<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

1度ならず2度までも?!

f0222454_17175210.jpg どうやら今年の台湾は台風の当たり年のようで、ワタクシ台湾に来て3度目の夏ですが、こんなに台風が来たのは初めてデス。ま、そもそも台風の多い場所ではあるんでしょうけどネ。今までまともに台風をくらったことがないのがラッキーだったのかもしれません。ただ、台中は地理的に台風の被害を受けにくい場所ではあるみたいです。

 香港も台風に関してはしっかりとルールが決められていて、台風の接近度によって5段階の警報が出され、テレビの画面やショッピングセンタf0222454_17195725.jpgーなどにも看板が出ます。香港ではシグナル8以上だと学校や企業は基本的にお休みになります。台湾の場合はシグナルはありませんが、台風が近づくと翌日の出勤や登校はどうなるのか、テレビなどで発表されます。たとえばテレビの画面を撮った左の写真には「台東県は、今日は会社も学校もお休み」という情報が書かれています。中国語で「班」は「勤務」の意味、「課」は「授業」の意味なので、「停班課」となれば会社も学校もお休み、というワケです。

 私は生まれてから30年弱ずっと関東地方に住んでいたので「台風は南西から北東に進むものだ」というのが常識だと思っていたのですが、香港に移り住んだとき場所によってはそうではないのだなぁ、と目からうろこの心境でした。ま、考えてみれば当然なんですが、台風が四方八方からやってくるのってものすごく新鮮だったのです。そして日本では「台風一過」と言って台風が行ってしまうとたいてい良い天気になるのが普通でしたが、香港でも台湾でも台風の後はたいていあんまり天気がよくない気がします。台風事情もところかわればいろいろ違うものですネ。

 今月は月初にも台風が1つやってきましたが、先週の金曜日には「天秤」という名の台風(日本では台風14号と呼んでますが)の影響で、台中市は前日夜に停班停課が発令されました。結局、翌日になってみるとほとんどf0222454_1730305.jpg雨も降らず、幼稚園がお休みの子供の体力に振り回されただけに終わったのですが、なんと今日は、先週東から西に去っていったはずの「天秤」がブタのしっぽのようにくるりと回って、また台湾に向かっているというからビックリ!同じ台風に2度も遭遇するとは、なかなかできない体験ダ。幸い今回は会社も学校も(幼稚園も)お休みにはならず、台中は少し雨が降った程度ですみました(台中は先週早まって停班停課を出してしまって失敗したので、今回は慎重に昨晩なかなか発表がでませんでした)。教訓:台風は過ぎ去ったからといって気を抜いてはいけません。でも、「2度あることは3度ある」なんて言いますが、今回はさすがにないよネ?!
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-28 23:01 | 台湾の常識

文化の違い?!なんだろうけどサ

f0222454_13108.jpg 道を歩いていたら、固いコンクリートの上でおじさんが寝ていました。道の反対側には草刈道具放置。どうやらお昼寝中のようです。聞いた話ですが台湾では幼稚園はもちろん小学校から高校まで、昼食後にお昼寝の時間が設けられているらしい(学校ではお布団をしいて寝るのではなく、机に突っ伏したりして寝るらしい)。学生さんだけでなく、台湾人の社会人にとっても、この昼寝の習慣はめずらしいことでf0222454_1321469.jpgはないらしい。会社ではさすがに時間が設けられてるわけではないでしょうけど、自主的に(?)昼寝をしていても別にいいらしい。先日店舗の内装工事をしている現場を通りかかったとき、作業しているお兄さんが5人くらいが見事に全員、まだ作り途中の棚の下や床の上で寝ていたのでちょっとびっくりしたけど「あぁ、今お昼寝なのね」と納得。たいていのことにびっくりしなくなったのは、先日海外暮らし7年目に入ったせいか。それとも単なる年の功か。

 デパート内を犬を連れて歩く人を見たときにも最初は「台湾って、それでもいいのー?!」とびっくりしたものですが、私が美容院に行くとたまに遭遇する女性はシャンプーのとき仰向けに倒されてても、愛犬のマルチーズを自分の膝の上にのせたままですし、「いいんだ、いいんだ。台湾だからっ!」と黙認(もちろん注意する気はさらさらないけどネ!)ところが、そんな私でも今日は久々にビックリするような事件に遭遇しちゃいましたヨ。場所はデパート内のティールーム。私たちがお茶を飲んでいるとき、お店に入ってきたお客さんの女性が手に持f0222454_13155019.jpgっていたのは・・・鳥かごに入ったオウム3名様っ!しかも鳥かごはお出かけ用なのか、ちょっとコンパクト&お洒落なリボン付き(お出かけ用の鳥かごがある時点でおかしいだろっ!と突っ込みたい)。まさかまさかと思っているうちに、ウェイトレスさんがその女性&小鳥ご一行様を私たちの隣の席に案内してしまいました。さらに「まさか・・・」は続きます。鳥かご、席まで持ってきたけれど、当然床とか窓辺とかにおいてくれるよね、と神に祈るような気持ちだった私たちの期待を裏切って、テーブルの上に置いちゃったよ!この人はっ!(さすがに近すぎて写真がこれ1枚しか撮れずよく見えない) その後、お店で頼んだサンドウィッチかなにかをお店のスプーンで小鳥様に与えてるし、しかもウェイトレスさんはそれを見て「かわいいですね」みたいなことを女性と話してるし・・・ありえない、ありえなすぎるっ!一緒にいたお友達(中国語がご堪能)がたまりかねて、ウェイトレスさんにこっそり「ちょっとどうにかならないものか」と言ってくれたのですが、お店の人たちが裏で話し合った結果、小鳥様の飼い主様にはなにも告げることなく、私たちが今より狭い別の席に移動する、という形になりました。お店の方はいやな顔ひとつせずに対応してはくれましたけど、これじゃまるで、「日本人の奥さんってば細かいナァ。いやなら席を移ってね」の図。ちなみにその後、私たちが座っていた席に後から来るお客さんを観察していたのですが、小鳥様に誰一人驚くことはなかった・・・。これって普通?!普通なんだよな、台湾では。きっと。
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-16 12:58 | 台湾の不思議

携帯に便利な紅茶屋さん

 暑い暑い夏。ちょっと外へ出ると汗だーらだらの喉カーラカラな毎日。でも、台湾にはちょっと歩けばお茶スタンドがあるし、お値段もコンビニで買うペットボトルよりも安いので、汗をかいたらこまめに水分補給!これ大事!台湾のお茶スタンドでは注文したらすぐに作ってくれて、冷たいお茶だとお湯で淹れてから氷でぎゅっと冷やしてくれて、こんなに手間がかかってるのに1杯(500ccくらいある)100円前後。安いのだと1杯20元(60円くらい)だなんて、申し訳ないくらいです。お茶スタンドってほんとに大丈夫なのかナァ。

f0222454_2391078.jpg 先日、たまたま喉が渇いてお茶を買った紅茶専門のIt so teaという名のお茶スタンド。よく前を通っていながら利用したのは初めてだったのですが,、それ以来すっかり気に入ってアイスティが飲みたい時はかなりの頻度で駆け込むようになりました。メニューはそれほど多くなくて、紅茶ばかりで20種類程度なのですが(台湾のお茶スタンドメニューはかなり多いので20種類だと少ない方だと思われます)、何が良いってここ、お茶をペットボトルに入れてくれること(もちろん味も美味しいデス)。普通はf0222454_23115316.jpgプラスチックのカップに入れて、セロファン(?)で密封してくれる(↑こんな感じ)のでセロファンにストローをさして飲むのですが、ペットボトルだとすぐに全部飲めない時にはキャップをすればカバンの奥底に入れられるし非常に便利♪今日はストレートのダージリンとウバのミルクティを頼んでみましたが、ボトルの形が微妙に違ってちょっとカワイイ。2本のボトルをプラスチックの留め金で1つにまとめて渡してくれました。どうやって封をしているのかは見えないのですが、キャップはちゃんとコンビニで売ってるのと同じ風にきっちりと密封されています。

 このお店で私が唯一困っていることは、メニューが全て漢字表記で、英語の紅茶名も書いていないので、毎回店先でメニューとにらめっこ。「大吉嶺」は「ダージリン」とわかるのですが、「爪哇」はたぶん「ウバ」。「斯里蘭卡錫蘭紅茶」は「スリランカ」はなんとかわかったけれど「セイロン」茶だということは今調べてようやく判明。勉強になりまッス。

It so tea   一手私藏世界紅茶
  台中市美村路一段126號  電話:04-23262777
[PR]
by sara-taiwan | 2012-08-05 22:41 | 台湾でティータイム