<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お寿司 de バースデー

f0222454_1634197.jpg 記念日続きでお疲れモードな我らが家族。今日はダンナ様のお誕生日だったので、彼のご希望通りお寿司を食べに行ってきました(もはや家でお祝いする気力のない妻)。鮨楽というこのお店、日本人のお友達ならたいていは知っている有名なお店のようですが、私たちは今日が初めて。通りからは、あまり大きくないお店のように見えていましたが、奥に長いお店の1階はカウンター、2階にはテーブル席のほかに仕切られた座敷もあって結構広い。予約なしでも大丈夫でした。

f0222454_16393394.jpg このお店は炙り寿司が美味しいと評判なのだそうで、握りセットをオーダーするときも「炙り」か「生」かを選ぶシステム(炙りを選ぶと、全部炙るのかナ?!謎です)。私たちは炙りよりも生が好きなので迷わず普通の握り寿司を注文。お店が暗くてなかなか美味しそうな写真が撮れませんでしたけれど、柚子胡椒やフライドガーリックなど1貫ずつ違ったトッピングがされていたり、ちょっと手が込んでいて見た目もキレイ。お味もなかなかでゴザイマス。ただ、注文が通っていなかったり、頼んでいないものが来たり、ハプニング続出だったのがちょっと残念。お店のお姉さんたちはみんな台湾人なのですが、ちょっと日本語の話せるちょっと年配のお姉さん(=おばちゃんとも言う)に「あのー、これもう一人前頼んだんですけど・・・」などと言うたびに、ウェイトレスさん(って言わないか?お寿司屋さんの場合)たちの間に張りつめた空気が。ちょっと精神的に疲れたバースデーランチでした。でも美味しかったヨ。ご馳走様でした。

f0222454_1734422.jpg 帰り道に、予約しておいたバースデーケーキを受け取って帰りました。5日前の息子のお誕生日でケーキもたらふく食べちゃったので、今回はアイスケーキ。その方が保存がきくしネ。息子のチョイスで、三十ウン歳のお誕生日ケーキにはおよそ似つかわしくないかわいらしいものに決定しました。ダンナ様は主役だというのになんの決定権もなかった上、ケーキ用のろうそくも用意していなかったので息子の時に使った「4」のろうそくで済ませました。記念日がもう少し離れてると、もうちょっと盛り上がれるのにネェ。この時期はさらに母の日も父の日もあるけれど、まったくやる気になれませんものー。
 あ、ハーゲンダッツのアイスケーキ、ほかにもいろんな種類があって美味しそうです。ま、味はアイスなんですけど。ケーキだとハズレも多い台湾なので、アイスケーキというのもなかなか良いかもしれません。

鮨楽  Sushiraku
  台中市公益路二段239號  電話:04-22589997
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-27 23:13 | 台湾そとごはん

生日強化月間

 今日は息子の誕生日。中国語では誕生日のことは生日といいます。昨年同様、クラスメイト18人と先生3人が食べるバースデーケーキを幼稚園まで届けてまいりましたヨ。あー、重かった。誕生日当日はこんな風にいつもどたばたして家の飾り付けまでは手が回らなかったことを反省して、今年は前もっていろいろ計画し始めた母。前日夜に息子が眠ってからf0222454_11384379.jpg大量に風船を膨らませるために足踏みポンプを購入したり、秘密裏に準備を進めていました。
 台湾では風船の活躍度は日本より高く(Sara調べ)、幼稚園などの行事の時だけでなく、お店の新装開店などでは風船のアーチみたいなのがたいてい置いてあるし、結婚披露宴や前撮り写真のデコレーションとしては、風船は欠かすことのできないアイテム(たぶん)。文房具屋さんへ行ってみると、いろんな色や形、イラスト入りのかわいい風船が結構たくさん売っていました。しかも安い(5個入りで100円しませんでした)。

 すっかり楽しくなってきたワタクシ、ここでふと「これ、空中に浮かぶ風船だったら、もっとかわいいかも?!」と思いついたのでゴザイマス(息子の誕生日に便乗して、完全に自分が楽しんでる母)。調べてみるとやっぱり!結構あるんだナ、風船産業。台中の私がすぐに行ける範囲でも、何軒も風船屋さんが見つかりました。さらに調べてみるとお店によって特色があるようで、浮かぶ風船ではなくて風船で作った動物などの置物(?)がウリの店だとか、お客さんが自分でf0222454_1354308.jpg浮かぶ風船を作る用の風船とヘリウムガスを売っているお店など見れば見るほどオモシロイ。とりあえず私は、ホームページで見てちょっとセンスがよさそう?!と思った氣球工房というお店に行ってみました。周りには中古家電の買取・修理のお店ばかり並んでいる台中公園近くに突然あるこの風船店、ガラス越しに外から見ただけで楽しそう♪で、一歩入店したらすっかり興奮して、これ1枚以降写真撮るのをすっかり忘れました。それほど広くはない店内ですが、いろんな印刷の入ったゴム風船は数え切れないほど種類があったしf0222454_13594043.jpg、アルミの風船も大きいのから小さいのまで、動物の形やケーキの形、本当にいろいろありました。それ以外にもちょっとしたパーティグッズも売っていました。聞けば無料の配送は3000元(約9000円)以上買わなくてはいけないそうなので、それ以下の場合は自分で取りに来るのかと思ったら、タクシーに風船を乗せて家まで届けてくれる(つまり車内は運転手さんと風船だけ)とのこと。それはまた、ステキに愉快。風船いっぱいのタクシーが我が家前に到着する光景を思い浮かべただけで、ちょっと笑える。もうこのお店に決めました。いろいろな見本を見て、「だいたいこんな感じで」とお願いすると、適当にアレンジして作ってくれるということで注文して帰ってきました。

 朝起きたら風船いっぱいでびっくり!だと楽しいかなと思ったけれど、ゴム風船が浮いていられるのは8時間程度ということで、誕生日当日に息子が幼稚園に行っている昼間に配達をお願いしておきました。風船いっぱいのタクシー画像を撮りたくてカメラ持ってマンション下まで降りていきましたが、社用車(普通の乗用車)でおじさんが運んできてくれました(社用車が忙しいときにはタクシーになるのでしょう、きっと)。配送料として100元がかかりましたが、タクシーでお店まではたしか100元以上はかかったので、良心的なお値段でしたよ。
 夕方にうちに遊びに来てくれたお友達にもお土産にできると思って、普通の風船も多めにお願いしておいたところ、想像を超えるムギュムギュッぷりっ!そして目立つ!1階から家まで運んでいる間も、恥ずかしいので足早に。エレベータに乗ったのは私ひとりだったけど、もう誰も乗れないくらいいっぱいでした(ドアに挟まれたら割れちゃうと思って、乗り降りはいつもには見られない機敏さを見せた私)。

f0222454_17214461.jpg さて、メインだけ選んで詳細はおまかせにした風船アレンジメント(?)は重りをつけて、私の身長より少し高いくらいにできあがってきました。いろんな柄の残りのゴム風船には、銀色の紐をつけてまとめて持ってきてくれましたヨ。あら、ちょっとこれかわいい!(ザ・自己満足!)ちょっとやりすぎちゃった感が否めませんが、なんと言っても我らが家族3人は全員ふたご座。これから1ヶ月の間に全員が誕生日を迎え、間に結婚記念日まで入っちゃうというお祭騒ぎ月間。アルミの大きなバルーンは1ヶ月くらいもつっていうし、週末のダンナ様のお誕生日には間違いなく使いまわせるナ、うっしっし。

f0222454_1804977.jpg 夕方お友達と一緒に息子が帰ってきたとき、さぞやびっくりするだろうと思っていましたが、今朝もらって床に置いてあったプレゼントのトミカのスーパーソニックランナーに一目散で、息子、最初は頭上の風船に気づかず(そんなもんだよネ)。でも、お土産にお友達にも風船あげられたし、なかなかグッドアイデアでございました。船屋さんは1個くらいならすぐに作ってくれそうなので、お友達の記念日などにプレゼントするのもちょっといいかもナ。参考までに調べてみたら、日本の半分か3分の1くらいのお値段のようです。

 なにはともあれおかげさまで、元気に4歳になりました。

ちなみに今年のケーキは・・・
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-22 23:11 | 台湾でお買い物

台湾でも見えた!

 日本では金環日食なんだ、へーぇ、なんて他人事のように思っていましたが、お友達から聞いた話では台湾でも見られるらしい。でも朝の6時半頃なんて、朝食などで忙しい時間だし無理よね、なんて思っていた私。我が家は西向きで窓からは朝日が見えないのですが、6時を過ぎると晴れているのに日差しが暗い、とっても妙な雰囲気になってきて、とっても気になる。普通なら早朝から太陽がギラギラと照りつけるはずなのに、明らかに薄暗い。もはや朝食どころではなくなってきた。普段はあまり見ない台湾のTVチャンネルを見てみると、「肉眼でも見える!」と言っています(日本のマスコミとは大違い)。たまりかねてダンナ様が屋上へ見に行ってきましたが、まぶしくて見えなかったとのこと。息子がまだ爆睡中だったので、交代で今度は私が屋上へ行ってみると、うまい具合に雲がかかっていて、ほんとに肉眼でも見えた(台湾のニュース、あながちウソではなかった)。てわけで、日食メガネもありませんでしたが、普通のカメラで激写。台湾では金環日食ではなく、部分日食だったみたいです。
f0222454_23445445.jpg

[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-21 23:32 | 台湾の行事

エリエーマ

f0222454_954450.jpg



 ダンナ様がガソリンスタンドでもらってきたというボックスティッシュ。久々に「山田くぅ~ん、座布団一枚!」と叫びたくなるヒットでした。その名も・・・


 裏面ももちろんこんなです。台湾でも香港でも、「日本製」であることは品質が良いことの証だと思われているので、オール日本語のこんな表示はいかにも日本でも売っているように思われるのでしょうかネ。ご丁寧にリサイクルの「紙」「プラ」マークまで書いてあります。台湾でもゴミは分別必須ですが、当然こんなマークは誰にも通じませんヨ。使用後はカンタソに折りたためるとのことなので、ちゃんとたたんで紙類に分別して捨てよーっと!f0222454_1054754.jpgf0222454_956265.jpg
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-19 23:51 | 台湾の不思議

子供立ち入り禁止!のおもちゃ問屋

f0222454_11442252.jpg
 以前日本人会の婦人部の会報に記事が載っていて気になっていたおもちゃ問屋さんに行ってみました。子供の入場が禁止ということは聞いていたのですが、お友達の連れていた0歳児すら入場はNGとのこと。みんなで順番にお店を見て買い物することにしました。問屋さんなのでたぶんそうだろうなぁと思っていましたが、クーラーはなし(扇風機がなかったら死にます)。


f0222454_11502566.jpg 倉庫のような店舗の中に入ると、薄暗い通路の両脇の3段棚におもちゃがどっさり、無造作に積まれていました。とても広くてこんな通路が15本ほどかな?おもちゃ屋さんや夜市で売っているようなおもちゃの他に、絵本や文具、お菓子もあったし、タオルや綿f0222454_1159379.jpg棒などの生活雑貨なども売っていましたよ。日本のおもちゃはあまり売っていないのかと思っていたのですが、息子が愛してやまないトミカやプラレールも結構売っていました。シールや小さいおもちゃなどはf0222454_120650.jpg問屋さんなので1袋に大量に入ってます。駄菓子屋さんで売っているようなお菓子は大きな瓶ごとだったりネ。右を見ても左を見てもこんな感じですから、子供じゃなくてもワクワクしちゃうよね!子連れ厳禁は納得です(0歳はいいんじゃないかと)。お店(っていうか倉庫)の中には、平日の昼間だというのに結構お客さんが多い。そしてみんな大量買い。お店を経営している人たちなのでしょうかね。

f0222454_12143096.jpg 商品には値札がついていないのですが、定価の30%引きらしいと聞いていたので、安いんだろうナァとは思ったけれど、これが本当に安かったっ!どうやらレジのおじさんは「半額にしておくよ!」と言ってくれたようです。私はワケあって本日、夜市で売ってそうな子供用サングラスを大量に購入したのですが、これ12個入ってたったの45元(約135円)!夜市の出店ってこうやって儲けを捻出していたわけね。勉強になります。


 台中の中心からはちょっと離れていて、タクシーで400元(約1200円)ほどかかります。問屋価格のおかげで、明らかに買い物代よりもタクシー代の方が高くつきましたけど、なかなか楽しいお買い物でした。


*六信玩具食品行
  台中縣烏日鄉太明路221號  電話:04-23359889
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-10 23:34 | 台湾でお買い物

5月の雪

 日本では「桐」と言うと「タンス」のイメージですが(私だけ?!)、台湾で桐と言えばお花見!お花見には桜よりも断然人気のお花なのでゴザイマス。毎年春になると台湾北部及び中部の山麓が桐の花で白く染まるので、台湾では「5月の雪」と呼ばれています。この桐の花が密集している地域がちょうど台湾四大群の一つの客家人の居住区であることから、客家の文化と組み合わせて毎年今の時期に「客家桐花祭」というお祭が行われます。先日日本に帰ったときに東京駅の旅行会社にもこの台湾の桐花祭のポスターが貼ってあったのを見つけました。この「客家桐花祭」のホームページを見ると、日本の「桜前線」さながらに桐花開花情報が掲載されていいたりします。

f0222454_22222347.jpg 桐花祭で有名なのは三義という場所なのですが、去年急に思い立って昼頃のこのこ三義に向かったら、高速道路の出口で渋滞1時間。ようやく山の上の方に登ってきたかナ?と思う頃、息子が爆睡&突然の雨。おまけに駐車場はいっぱいと、無計画っぷりがアダとなり車窓より見学するに留まった我らが家族。前回の苦い思い出があったので今回は作戦変更。今年もやっぱり大渋滞の三義のインターを通り過ぎて、もうちょっと北へ。f0222454_22453242.jpg頭份というところへ行ってみました。穴場を狙ったつもりでしたが、穴場過ぎるのか着いてみると人がほとんどいない!ま、変に整備されつくしているよりもこういう方が私は好きだけどネ。桐の花は車を停めてから徒歩でさらに上に登らなくては見られません。一応桐花祭は春のものになってるようですが、既に夏の気温。桜の花見みたいにヘベレケになっている余裕はありませんぞ。

f0222454_22472128.jpg 山道を登るに連れて足元に白いお花がポツポツ落ちているのに気づきます。この花こそ、アブラギリ(油桐樹)の花。南国台湾ではハッキリした色の花が多い気がするのですが、ちょっと台湾らしくない(?)白くて清楚な可憐なお花です。花びらではなく花ごと散ってくるのもステキ。時期を狙うとこのお花で埋め尽くされた地面が、真っ白な絨毯みたいに見f0222454_2255349.jpgえるのだそうです。今日もお花は結構たくさん落ちていたのですが、昨日はいちにちひどい雨が降ったせいか散ったお花たちは萎れていて、ちょっと残骸チックになっちゃってました。超残念っ!
 桐花林まで登って頭上を見ると、本当に雪が積もってるみたい。ただ、桐の花は結構高くて、木の下にいると案外お花が見えないのネ!


f0222454_2351941.jpgf0222454_2362777.jpg
 唯一1ヵ所だけ低いところにお花が咲いている木を見つけたので、左手でさらにちょっと引き寄せて写真を撮ることができました。小さいお花が丸く群がって咲いています。本当に可憐な姿。


f0222454_2381019.jpg 山頂から見下ろすと、ところどころにこの桐の花が見えて、本当に雪が積もっているみたいです。今の時期は高速道路を走っていても、車窓から山の上に白く積もる桐の花が見えますヨ。久々にハードな休日でしたが、やっぱり来てよかった♪最近はずっと雨続きだったのですが、今日は奇跡的にいちにち良いお天気だったしね!(でもやっぱりひどく日焼けしちゃった・・・美白美白!)でもやっぱり三義の桐花はもっとすごいのかしら?!台湾にいる間に一度見てみたいナ。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-05-01 23:52 | 台湾の行事