<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

病院の話、あれこれ

 新しく台中に引っ越してくる日本人のお友達が最初に心配することのひとつが、病院のこと。もちろん私もいちばん最初に確認したことのひとつでした。特に子供がいると予防接種もあったり、急な病気でかかることも予想されますからネ。でも心配ご無用。台中には日本語の通じる病院もちゃんとあります。

 いちばん大きくて多くの日本人がお世話になっているのは大里というところにある仁愛醫院(日本語サイトはこちらをクリック→)。大きな総合病院で、どの科にかかるときも日本語のできる通訳さんが付き添ってくれます。私も初めて子供の予防接種で行ったときには、タクシーを降りた場所から最後の会計窓口までずっと通訳さんが付き添ってくれて、大助かりでした。特に引っ越してきたばかりの頃は、言葉も全くわかりませんから、ありがたい気持ちでいっぱいになったものです。あまりにも丁寧に対応してくれるので、台湾生活に慣れてきてからは風邪程度で通訳さんの時間をとらせるのが申し訳なく(かと言って、通訳を断わって先生の話を聞ける勇気も語学力もなく)、家から歩いて行けるクリニックで済ませたりしています。もちろんそこでは日本語は通じないのですが「熱は×△度」とか「咳」とか「鼻水」程度がわかれば十分だし、最悪紙に書いていけばたいていのことはわかるのが漢字の国の便利なところ。大里は台中の隣の市ですが、タクシーで20分ほどかかるので、病気の子供を連れ歩くよりは近所の方がいいですしね。私を含め台中に住んでいる日本人の方はみんな、症状や程度によって病院をf0222454_145274.jpg使い分けているようです。医療レベルは日本に比べても遜色ないと聞きますが、私の感じる限りは特に心配はいらない気がします。病院の様子も日本ととても似ていて、診察が終わって会計の後薬局に行くのも同じ。日本と違うのは診察券がないことくらい?!台湾の病院はどこでも診察券というものがありません。健康保険証があればいいので、いろんな病院の診察券でお財布がいっぱいにならないので便利です。

 駐在員とその家族は、会社にもよりますが年に1度健康診断の費用を会社が負担してくれることが多いようです。その際にも大里の仁愛醫院に行く人がほとんど。半日かかる詳しいものから、1時間程度で終わるものまで、検査の項目によりコースもいろいろ選べます(会社で負担してくれる場合は選べなかったりするかもですが)。私が台湾で最初に受けた健康診断は、とても詳しく調べてくれるコースだったので(会社の総務の人が予約してくれたので当日まで知らなかった)、内臓の検査以外にも視力、聴力、歯の検査もあったし、日本では受けたことがないような鼻のファイバーまで体験できちゃいました。健診の結果も日本語に訳した書面でいただけるので、安心です。

 ところで。ワタクシゴトですが、今年も3月に仁愛醫院で健診を受けたのですが、子宮頸癌健診でひっかかってしまい再検査になってしまいました。ここに書いているくらいなので、再検査の結果は大丈夫だったのですが、結果が出るまでの1週間はヘビの生殺し状態で生きていました。あぁよかった。
 今回、再検査にあたって、子宮頸癌の再検査に全身麻酔を使用すると聞いてちょっとびっくりでした。私、なにげに医療事務の資格など持っていて、病院でアルバイトしていた経験があるので、病名や検査についてちょっとだけ知識があるのですが、日本では全身麻酔までは使わないような・・・帝王切開だって半身麻酔なのにね。もともと生みの苦しみには耐えるものだというのが日本人ですが、台湾では「なぜわざわざ痛い思いを?」と考えるみたい。もちろんビビりの私「日本では麻酔なんてしないので結構です」とかっこよく断れるはずもなく、「痛くないならその方がいいや」と郷に入っては郷に従え。思いもかけず全身麻酔体験してきました。今回の麻酔は全身といっても30分ほどで目が覚める簡単なものだったのですが、麻酔をともなうと検査ではなく手術にカテゴライズされるため、手術着に帽子姿、コンタクトも外されて手術室に運ばれるという、日本でもなかなか遭遇しないピンチっぷりでした。あぁ、ほんと、健康ってありがたいですネ。

f0222454_1418575.jpg そして最後にもうひとつビックリ。もともと台湾の医療費は安いなぁと感じていたのですが、全身麻酔で検査をしたのにもかかわらず、お値段はたったの240元(約720円)。検査前の問診のときとほとんど変わりませんでした。どういう計算になっているのかわかりませんが、台湾の医療費はほんとに良心的だなぁ。そしてそんなに安いなら病院はものすごーく混みそうなものですが、案外そうでもないのも不思議。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-23 23:10 | 台湾で暮らす

甘い、ジューシー、パイナップル♪

 いちご狩りにでかけたのはつい1か月前のことですが、その後まもなくいちごシーズンは終わり、ただ今フルーツ売り場も様変わり。待望の愛文マンゴー(アップルマンゴー)も出始めました。フルーツの美味しい季節の到来です。

 マンゴーはまだ出始めでハズレもあるのですが、近頃はパイナップルがウマいっ!私、もともとフルーツを食べなくても生きていけるタイプの人間だったのですが、白状すると「フルーツって美味しいんだ!」と気づいたのは、実は台湾に住まうようになってから。パイナップルなんて、缶詰のイメージしかなかったので、わざわざ買ってまで食べる気もなかったのですが、台湾のパイナップル食べてからは価値観がガラッと変わりました。甘くて瑞々しくて、今となっては缶詰のパイナップルなんて食べられないかもしれません。昔ケーキ作りを習っていた先生(元パティシエ)が、「100円のシュークリームを美味しいと思えなくなってしまったことが不幸だ」とおっしゃていましたが、台湾の安くて美味しいフルーツを食べてしまったら、ゆくゆく日本に帰った時、どうしましょう。親に似ずフルーツ好きの息子(彼はフルーツで生きていると言っても過言ではないほどフルーツが好き)、近頃は1日3回パイナップルやマンゴーを山盛り食べていますが、そんな贅沢は今だけなのだゾ、と教えてあげたい。

f0222454_12443747.jpg 台中では、旬のフルーツなどを積んで産地から売りに来ているトラックのお店(?)に遭遇することがあります。今日はパイナップルを山積みにしたトラックに偶然出会いました。我が家の冷蔵庫にはすでにパイナップルはあったけど、おじさんのトラックに積まれたパイナップルがあまりにも大きくて立派だったので素通りできませんでした。「1つちょうだい」と言うとおじさんが山からひとつ選び取って、トラックの後ろの台に乗せたまな板とやけに立派な包丁であっという間に切って、ビニールf0222454_12463653.jpg袋に入れてくれます(使い込まれたまな板は、衛生的に大丈夫だろうか・・・とか細かいことは見て見ぬふり)。お値段は重さで決まります。今日買ったのは1個93元(約270円)。おじさんは「これは△〇パイナップルだよ」とパイナップルの種類を教えてくれたのですが、聞き取れず。ジュースがいっぱいで甘かった~。今度シャーベットにするっていうのも美味しそうだなぁ。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-18 23:31 | 台湾のフルーツ

認識台灣學習地圖

 先日おもちゃ屋さんで売っていた「認識台灣學習地圖」。子供用のポスターですが、地理だけでなく名物や名産、観光地などなど、台湾のすべてが詰まっていて大人の私の方がむしろ食いついた。おもしろいなぁ、これ。最近の私、ヒマさえあればこのポスターを眺めています。こうやって見ると、まだまだ行っていない場所や見たいところがいっぱいあるなぁ~。
f0222454_23273825.jpg

[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-15 23:26 | 台湾の常識

シャッター前 de お魚づくしランチ

 今日のお昼ご飯は市場の中の魚屋さんにて。日本統治時代の約90年前にできたという昔ながらの古い建物が並ぶ第二市場に、美味しいお魚が食べられるお店があるとずいぶん前に聞いたことがあったのですが、先日たまたま通りかかった時にこのお店を発見したのです。以前聞いた話では完全予約制で何か月も先にならないと予約がとれないという話だったので諦めていたのですが、先日通りかかった時にお店のおばちゃんが「f0222454_1754352.jpg予約のシステムはやめて並んで待ってもらうことにした」と言っていたので、今日はお友達と開店時間間際に行ってみることに。
 第二市場の中にはご飯を食べられるお店が結構たくさんあるのですが、今日のお目当てのお店である丸一鮮魚行がある細い路地にはほかにもさっと食べてさっと帰るタイプのお店がたくさん並んでいて、お昼時はものすごく賑わっていました。

f0222454_1784448.jpg ここが丸一鮮魚行、またの名を楊媽媽立食というそうで、日本語にすれば楊(ヤン)母ちゃんの立ち食いのお店、といったところでしょうか。お食事は11時からですが、お魚屋さん業は朝の8時からやっているので、f0222454_17122563.jpgガラスのショーケースの中にはお刺身などの美味しそうなものがいっぱい並んでいます。お食事はこのショーケースの前に並べられた5個ほどの丸椅子と、反対側のシャッターの前にテーブル席(こちらも丸椅子)が10席ほどあるだけの狭いスペースでいただきます。運よくすぐに座れた私たちの席も、そのシャッター前でした。

f0222454_17183620.jpg 単品のメニューもありますが、いろいろと面倒そうなので「ひとり△△元で!とお願いするおまかせコースにしました。周りの人を観察していたらたいていみなさんコースにしていたようでした。いくらぐらいが相場かよくわからなかったので「ひとり500元じゃ多い?少ない?」と聞いてみたら大丈夫とのことで500元でお願いしました。まず運ばれてきたわさびには顔が♪


f0222454_17203752.jpgf0222454_17205847.jpg
 そしてお食事スタート。オーダーが終わるとすぐにじゃんじゃん運ばれてきます。まずはう巻き。そしてお稲荷さん&海苔巻き。う巻き、うまかったー。


f0222454_17225991.jpgf0222454_17231565.jpg
 蝦のサラダと、イカのサラダ。蝦の方はマヨネーズが甘いのがちょっと台湾風でしたが、イカの方はちょっと和風なドレッシング。市場にあるお魚屋さんなのでネタは新鮮。


f0222454_1729875.jpg そしてお刺身盛りでコース終了。こんなのスーパーで買ったら1000元はしちゃうヨ。それと写真撮り忘れちゃったのですが、アラ汁もつきます。しかもおかわり無料。このアラ汁、ブリやサケのアラのほかにゴボウやニンジン、厚揚げなどなど本当に具だくさんでこれだけでもご飯1杯食べられます、私。ほかに、単品で握りや軍艦のお寿司を頼んだりもできます。以前、完全予約制だったときのメニューをインターネットで調べて見ると、800元で焼き物やちょっと手の込んだお魚料理が食べられたようですが、簡単なお料理にして回転をよくしたのかもしれませんね。でも1500円ほどでこんなに食べられるなら、十分満足でございます。ちなみに後から隣に来たおばちゃんは「300元で!」と言っていたし、周りを見回すと500元だと結構豪勢な方らしかったです(キョロキョロしすぎ!)。

 すっかり満足して、ショーケースの中をのぞくのをすっかり忘れましたが、今度はお刺身買って帰るのもいいなぁ。どうやら今日いただいたう巻きも売っているらしい。この丸一鮮魚行、日本統治時代に日本人から「美味しいお刺身を食べさせてほしい」との要請をうけてオープンしたお店だとか。お店の名前にもなっている楊さんというちっちいおばちゃん、とってもかわいい人です。日本語もちょっと喋れます。



*丸一鮮魚行(楊媽媽立食)
  台中市三民路二段第二市場內33、34、35號
  電話:04-22222610  営業時間:8~16時(ただしお食事は11~16時)
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-12 17:45 | 台湾そとごはん

速い安いウマい!の台湾ごはん

f0222454_11152869.jpg 台湾に引っ越してくる前、「台湾と言えば?」と聞かれれば「小籠包」と「烏龍茶」というイメージを持っていた私(The 単純!)。日本の本屋さんで、小籠包の写真が載っていないガイド本を探すのは至難の業と言っても過言ではないくらいです(そんなことないですか?!)。だから台中に引っ越して来れば、近所のそこらへんにいっぱい小籠包のお店があって、「今日はご飯作るのメンドクサイから、小籠包でも食べればいいかっ!」てな生活が待っているのだと思っていたのです(どこまで手抜き主婦?)。ところがドッコイ。小籠包が食べられるお店、案外少ない。観光客が多い台北だとそんなことはないのかもしれませんが、ここ台中ではわざわざ探して行かないと小籠包はなかったりします。かの有名な鼎泰豐(ディンタイフォン)が1年ちょっと前にようやく台中に支店が出してからはようやくなんとなく小籠包が身近になった感じです。
 私のこの「台湾と言えば小龍包&烏龍茶」という持論を中国語の先生に言ってみたら、「えーっ、なにそれ?!」的反応。台湾の人たちにとってみれば小籠包って、鼎泰豐が大ヒットした故に台湾の名物に成り上がったけれど、台湾ではもともと日常的に食べるものではないとのこと。考えてみれば小籠包って、上海発祥のお料理ですものネ。日本でバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣はチョコレート業界が仕掛けたと聞きますが、それに似てるような?(違うか?)。そういえば以前香港人のお友達に日本人のイメージを聞いたところ「『とりあえずビールを飲む』そして『麻婆豆腐が好き』な人たち」という回答をいただき、「へーぇ」と思ったものデス。何事にも誤解はつきものということかしらね。

f0222454_11334361.jpg えーっと、すっかり話がそれちゃいましたが、今日のお昼はそんな小籠包を食べに行きました。向上路に小籠包が美味しいお店があるって聞いたものですから。いろんな商店が並ぶごちゃごちゃした向上路に、人の出入りが一際激f0222454_11345220.jpgしいそのお店は、すぐに見つかりましたとも。台湾ではほとんどのお店が同じスタイルですが、厨房はお店の入り口の軒下。蒸篭がうずたかく積み重ねられ、湯気が上がっています。こちらでは若いお兄さんが小籠包をどんどん包んで蒸篭に並べていましたヨ。細かくひだを寄せて包まれた小籠包たちは、とても美しい~。

f0222454_11401752.jpg
 お店の中は、これまた台湾によくあるきれいでもなく、汚くもなく、な感じ。ただ、床はちょっとベタッとしていますが、これまたよくある話ってことで。仕事のお昼休みのおじさんおばさん、OLさん風の女性もひとりでふらっと入ってきたりもしてました。

f0222454_11404052.jpg
f0222454_11421414.jpg 台湾では小吃と呼ばれる小皿料理は自分で好きなのを棚からテーブルに持って来るシステム。小籠包のタレも自分で調合します。



f0222454_11453592.jpg タレの準備も整わないうちに、キタ━(゚∀゚)━! とにかくアッツアツのうちにイッタダッキマース。あっついけど、一口食べたらとまらなくなる美味しさ。このお店、もちろんお持ち帰りもできるけど、こうやってお店で食べないと絶対この美味しさは味わえないでしょう~。先週苦しんだ口内炎がすっかり治っていてくれて、神様本当にありがとー。蒸篭に8個入ってこれでたしか50元(約150円)。速くて安くてウマい、とはまさにこのこと。


f0222454_1540650.jpg チャーハンもあったけど、麺がお勧めと聞いていたので、汁なしの麻辣乾麺(40元)と牛肉麺(80元)を試してみましたが、麺がつるつるとのど越しもよく、私好み。牛肉麺はお値段ややお高めですが(f0222454_15402699.jpgでも240円なんだけどサ!)お肉がかなり大きな塊でゴロゴロ入っている感じ。麻辣乾麺の方は、油断ならない結構な辛さですので、苦手な方にはお勧めしません。辛いの大好きな私はどちらも美味しくいただきました。我が家からは徒歩圏内のこのお店、絶対また来ちゃう。

 

f0222454_15572659.jpg

*饕之鄉
  台中市西區向上路一段353號
  電話:04-24739267
  営業時間:11:00~13:30
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-10 23:59 | 台湾そとごはん

戸外教學はアポなしだった!

 今日ちょっと面白かったこと。

 息子の通う幼稚園では、2か月に1回くらいfield trip(戸外教學)があります。日本語で言うと「遠足」よりは「社会科見学」が近いのではないかと思います。クラスみんなで幼稚園バスに乗り、時には消防署の見学だったり、時には美術館に行ったり、室内フットサル場なんかにも行ってたし。旧正月前のfield tripでは、大型のショッピングセンターに行き、飾りや食べ物など旧正月の準備について勉強したりしてました。このfield trip、毎回とても楽しそうで、母も一緒に連れてってもらいたいくらいです。

 今日のfield tripは、世界に誇れる台湾の自転車ブランドGIANTのショップ(ちょっとショールームっぽくなっている大きめの店舗)に行くと2週間前から決まっていて、昨日の連絡帳には「朝9時半には幼稚園を出発するので、遅れないように登園してね」と書いてありました。息子もfield tripは毎回楽しみにしていて、今日はいつもと違う紐付きの水筒を持ってはりきって出かけたのでした。

 で、夕方バスで帰宅した息子に「バイスクルショップ、楽しかったー?」と聞いてみると、どうやらGIANTには行かなかったような話。連絡帳を読んでみると、なんと

GIANTの開店時間が11時だったため、
今日は予定を変更して別のスポーツショップに行きました


と書いてありました。ビックリ。そして爆笑。field tripってもともと、訪問予定先に連絡していないものだったとは!私も昨日の時点で「GIANTって9時半なんかに開いてるのかな?」とちょっと思ったのですが、ひょっとしてお店の迷惑にならないように開店前に行くのかも?などと思っていたのです。今回のfield trip、4クラス一緒に行く予定だったので、約70人ほどの子連れで、まさかアポなしとは!電波少年もビックリです(古い?!)。来られたお店側もビックリするに違いない(案外ビックリしないのか?!)。今朝になってその事実に気づいた幼稚園、急遽目的地をDecathlonという大型スポーツ用品店に変更したようですが、もちろんそれもアポなしだったのだろうなぁ。

 台湾の幼稚園が全部そうという訳ではありませんが、こんな話も別にまぁアリかも?と思ってしまう、おおらかな台湾の幼稚園生活です。子供はそんなこととはつゆしらず、楽しく社会科見学してきたようだし、ま、いっか。
[PR]
by sara-taiwan | 2013-04-09 23:47 | 台湾で子育て