<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

假日玉市

 相変わらず激務に追われる我が家のダンナ様。土、日を続けて休むこと自体、最近はめっきり減っている様子。4歳になった息子もいろいろわかってきて最近は「えー!なんでサタデーはノースクールなのにパパは会社なのー!?」などとクレームを言われることもしばしば(うちの息子、幼稚園では英語がメインなので、ルー大柴化が止められず)。お父さんはツライわね。
 今日もパパが出勤だったので、母と息子はバスに乗り、假日玉市(土曜日の午前中しかやっていない玉市)に行ってみることにしました(厳密には午後2時くらいまでは開いているらしいです)。「玉」と言えば、もともと中国では美しい石、宝石の総称で、玉の中でも特に翡翠が珍重されたことから、「玉」というと翡翠(ヒスイ)を指すことが多いのデス。翡翠はパワーストーンの中でもとくにパワーが強く、身につけるだけで魔よけにもなり、開運へと導いてくれるのだそうで、信心深い台湾人にとっては翡翠は特別な存在。翡翠が壊れると「身代わりになってくれた」と考えるのだそうです。実際私の中国語の先生も、以前バイクで転んだ時には翡翠のブレスレットは割れたけど、自分は大丈夫だったと言っていましたヨ。玉市というのはその翡翠のお店がたくさんならぶ市場のことです。
f0222454_1271943.jpg 台中には、文心路と中港路の交差点近くにも文心路玉市(金~日のみ)があって、お土産用に小さなストラップを買ったり、ブレスレットを買ってペーパーナフキンを留めるのに使ったりしていたのですが、今日訪れた台中公園隣の假日玉市は、聞くところによると一応本物の淡水パールが激安で売っているというので、前から行ってみたかったんだナ。日本人のアタクシ、翡翠を素敵に身に着けるのはちょっと難しいけど、淡水パールならちょっとほしいかも。

f0222454_1212416.jpg  台中の假日玉市はこんな感じ。入り口は少しわかりづらいですが、一部のお店は外に面したアーケードに出ているのでぶらぶら歩いていると奥へ奥へとどんどんお店が続いているのがすぐにわかります。前述の先生に聞くところによると、玉市は観光客がf0222454_1229939.jpg行くところであって、先生も行ったことないということでしたが、結構お客さんがいて賑わっていました。雰囲気は香港の玉市と少し似ています(香港の玉市の様子はこちら→)売っているのは翡翠を中心にしたいろいろな石のアクセサリーや彫刻などの置物、それから茶器や骨董品などなど、玉以外のお店も結構あって面白いです。

f0222454_12375896.jpg 今日は息子連れとあって買い物は時間が勝負。いろいろ見たい気持ちはグッとおさえて淡水パールのみに着目していると、あるある!以前玉市に来た時にはパールに着目していなかったせいか、それともここの玉市だからなのか、パールのお店はすぐに見つかりました。左の写真左側のテーブルは、もとは白い色ではなく、全面にパールが並べられているのでした。粒の大きいもの小さいもの、丸いのやちょっと楕円やしずくの形なの、ブラックパールやピンクパール、いろいろ売られていました。知らずに行ったら高いのを売りつけられるのではf0222454_12432685.jpg、とビビッて値段も聞けない小心者の私ですが、「安い」と聞いていたのでお姉さんに聞くとホントに安かったーっ!まぁ高級なパールというわけではないのでしょうけれど、短いネックレスだと安いのは100元(約300円)。トミカ1台より安いでないのっ!このお店で長いネックレスで一番高かったのは600元で、f0222454_1249581.jpgちょっと高いナと思ったけど冷静に考えると2000円しないのか。(ものの値段が最近よくわからなくなることがある最近のアタシ)。買い物魂に火がついた母は、退屈そうな息子をだましだまし、いろいろゲットしてきました。運よく(悪く?)ちょうど玉市の前が台中公園なので、罪滅ぼしに買い物の後は2時間遊ぶのに付き合いました。でも、台中に引っ越してきた1歳半の頃は子連れでとてもこんなところには来られなかったけど、息子とこうしていろいろ楽しめるようになったのは、とても嬉しいナ。あ、でも次回ここに来る時には、やっぱり彼には留守番しててもらいたいものデス。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-01-26 23:40 | 台湾でお買い物

豆花

 台湾には、豆花というデザートがあります。香港では豆腐花という名前で呼ばれていましたが、どちらもほぼ同じアジアンスイーツ。わかりやすく言うと豆腐の上にいろいろトッピングした甘いデザートです(豆腐よりはやわらかいようですが、味はほぼ豆腐です)。香港ではマンゴーなどのフルーツのソースなどがかかっているものも結構あったのですが、台湾では小豆や緑豆などの甘いものがかかっているのが主流。香港に住んでいる時は、豆腐に甘いシロップなどをかけていただくのに超違和感があって、内心「鰹節と醤油がほしい・・・」などと思っていた私。でも、このところ豆花を食べる機会が続いて、今さらながら豆花の魅力にはまってマス。
f0222454_15544217.jpg これはお店でいただいた温かい豆花。紅豆(小豆)や粉圓(タピオカ)、芋圓(芋だんご)、薏仁(はとむぎ)、緑豆、花生(ピーナッツ)など、トッピングはお好みでいろいろ選べます。私はタピオカ好きなので紅豆と粉圓は外せません。私としては日本ではお汁粉みたいな位置づけのデザートな気がしていますが、台湾ではこれ、ラーメンのどんぶりのような器で1人前。おやつにしてはかなりお腹いっぱいになります。間違いなくダイエットにはよさそうです。
f0222454_16183441.jpg もちろんお持ち帰りでもOK。近所を歩いているだけでも、豆花を売っている小さなお店はすぐに見つかるほどなので、ときどきふらりと立ち寄っておやつに持って帰ったりします。今日は冷たい豆花を食後にさっぱりと。はとむぎを入れてもらうとものすごいお腹がいっぱいになるので、食後にいただくときには薏仁はトッピングしないのがワタシ流。お好みで生姜汁をかけてくれます寒い日にはとても体があったまるんだナ。お店によっては生姜汁を加えるとかなりビリビリくるところもあります。

 豆腐を甘くしてデザートになっていることも、さらにそれに生姜をかけるのも、日本人にはちょっと馴染みがなくて面白いです。余談ですが息子の通う幼稚園の午後のおやつのメニューも麺やお粥の日があったりするようですし、台湾ではミニトマトと言えばフルーツにカテゴライズされていますし、日本の「おやつ」と台湾や香港の「おやつ」の定義は明らかに違うと感じる今日このごろ。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-01-14 23:51 | 台湾でティータイム

知らず知らずにコレクション

 早いものでこの1月で台湾に来て3度目のお正月を迎えました。と言ってもこちらは旧暦のお正月がお祝いなので、1月1日がお休みだっただけで2日からはダンナ様は出勤、息子氏は登園とあっさりしたもの。日本とは違い、台湾も香港もクリスマスツリーは旧正月まで出しておいても全然オッケーなので、ズボラなあたしも台湾風に家にはまだクリスマスの飾りがチラリホラリと出しっぱなしにしてますが(そういやぁ私、12月の大掃除の時期には「こっちのお正月は旧正月だから1月にやろー」と放置し、結局旧正月前にもボヤボヤしていて大掃除らしい大掃除をしていない気がする・・・ま、いっか)、気が付けばもう今年も24分の1が過ぎちゃった。

f0222454_17231039.jpg 今年は2月10日が旧正月の元旦。先日文房具屋さんに行って、お正月の飾りなどを仕入れてきました。今の時期の文房具屋さんは玄関や壁にさげるお正月飾りや紅包というお年玉を入れる袋など、赤や金でとってもにぎやかな様子です。f0222454_17252564.jpgふと手に取ったお年玉袋、赤字に布が貼ってあり「壽」などの文字が書いてあってちょっとかわいいなぁと思ったら、日本語で「スムーズに大吉」と書かれたバージョンもあって、私ひそかに苦笑。日本には絶対売ってない素敵なデザインやヘンテコな文字の入ったお年玉袋など、ついつい買ってしまうクセのある私。香港ではマンションの受付の人やお掃除の人に大量にお年玉を配る習慣があったのですが、台湾ではお年玉をあげるような人がいないので、我が家に大量にコレクションされているお年玉袋は増える一方デス。困ったもんだ。

 ところで台湾の文房具屋さんって、じっくり見ると結構面白くて、買い物帰りにちょっと寄ったりするとついつい長居してしまう私。そしてお値段も日本に比べるとちょっと安いので、ついついちょこちょこ買ってしまいます。たとえばポストカード。安いものだと20元とかで買えます。f0222454_17384383.jpg
 台湾の代表的な飲み物や食べ物、風景などの写真が載ったちょっとシャレのきいたこのシリーズ、結構好きです。台湾の地図がパズルのようになっていて、はがすと各地の美しい風景が下に隠されている、というのもあります。

f0222454_17413012.jpg


 切り取って組み立てると獅子ができあがるポストカードもなかなかキュート。



f0222454_17421841.jpg こっちはつい先日見つけた、台湾のタクシーの柄のポストカード。台湾のタクシーは黄色と決まっているのですが(だから黄色の乗用車って台湾にはめったにいません)、車種はいろいろ。このポストカードのタクシーたちもちょっとずつ車種が違っててちょっとかわいいでしょ。台湾のことよく知らない人だとあまり面白くないかもだけど。

f0222454_1745636.jpgf0222454_17482082.jpg 最近よく買ってしまうのが付箋紙。根気よく探すと、小龍包の形のとか、メモ型になっている付箋のメモなどなどいろいろ見つかって楽しい。ピザの形の付箋のしおりは1枚めくるごとにピザの具(?)が微妙に違うのがちょっとニクい。こういうのは日本の文房具屋さんにもありそうだけど、お値段はきっと台湾の方がずっと安いです。他にも名刺サイズのメモカードや磁石で挟むタイプのしおりなど、数十円で買えるちょっとカワイイ文房具がたくさんあって、私はたまに日本に帰国するときにちょっとお友達に渡すお土産にするついでに、自分の分もちゃっかり買っています。あぁ無駄遣い無駄遣い。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-01-14 18:02 | 台湾でお買い物