg
f0222454_1512153.jpgf0222454_15171394.jpgf0222454_15174268.jpg
 こうやって写真で確認してみると串は6本あったようです。それから茶碗蒸しと焼き魚(すごい大きいのひとり1匹)がついて・・・


f0222454_1522248.jpg
 コースの最後は、冷たいうどんでフィニッシュ。今夜も満腹でゴザイマス。ご馳走様でした。しいて言うならタレのねぎ間とつくねなんかがあったらもっと良かったナァ(完全に個人的な好みの問題デス)。アラカルトだったらあったのかも?!
 台湾でも香港でも日本料理のお店は結構あるけど、考えてみると焼き鳥って案外食べられるところが少ない気がします。貴重だなぁ、このお店。

*鳥
  台中市西屯區大敦20街162號  電話:04-23209572
[PR]
by sara-taiwan | 2011-11-13 23:40 | 台湾そとごはん

和食 de 外食@台中

 食べることがなによりも嫌いだった我が息子。いまだに食べ物にはあまり関心がないようですが、以前のように飲食店からなんとしても早く立ち去りたいと願うほどではなくなってきた今日この頃。最近は週末の夜の外食に、ちょっとずつトライしてみています。今夜は、いつもの散歩道にいつの間にかひっそりオープンした様子の和食屋さんに行ってきました。

f0222454_23422930.jpg 7月にオープンしたというそのお店にはメニューがなく、コース料理のみ。積極的に宣伝などはしていない、とおっしゃっていましたが、結構お客さんが入っていましたヨ。秋らしく美しい前菜は、盛り付け方が日本人センスに近い。板前さんは台湾人なのにどうしてかと思ったら、日本の服部学園卒だそうで。ジュンサイなんて食べたの、いつ振りだったかナァ。


f0222454_23573844.jpgf0222454_2359193.jpg

 続いて、お造りと焼き魚。お刺身は撮影前にうっかり2、3切れ食べちゃったケド。




f0222454_013446.jpgf0222454_02038.jpg

 ステーキに続いて、なぜかキムチ。結婚式で言ったらお口直しのシャーベット的な、意表をつくコース構成!美味しかったけどねっ!


f0222454_045993.jpgf0222454_052484.jpg アナゴとシャコの握りにお吸い物。お吸い物がお椀ではなく瀬戸物の丼に入っているのがちょっと残念。お寿司好きの我がダンナ様は、もうちょっと握りを食べたかったようです。お寿司が食べたいときにはコース以外に追加した方がいいみたい。

f0222454_095676.jpg パンプキンプリン&台湾の美味しいフルーツでコース終了。いやいや、ご馳走になりました。美味しかった♪海外にいると、「日本料理」と謳っていてもヘンテコなお料理が出てくることも常なのですが、多少の台湾風アレンジがあったものの非常に正解に近いお料理だったと思います。ダンナ様は仕事のお食事で日本食を食べに行く機会がちょくちょくあるようですが、妻にとっては非常にめずらしい体験でした。息子もちょっと大きくなったし、これからいろいろ連れてってもらいたいもんだわぁ。そこんとこヨロシク。

*魚楽亭
  台中市精誠五街19號  予約電話:04-23273399
[PR]
by sara-taiwan | 2011-11-05 23:37 | 台湾そとごはん