<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

淡水街歩き

f0222454_17535130.jpg せっかく北投まで来たので、温泉満喫の翌日は北投駅からさらに北へ6駅、淡水へ行ってみました。あっという間に到着です。淡水線の駅はどこもこんな風な立派な駅舎。ちょっとかっこいい~。淡水はオランダ、イギリスに統治された歴史を持っているため、ヨーロッパ風の建物も点在。また、淡水河の河口に沈む夕陽の美しさはとても有名なんだそうで、「台湾のベネチア」と呼ばれる淡水は、f0222454_17492854.jpg台湾ではちょっと有名なデートスポットなんだって。まぁこの日は雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気で夕陽も拝めず、しかもデートではなく子連れで来たんですけどネ。お天気だったらレンタサイクルして紅毛城や眞理街のあたりまで行ってもいいなぁと思っていたのですが、残念。異国情緒あふれる淡水の風景は、次回まで楽しみにとっておきます。あ、夕陽もね。

 ってことで今回は川沿いをちょっとぶらぶら。キレイに整備された川沿いの遊歩道は広くて心地良いのですが、並ぶお店は台湾のいつもの観光地風景。射的や輪投げ、スマートボール的ゲームのお店、食べ歩きできる台湾夜市的食べ物屋さんなどなど。台湾の観光地ってどこへ行っても同じ風景で、ちょっとつまらないです。むしろ家の近くの裏路地の方が私にとっては面白い散歩かも。

f0222454_17593389.jpg つらつら歩いて船着場に到着。乗り物マニアの息子にとってここが今日のメインイベント!ここでは、淡水河の向こう岸まで渡し舟に乗って渡ることができます。船はじゃんじゃん出ていて、対岸の八里までの所要時間はたったの10分ほど。料金は往復20元(約60円)と相変わらず乗り物代は激安(日本の交通費が高すぎ?!)。


f0222454_23152277.jpgf0222454_2316397.jpg

 八里にもやはり台湾B級グルメの屋台が目白押し。フルーツ、お菓子、お肉、パン、茹でたイカやカニ、なんでもありです。
f0222454_23172877.jpgf0222454_23192920.jpgf0222454_2318349.jpg
f0222454_23235932.jpgf0222454_23242710.jpg 小雨がいつ本降りになるかそわそわしながら、ガイド本に載っていた行列のできるドーナツ屋さんでは行列に参加し、


f0222454_2326891.jpg また船に乗って淡水側に戻って、ここだけは寄ってみたかった合泉生釣具行というお店で買い物して帰りました。このお店は1960年創業の、その名のとおり釣具屋さんなのでf0222454_23342112.jpgすが、竹で編んだかごなどがたくさん売っていました。小さいちょっとしたカゴ類も驚くほど安価で売っていました(実は私、無類のカゴ好き)。釣り用の網で作った手提げバッグは、色や柄がちょっとかわいくてどれが良いか迷っちゃう~(最初から買う気満f0222454_23371765.jpg々)。大小全5サイズあって、一番小さいのは35元(約100円)だったので迷う必要もなく大量購入。子供が持ってちょうどいいサイズだし、メッシュだからプールバッグしたり?使い道考えるのも楽しいネ。台湾はどこへ行っても同じ様なお店が並んでるとがっかりしたけど、このお店では唯一淡水らしいものが買えたかも。
 そういえば台湾へ来て2年。国内旅行にはほとんど行っていないので、これから頑張るぞ。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-28 23:29 | 台湾街歩き

電車でGo!北投温泉

 台湾は珍しく4連休。「日本人は働き者」と言われますが、実は日本って祝祭日がめちゃくちゃ多い!いつの頃からかハッピーマンデーなんてことになって、3連休も結構あるし。香港には英国文化が残っていて、イースターやクリスマスに長い休暇があったのですが、台湾にはそんなのなくて長いお休みと言えば旧正月くらい。中国大陸も同じようで、香港に住んでいたとき大陸からの観光客が旧正月と10月の国慶節に爆発的に多かったのも、この連休の少なさからすると仕方ないことなのデス。ま、前置きが長くなりましたが、台湾の土日以外の連休は今年はもうないんだってよ!せっかくなので我が家は温泉に行くことにしました。
f0222454_14562776.jpg 台湾には100ヶ所以上の温泉があるそうで、その多くは日本統治時代に開発されたものだとか。街全体が日本の温泉街の面影を留めているようなところもあるそうです。今回行った北投温泉は台湾では知らない人はいない、最大の温泉郷です。温泉と言えばドライブとか特急電車で行くイメージがありますが、北投温泉までは台北駅からMRT(地下鉄)で行けちゃうというお手軽さもグー!(実際には途中で地上に出ちゃうので、地下鉄と言い切れないけど)台北を出てから30分ほどで到着です。

f0222454_14594299.jpg 北投にはたくさんの温泉宿がありますが、今回は去年できたばかりの北投麗禧酒店にお世話になりますっ!(北投には日本の加賀屋ができて話題になりましたが、1泊7万円はさすがに手が出ません)新北投駅からはタクシーで1メーターで着きました。徒歩では20分となってました(ずーっと上り坂なんだけどね!)。できたばかりのホテルなので、外観はマンションみたい。温泉宿には見えないネェ。

 お部屋はこんな感じ。広々してて気持ちいい。ベランダには長椅子とキャンドル。ウェルカムフルーツはオレンジが3つちょこんと並んでました。f0222454_154305.jpgf0222454_1551629.jpgf0222454_1554759.jpg


f0222454_15111481.jpg お部屋のお風呂は2槽式(って言わないか?!お風呂の場合)。大きい方は温かいお風呂、もう1つの小f0222454_15124251.jpgさい方は冷たい水の蛇口しかありませんでした。水風呂専用?!ヒノキの洗面器にバスローブも完備。トイレは、台湾ではめずらしいTOTO製ウォシュレット完備。しかも便器のフタまで電動でした(これ、台湾に来て初めて見ました)。スバラシイ。

f0222454_1519302.jpg 地下には別に大浴場が1つ、有料の個室のお風呂もいくつかあるそうです。大浴場は子供が入れないということで、ダンナ様と交代で入ってきました。さすがにお風呂にカメラ持っていけなf0222454_15204963.jpgかったので写真はこれだけですが、なかなか良いお風呂でした。台湾では温泉は水着を着て入ることも多いそうなのですが、ここでは水着を着ている人はいませんでしたよ(水着持って行かなかったので、更衣室で『あたしひとりで素っ裸?!』とドキドキしちゃったよ)。あ、更衣室も清潔で気持ち良し(お気f0222454_1525959.jpgづきの方も多いかと思いますが、ホテルでの私の最重視ポイントは清潔か否か、デス)。

 この日はめずらしく新幹線が遅れて到着したのはもう夕方。街の散策もできなかったので、ホテル内を探検。シーズンオフでやってなかったけど、小さい屋外プールあり。他には小さいけれどジムがあったり(血圧計完備)、飲み物や簡単なおやつが置いてある空港のラウンジみたいなサロンもありました。

 1泊2日の料金は夕食代が含まれていなかったのですが、ホテル内には中華、洋食のふたつのレストランがありました。洋食レストランのシェフはコルドンブルー卒だとか。翌日の朝食が洋食だったので夜は中華を。スタイリッシュなお上品な中華コース料理。ヴォリュームは申し分なし。味もそこそこ(最後の麺が努力賞)。f0222454_1531376.jpgf0222454_15313622.jpgf0222454_153222100.jpg
f0222454_15332270.jpgf0222454_15334686.jpgf0222454_15342534.jpg


f0222454_1541598.jpg ロビー横には小さいけれどライブラリーがあって、本や雑誌のほかにDVDも借りれたので、息子と一緒に「トイストーリー3」を借りて部屋に戻ると、部屋には日本酒入りのとっくりとお猪口の差し入れ(あたしは全然飲めないんだけどネ!)。至れり尽くせりですナァ。白濁したお湯をたっぷり貯めてお風呂に浸かった後は、眠くなるまでDVD鑑賞。こんなに近くで温泉満喫できるなんてなかなか良いナ。のんびり過ごせた夜でした。


北投麗禧酒店  Grand View Resort Beitou
  台北市幽雅路30號   電話:02-28988888
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-27 23:04 | 台湾で遊ぶ

我が家のピザ率アップ中

 家から徒歩5分圏内に昨年末にオープンしたピザ屋さん。子供の診療所に行く途中にあるので、最近よくお世話になっています。幼稚園のクラスで2番目におチビさんだと最近判明した我が家の小食な息子、「パリパリしたもの」だけは好んでよく食べるので、ピザはかなりの確立でよく食べるとあって、診療所に行った時には「帰りにピザ買って行こうかっ?!」という話になりがち。おかげでお店のお姉さんにもすっかり顔を覚えられちゃいました。

f0222454_17501327.jpg このお店のある精誠路のあたりは、牛肉麺や餛飩(ワンタン)などの台湾B級グルメのちょっと汚めなお店が多く、オシャレなお店はほとんどないエリア。このピザ屋さんができる前のお店も、オシャレとは無縁の、麺だかなにかのお店だったはず(過ぎたことはすぐに忘れる人)ですが、新しくできたこのPIZZA ROCK、入ってビックリ。壁には絵なんか掛けられちゃってるし、マガジンラックには洋書がおいてあったりします。食器はプラスチックなんだけどネ。

f0222454_11195867.jpg ここのピザ、生地が薄くてヴォーノ!!!「パリパリ」を愛してやまない我が息子も大満足の薄さなのデス(彼は厚めのピザはほぼ食べません。めんどくさいヤツ)。ピザと言っても台湾風味f0222454_17514384.jpgなんじゃないのかと半信半疑だった私ですが、お店のオーナーは欧米人らしく、台湾的勝手なアレンジは一切なしです(よくあるんだナ、こういうこと)。サイドメニューは少なめですが、近所にこういうお店ができてくれるとホントたすかるわぁ~。テイクアウト用のもすいてれば注文して、10分くらいでできます。デリバリーもしてくれるようになったら、もっといいのに。



*PIZZA ROCK
  台中市西區精誠路202號  電話:04-23100228
  営業時間:11時半~22時
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-24 17:06 | 台湾そとごはん

それは今朝突然に

 いつものように6時起床。朝食の支度をしている頃から、水の出が徐々に細く細~くなってゆき、あれあれ?と思ってたら7時には枯れちゃった・・・。朝食のお皿は洗えないまま、突然の断水突入っぽい。マンションの受付に問い合わせてみると、「特に断水の連絡は受けておらず、只今調査中」とのこと。1時間後に息子を幼稚園バスまで見送ったときに再度聞いてみると「突然のタンクの故障&修理」らしい。オーマイガーッ!実は昨日、台中市の広範囲で24時間断水だったのですが、我が家は対象地域に入っておらずほっとしていたところでした。今日の断水は昨日のとは関係なさそうですが、幸い昨日万一に備えて溜めておいたペットボトル2本の水&やかん及びお鍋のお水があってラッキー!飲料水はミネラルウォーターを買っているので、海外だとこの点では便利です。

 今回は「突然の故障」ということなので仕方ないのかもしれませんが、台湾の断水って時間が長い!うちは関係なかったけど昨日の台中の断水は24時間だったし、何年か前の断水はたしか2日間とかそういうレベル長さでした。それでいいのか?台湾の方たちっ!?香港に住んでいたときマンションのタンクの清掃で9時から17時まで断水、ということがあって、その思い切ったスケジューリングにびっくりしたものですが、香港ではトイレだけorトイレ以外だけ、と日を分けてくれていたし、今となっては「結構良心的じゃん!」と思ってしまう私。うちは子供も幼稚園に行っているし、私1人くらいならどうにでもなるけど、赤ちゃんや寝たきり老人のいる家庭などではどうしてるんでしょう。謎です。ちなみに香港にいたときには「9時~5時まで停電」ということもあってこれも不便でした。台湾では停電って今までなかったナ。

 ↑こんな話、日本じゃとても考えられないものだったなぁ。故障とは言え何の予告もなしに水が止まったりしたら、クレームの電話が鳴り止まないこと間違いなかろう(今朝の我がマンションの受付、それほど電話が鳴っている様子はなかった・・・)。香港→台湾と流れ流れて5年半、すっかりこんな暮らしに慣れてしまった私。今となっては「またか・・・」と怒りよりも諦めの方が先です。あんまりいろんなことに期待しなくなってくるのは、いいことなのか否か。日本って本当に「ちゃんとしてる!」って思います。当たり前のことが当たり前にできるってスバラシイよっ!日本に帰って「水道水が飲める」ってことだけでも、もう感動ですものー。

 受付嬢に聞いてみたところ、断水は3時間くらい?とのことですが、これもどういう根拠で言っているのかわからず、あんまり信用してないアタシ(受付のお姉さん、ゴメン!)。せめてお風呂の時間までに直ってもらえるとありがたいデス。ハイ。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-22 11:54 | 台湾で暮らす

台湾の医療事情あれこれ

 旧正月の9連休が終わりようやく日常に戻るかと思ったのですが、息子が中耳炎による発熱で新学期早々幼稚園を休み、母子べったりな5日間を過ごしておりました。先日無事に幼稚園に復帰して、今度こそ日常が戻ってきた今日この頃。

 そんな訳でこのところ近所の診療所に通う日々でした。台中には日本語の通訳さんのいる病院もあって安心なのですが、家からはちょっと離れた場所にあるため、最近では風邪とかちょっとした病気の場合は徒歩で行ける診療所で済ませてしまいます。私が(というか息子が)いつもお世話になっている診療所の先生は英語が話せる台湾人。母はつたない英語&中国語&漢字の筆談&想像力(←これ、かなり重要!)でテキトーにその場をしのいでおります(こんな適当でもなんとかなるものデス。慣れってすごいな)。

 それにしたって台湾の医療費はやっぱりとても安くて、いつも感心させられます。小さな診療所では料金前払いが主流(日本では考えられないシステムです)。小児科の場合、3歳未満は一律100元(約300円)、3歳になってからは150元を支払います。この料金には診察料に加え薬代も含まれているのデス。聞いた話だと、診察の結果なにか特別な処置や薬が必要な場合には、後で追加でお支払いするようです。あ、もちろんこれ、健康保険証を持っていれば、の話です。台湾に住む外国人は居留証があれば保険証を申請することができます。

 安いのに加え、良心的だナァと感心することも多い台湾の保険制度。いつだったか息子が風邪をひいて診療所へ行った際「3日後に再診しに来てね」と言われ、所定の日にちに再診したところ「もう完全に治っているので大丈夫!」と太鼓判を押されて終了。この日ももちろん前払いで150元をお支払済みだったのですが、なんと診察後に「今日はお支払いの必要ありません」と全額返金!一応聴診器をあてたり、喉の様子を診てもらったりしたのに!母びっくり。日本だったら絶対ないだろうなぁ。 それから保険証を持っていれば、大人も子供も歯医者さんでの歯科検診は半年に1回は無料(事務手数料の50元だけ必要でした)なのだそうで。日本だと、特に悪いところのない検診には保険がきかないものですが、台湾はこの辺が根本的に違うみたい。すばらすぃ~。

f0222454_17542573.jpg 余談ですが我が息子、極度の薬嫌い。甘い液体の薬をむしろ喜んで飲むお友達も多い中、我が息子はジュースにほんの3ミリリットル混ぜただけで「これ、おいしくない」と一言。ヨーグルトに混ぜたってチョコのアイスに混ぜたって、すぐにバレて吐き出すか、絶対に飲まない。子供ってへんなところが親に似るって言いますが、この薬嫌いは紛れもなく私に似ちゃいました。残念無念。こんな調子なので、普通の風邪薬などはせっかくもらってもほとんど飲むことなく、いつもたいてい自然治癒。今回は中耳炎なので抗生物質を処方してもらったのですが、全部飲みきらないと意味がない抗生物質、だまし討ちで振り向きざまに無理やりアイスと一緒に口に入れるのに成功した1回以外ほとんど飲まなかったけど、結構元気になっちゃいました。アハハ。
 ちなみに、台湾で子育てするお友達の間では「台湾の病院でもらう薬は強い!」という話をよく聞きます。特に鼻の薬を飲むと子供が異様によく眠るらしい。ま、薬嫌いの息子には縁のないお話ですケド。薬嫌いに薬飲ませるよい方法知っている方、ご一報くださいませ。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-02-09 17:54 | 台湾で暮らす